無料ブログはココログ

ウェブページ

ジャカルタ新旧あれこれ

« Megapolitanチネレのパイオニア | トップページ | Sentul の 今 »

2019年4月23日 (火)

Ci~の用法

 

ジャカルタの南の話でCinereを出したが昔Ciが付く似たような南の地名についてブログを書いた。必ずしも南とは限らないが北の方も今以て混乱する地名がある。

Cilincingと Cililitanである。

Cilincingは東のCakungの北のマルンダの当たりであるがCakungと併せてCacinとか言ったか読めない人も居るだろう。CililitanはCawangの南だがCawangと合わせた言葉は記憶にない。ところがこのCawangを超える南北の高速の一部分をGoogle MapはTol Cililitan2と記載しあり、小生はCawangの北はTol Wiyoto Wiyonoであり、南はJagorawiと単純に考えていたものである。またNo.2 と番号まで付されているので番号1や番号無しのTol Cililitanがあるのかと普通は思うものだが実際はそのような高速名はない。

先のブログで挙げたのはCiledug、Cipulir、Ciputat、Cinere、Cipeteであった。(2007年12月10日)であったがこのCinereは先日詳述した。そしてこのCinereの東南には更に色々あるが以下を挙げておこう。

Cibubur(別荘観光地:JKT Ciracas、すぐ南DepokのCimanggisと接する)

Cimanggis(Cinere-Jagorawiの接点;ここからJORRIIはBekasi方面に向かう)

Cibitung(Bekasi BaratとCikarangの間 MM2100 のGT,むしろ北側)

Cibinong(Desariの終点 Bojong Gede近く。Stadiumがある。数分でSentul Vivo)

まだまだ尽きないが、勘違いし易い言葉の関係は人それぞれだからそれぞれにやって見ると良いだろう。

« Megapolitanチネレのパイオニア | トップページ | Sentul の 今 »

インドネシア観光地誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Megapolitanチネレのパイオニア | トップページ | Sentul の 今 »