無料ブログはココログ

ウェブページ

ジャカルタ新旧あれこれ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月29日 (土)

スカブミ観光特区 その2

KEK Sukabumi No.2

 

Img115-3 凡そ1年になるが昨年の8月、スカブミ~パンガンダランが観光経済特区になったニュースに合わせタイトル「スカブミ観光都市その1」としてブログを書いた。その時はリド・リゾートでゴルフをやり、ホテルに泊まった思い出を絡ましただけであった。

というのは、ここではMNCがトランプと組んでやる開発のニュースを聞いており、その後ニュースが途絶えていたのでそのニュースをその2として、今まで待っていたのである。

 

最初に聞いた時のニュースは2015年8月でインドネシアトップのTV・RCTIのMNCグループオーナーハリー・タヌスディビヨがここで3,000ヘクタールの土地を開発し総合テーマ・パーク或いはレジャーランドをオープンすると言うもので、サファリパークやゴルフ場、高級住宅地や高級ホテルなどを建設する計画であった。ハリー社長はトランプ米大統領のビジネスパートナーとして、既にバリ州タバナン県でリゾート開発も進めていた筈である。

スカブミのリドはMNCの前はバクリーグループがリゾート開発を進めてきた経緯がある。

 

今回のニュースで具体的なものは、テーマパークで敷地面積は50 ヘクタールでテーマ別に区分された6区画に、乗り物19 種類とアトラクション7種類、ショーステージ6カ所、飲食店17 店、小売店21 店、MICEも予定しているがその開業は23 年初頭を目指している(以上NNAニュース)

と言うことは、日本にいる小生に取っては昔、ぶち上げたこの3,000haの「MNCリド・シティー」の話は未だ生きているということだけであった。唯パートナーを一社に決めるものでなく、たとえば今建設中のテーマパークは中国冶金科工集団との提携が発表されフランスのTVなど複合企業ビベンディからの出資を受け入れる計画もあるが、この報道の中には、なぜかトランプの名前は出ていない。

 

2019年6月17日 (月)

ダルマ・ミトラでは判らない

 

Dharmawangsa

昔、東京建物のプレスリリースで、プロジェクトに参加させてもらう相手パートナーとしてその会社名ダルマ・ミトラ・ウタマと代表者名Handokoとのみ書いてあったことから、このHandoko氏探しを始め、そしてBatik Kerisの創業者Kasom Tjokrosaputraの子供のHandoko氏に行きついた。そしてその先を急ぎすぎ、その姪のMichelle TjokrosaputraのDan Lirisや息子のBenny TjokrosaputraのHanson Group(マイブログ:15,000HAの住宅地)に進んでしまい、東京建物のパートナーが何者であるかを確認をスキップしてしまったことがあった。

 

 

 

 

 

Dharmawangsa-2009このプロジェクトはジャカルタでトップと言われる(た)ダルマワンサホテルの敷地内に高級コンドミを開発するものであり、既に先行棟も完了している。このパートナーのことは東京建物のプレスリリースでは「当該ホテル等開発運営体のグループ会社である」と書かれており、素直に読めばこのパートナーはホテルのオーナーでもあるわけだ。しかしその確認や副次的傍証もとれないままであるが、悪く言えばダミーの会社名やプロジェクト単位の子会社を使っておればバックの大物は出なくて済む。結局、ネットだけの掻き回しだけでは有名人の名前は出てこないので、無責任にこの項を終えるしかない。そして今日時間を取られたのはKasomをてっきりKasoemとして勘違いしていたことであった。

2019年6月13日 (木)

おどろきアグンスダユその6

Agung Sedayuと Taman Anggrek

 

TamananggrekmallextensionはてなブログにTaman Anggrekについて筆が進んだが、ここのはてなは、最近モールの奥にTaman Anggrekと同じ建物、一つはTaman Anggrek Condomiに代わるTaman Anggrek Residence が出来、又ここの低層部分はMall Taman Anggrekと同じMallが出来、二つをブリッジでつなぎMall Taman Anggrek Extensionと呼称しているから猶更混乱する。そしてこのDeveloperはMULIAではなくAgung Sedayuなのである。このDeveloperは大手中の大手であるが非上場である。このブログにも今までに数度程取り上げている。最近の掲載は「アグン・セダユのアグアン」で他にGrand Galaxy、Menteng ParkDistrict 8、関連してGenung Sewu、Pulau Intanもある。)

この6棟は39-42階と高層で且つ小さめのアパートが多いため3,800戸にもなる。今年になって完工したばかりである。

Taman-angrrek-resi 

小生が最後に訪れた時(2016年4月:3年前)は未だ建築中であった。今迄でも、触れたこのグループの意外:そうだったのかは

2019年6月 3日 (月)

Jak Lingkoに思う

Dtltuivyaa9let

ジャカルタのバスにJak Lingkoというのがあるが、Lingkoになにか親近感のある単語である。 Linkungan(環境)とかCompanyか何かの略語だろうと思ったが、現市長のお気に入りのローカルな名前のようであるので後回しにし、LとRの使い分け或いはngとkやgと組み合わせると色々な言葉の親戚が出てくる。先ずは

RingoはビートルズのドラマーRingo Starrで今も活躍している。

Ringgoとしても男の名前でインドネシアにも有名人がいる。 このブログのCurhatで登場している。

Ringは電話であるのでRingGoとなるとUKではやっている駐車場アプリがある。

同じようなアプリで配車アプリであるGrab TaxiやUberのインドネシアのバイク配車アプリはGo-OjekからGojekと命名された。色々なGoからGo-Payへと拡大している。

あとは Link-Goとかのグループがある。

JAK Lingkoとは以前OK Otripを言われたものの改名でLingko は Manggarai、東ヌサ・トゥンガラ州にある伝統的な土地の水田システムから取られたネットワークまたは統合を意味するそうだ。

市長がやった事は、改名だけなのであろう。ここまでには路線の選定・工事・システム設計、運営オペレーターと多くの人が拘わっている。

このシステムは、1日例えば3時間とか、或いはRp5,000で、同じJak Lingkoの路線を複数に使えるカードのようであるが、我々には余り使い切れないだろうから詳細は省略する。唯、TransJakartaのバス路線マップにはJAK01からJAK61 までのルートの記録がある。

(追)

或いはJAK-XXシリーズなら JakPostはJakarta Post新聞であり、JAKPROはジャカルタ不動産の州営不動産会社である。

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »