無料ブログはココログ

ウェブページ

« Curhat gara2 sakit | トップページ | Jak Lingkoに思う »

2019年5月31日 (金)

Gara2 Sakit その 2

 

昨日のCurhat Gara2 SakitでSakit(病気)はCurhat(インドネシア語の打ち明け話)とは関係ないので削除したが、少しは関係はあるようだ。つまりインドネシア語の索引ではパソコンの翻訳能力に問題があり、或いはそういう過程で検索したり、作文する小生の言語能力に問題があるとして昨日の病院の話を書いていたのであった。

昨日はCOPDの診察でCOPDの発作的現象で、少しの動作で息切れが前より激しくなった気がするというような表現をした所、いきなり小生にとっては生まれて初の車イスに乗せられ検査室に直行され心電図検査、酸素検査、レントガン、血液検査をされ更に心エコーとホルダー数の検査予約までされてしまったのであるが、物事の進展にあ然として思い付くのは小生の言語力が問題だったのかとも反省したのであった。

この発作と言いう言葉も、或る同病の友人が使ったことがあり、そういうことなのかとゾットしたことがあり、昨日はすぐに思い出せず従い使ってはいない。家ならパソコンがありこのような発作と言う表現はどのような類語があるか使い慣れたGoogleで見ると、息切れ・動悸、増悪、ふらつき、失神、喘鳴迄ある。

其処まで行かぬとも昨日のブログには車椅子をキャーリーと表現した上、今日病院で手押し車と言った言葉を訂正される始末である。しかし今でもあれは椅子かなと不思議である。

昨日に戻り、病院では心不全とか不整脈の言葉が出てきて、手前はきょとんとするばかりであったが、最後病院の請求書を貰う段階で、血液検査結果表が添付してあり、今日しげしげと見ることが出来たわけだ。そして血液検査結果表の最後の行に見慣れぬBNP(ヒト脳性ナ:端切れ状態:が100と言うのを見つけ、初めて病院の意図を自ら発見したのであった。それが今日も再度病院に行くことになった切っ掛けであるが、今日は見知らぬ病院スタッフに“家族と一緒ですか”と聞かれる始末である。

この病院は小生が関与したコンサルタント会社IMSと同じ名前であるが、患者に聞くばかりで、根拠や処置の流れの説明はなく、質問に答えることはなくあれよあれよと進める病院である。お陰で

種々関連医療の専門用語をネットで勉強する機会を得ることができた。COPDだけに抗して来た人生に変節も訪れることを思い当たる。

« Curhat gara2 sakit | トップページ | Jak Lingkoに思う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Curhat gara2 sakit | トップページ | Jak Lingkoに思う »