無料ブログはココログ

ウェブページ

ジャカルタ新旧あれこれ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月29日 (月)

ワンダーランドTIM その1

Wonderland TIM No.1

タマン・イスマイル・マルズキはよく利用した公園である。といっても焼肉ガーデンレストランに何度か行った程度でウロウロしても、あとすることもなく帰えるばかりである。唯ここについては過去何度もブログして紹介はして来た。

0020100720_dsc01662 大昔は、日本からやってきた劇団などがここの劇場などを利用していたが、その後は、コンベンションホールやホテルが利用されるようになり、ここは寂れていった感がある。一番最初に行った時は、夜だったので沢山何かあるなと、その広さに驚き、何時か昼に来ようと思ったときからの印象が、抜けないのだろうか。よく工事で様子が変わっている事もあり、今もって地理が不案内である。

昔の記憶を基にちょっと一回りしてみたいが、既に現時点とは違うし、ここの2年に渡る計画が済めば更に変わってしまうので思い出を記憶する事に意味がある。;入口の正面花壇の中にイスマイルの像(ブログ済)、左側にAngkatan-66(ブログ済)の事務所、そしてガーデンレストランから大きめの屋台的テラス群()が並び、チョット進むとGaleri Cipta IIを過ぎて裏に回ると

20190729-1

芸術大学(IKJ)(済)につながる通用門がある。大学の奥にチリウン河が流れているが大学に入らないで右手を見ると屋外ステージがある。ステージの先は奥は何か鬱蒼たる感じで、モスクもあるようだが確認できていない。引き返すとCipta IIの並びの建物には映画館(Teater Jakarta)とGraha Budaya劇場がある。

その右端が古本屋()と言うが、古いジャカルタ地図などもなくがっくり、

Jan14-jassin そして右手には大きなコンサートホール(1)などを収容した近代的建物()2016年頃完成しどっかりと圧倒する感じで広がっており、そこからゲートに戻ってくるところがプラネタリウム()であるが、そこに至る間にも何か建物があり、

その一つにJassin文書館()があるし プラネタリウムの正面の右手には図書館がある。

その図書館(Perpustakaan)とプラネタリウムの間にも何か建物があったのか、今上述のCipta IIが移ってきている。Cipta IIIもあるようだが、Cipta Iはどこにあるのか。この図書館も昔は市の文書館(Arsip)だったが派手な装いの図書館に改装されている。 

Tim-ex-kiosk-pemadam-jul10-backgrond-hir 図書館の前にはキオスクがあり女子学生がたむろしていたがこの娘たちの背中に何か広場がある。大昔、TIMは広い、広いと歩いた記憶のイメージと一致する。最後の2017年の探検の時は図書館の横からその広場にも出たようだがその先に又大きなコンサートホール(2)か、とてつもなく大きな近代的ビルがあったとなる。以上は小生なりの記憶からの描写である。今のゴーグルやリノベ計画写真(7月9日ブログ済)と照らし合わすと、沢山、ワンダーが湧いてくる。最大のワンダーはコンサートホール(1)と(2)の位置関係である。それはその2以降に書いて見よう。

 

2019年7月25日 (木)

二人のAguanとTomy

Dua AguanTomy

 

ブログ「ジャカルタ今昔はてな」で「Mall Anggrek と Mall Centralの間」を書いたがMal Taman Anggrekをめぐる人脈図ははっきりしない。 その底流にMal Taman Anggrekの土地は国有地であり、DKI知事がAhok氏であった時代、返却を求めていたことがあったこと、つまり政治家或いは政軍プロが絡んでいることが断言を難しくしているのであろうと推定し挑戦した。

00-mta-dsc_0463 小生のブログでは既にMTA Mulia Groupのものであり、MTA Extension部分はAgung Sedayu グループのものであることで筆を進めて来たが、今頃になって調査の本流のWikiによるとMTASalimin Prawiro Sumarto が首都の依頼で建設されたもので建設は1996年であることが書かれている。

別のall-jakarta-apartments.comには、ここに建つTaman Anggrek Condominium(2,800)Muliaグループが所有するもので1997年に建設されているものと書いてあるので、明確になったことはMallを除いてCondoの部分はMuliaグループであることは確認できる。そしてMTAにつながる拡張部分はCondominiumの名称でなくTaman Anggrek Residence Residenceの名称でこれはAgung Sedayuのもので別個にあることは確信できる。

更に別のTempo Coのニュースで20186Agung Sedayuの総師Aguan Sugianto Kusumaの息子Richard Halim KusumaがBank Artha Grahaのコミサリスメンバーに(父親がViceにそしてTomyがUtama会長である)になった内容であった。Richard(以下も敬称省略)は既に父親を継いでA.Sedayuの社長である。そのRichard やAguanはジャカルタ湾プロジェクトに関わるAgung Podomoro (Land)のゲリンドラ党に対する賄賂案件で、KPKの聴取に呼ばれたりしている。そして最後の行にAgung PodomoroはAguanにより設立された不動産会社であると書かれていたことである。

元に戻ってSalimin Prawiro SumartoはKebumen出身のコングロマリットでPerkasa Motorを保有、2008年にはForbesのインドネシア富豪トップ5で、又1969年にAnton Halimanと共にPT. Agung Podomoroを設立し、Mal Taman Anggrek を建設したものであるとの記載もあった。この人物はよくわからないが他に、スハルト元大統領の3男Tomyと3,000haのSuntul開発を導いている。調査はここ迄で時間ばかり掛かったが、入り口と出口は解るがどこでどうして現代につながったかは見つけられなかった。MTAはいずれかの時に現在の保有者Muliaが買収したもので、PodomoroはMTAの隣地にPodomoro Landを開発して行ったものとして当初の小生の決めつけ通りとして迷わないことにした。写真からはMallCondoの前面にあり別個の物件とも推定は出来るが、やはりモールはコンドの5階部分までだと見た方が合理的だ。ここではTomy Winataと二人のAguanとの事業関係が密であることだけは言える。

 

 

 

2019年7月24日 (水)

美南見の品川

永井荷風の濹東綺譚を読んでいる最中に辻邦生の江戸切絵図貼交屏風を読み交ぜしている内に二つが混然となる気持ちに襲われたがそれは主人公の世俗の世界で世俗を脱した風流にあるのか、場所が花街にあるのかも知れない。浮世絵師歌川貞芳は女の後ろ姿に何か心の寂しさを感じる体の表現を求めて、或る時邂逅した若い元武家の娘を主像(モデル)としたが、彼女は兄の仇を打つ為犯人を捜していたことが判り、それとなく助け、彼女が最後仇を確信したその相手はいいなずけの男で、確信したその瞬間に彼女は一閃、二人は血の中に折り重なった。。その内容よりもその場所に何時か行きたい気持ちで地名を拾う事に気持ちが集中した。 辻 邦生氏のこの著作は似たような首題の交ぜ貼り絵となっているが、氏(1999年没)の著作の多さは驚かれる。この武家の藩は一之條藩(群馬)であるが別の辺では三之倉藩(山梨ワインのブランド?)などが出てくる。上記のストーリーは「美南見高楼図前後」と言うタイトルである。美南見と言うのは北の吉原に対比された品川高楼街であるが当時は品川の入り口辺りが徒歩新宿(かち。。)で中心は本宿で、本宿が北本宿と南本宿に分かれるようだ(品川三宿)。今の北品川と南品川になろうか 当時は北品川の海近くには八が山や御殿山があり山中の善福寺を前景に海に伸びていく岬の砂洲にたたずむのが上述の娘である。現在の山地にはソニーが本拠にした土地を記念してソニー記念館があるが、幕末期にこの山地の土は切り崩されお台場が建設されたそうで、それには感心したのは、技術が進んだ現代日本では山地が豪雨の為地滑りで多くの人が死ぬに任されているという現実との対比であった。

台場建設用土砂採取場となったのは今の北品川3丁目 - 4丁目辺りでこの近くに英国公使館が建てられ高杉晋作など長州藩士が襲撃し焼き打ちにしたがその話はこの本の前に読んでいた高杉晋作伝に書かれていた。

彼らが襲撃前に集結したのが徒歩新宿の土蔵相模と言われた妓楼「相模屋」でその石碑があるが、それが唯一の遊郭跡のようだ。

 

Dsc0y  

2019年7月15日 (月)

チキニのパン屋 Tan Ek Tjoan

Tan Ek Tjoan di Cikini

チキニ通りについてのジャラン訪問記シリーズはその2迄書いて(201410)3 番目の予定のTIMはリノベ中でもあり現在挫折しているが、ジャカルタポスト誌でも “Jakpost guide to Jl.Cikini Raya ”と言う同じような地区観光ガイドがありその中にオランダ時代のパン屋があった。

00tan-ek-tjoan

フルネームはTan Ek Tjoanで、創業者の華人の名前である。ソフトなパンの“ Bambam”と言うのが名物らしい。

 

実はこの店は小生の訪問記その1でも紹介している店でその時はこの建物の当たりがリノベ中で、チキニ通りがまだ活気を呼ぶだろうと期待したものだ。

 

20190713-1 Jakpost誌はこの伝説のベーカリーは1921年に創業したが政府が市中に工場を持つことを規制したのでCiputatに移転したと書いている。他の資料を当たると、創業はボゴールの中華街スルヤ・クンチャナ(ブログ済)でジャカルタは支店で1953年にオープン、2代目或いは3代目かはオランダ人と結婚、その子供たちはオランダで成長したこともあり、このブランドの経営権は友人たちに移っているいるようだ。左はGoogle Mapより。

ジャカルタには今や多くのパン屋があり、多くのモールやプラザには、どこにも他のブランドのパン屋はあるがこのTanさんはリヤカー形式の販売台車を引っ張り、住民が込み合って住んでいる小道に入りながら売っている写真は多い。

2014年のリノベの写真はよく見るとTan Ek Tjoanではなく隣の建物であった。その又隣がジャカルタ中あちこちにある、オランダ風車をモチーフにしたおしゃれな店舗の有名なHolland Bakeryであった。丁度この前辺りのKasoem眼鏡や富豪Hasjim Ningの豪邸はブログにしている。

002009_1212_124334dsc09291

2019年7月 8日 (月)

TIMとISTIQLAL、二つの改修計画の違い

Renovasi lama TIM dan ISTIQLAL

00tim-tugu-ismail-j 観光を背景にした施設の改修がたまたまニュースになったが、タマン・イスマイル・マルズキとイスティクラル・モスクである。TIMは劇場やプラネタリウムなどいくつもの芸術志向の文化施設公園で1968年オープン以来50年経過しているがその改修には1.8兆ルピアで2年もかかるものである。

 

 

 

 

 

 

00-istiqural一方のMasjid Istiqlalはインドネシアが誇る設計家Frederich Silaban によるアジア随一のモスクで建築後、41年経過しており、工事は来年の3月迄で予算は4,650億ルピアに過ぎない。こちらはモスク内のインテリア造作と800台から2,000台へ駐車場ビル拡大だけらしいが、それも41年間一度もリノベは行ってないそうだ。

金額的には偉大なるイスラムが芸術に譲った図である。そしてイスティクラルは工事期間中でも礼拝活動に支障がないようにするようだが、TIMはどうだろうか。

報道によるとTIM3段階に分けてやるようで

Juli-Desember 2019:

Masjid Amir Hamzah(plaza graha Bhakti Budaya内)、駐車場ビル、及びpos damkar:

Jan. 2020 – Jun.2021:

劇場地区、芸術寄宿舎(asrama)、

Jan. 2021- Jun. 2021:

プラネタリウム、グラハバクティ・ブダヤ、図書館を風景&ハードスケープフイルムセンターへ改築となる。

20190708-2

これは同列に考えるといけない問題かもしれない。確認はしていないがTIMは赤字続きで多分DKI州営建設会社Jakproが経営することになるようでBEPに達するのに23年もかかるとかで一時金的な部分があるように感じる。小生も1年ほど前、この施設をブログで紹介しようと思ってサイトを探ったがプログラムが一切なく、メールで照会したがナシの礫でがっかりして、チキニ観光散策シリーズの作成を放棄させられていたものである。昔は1ケ月単位のプログラムパンフが発行されており、小生はそれを日本語にして紹介していたこともあり、残念さは猶更である。

今調べても、上記の改修計画の内容からも何が何やらわからない素気なさを感じる通りで、施設マップの整理を挑戦したいが、それは気分を直してからにしたい。

2019年7月 1日 (月)

インドネシアの観光特区 KEK Pariwisata 30

KEK Pariwisata 30

Imagesucoscm2a インドネシアの観光省は国内観光特区4ケ所を含め10ケ所のインフラ開発に500兆ルピア(3.4兆円)超掛かるが170兆しか予算措置がなく、民間投資を呼び掛けている。このNNAの報道ではこの4ケ所はバリに続く10ケ所の観光地とされ、行を変えて“政府は4カ所の他に、さらに12 ケ所(3 + 9)の観光経済特区(KEK)の開発を計画している“と報じている。どこが何かわからないので更に調べると更に7ケ所や28ケ所の数字が出てくるので、色々資料をかき集め推定してみた。順番は特に関係なしとして

 

 

  1. Tanjung Lesung:➃ KEKBanteng
  2. Morotai:➃ KEKMaluk Utara
  3. Mandalika:➃ KEKNusa Tenggara Barat
  4. Tanjung Kelaynag:➃ KEKBelitung
  5. Tanjung Gunung:➃+③ = KEKBangka Tenggah
  6. Sungailiat:➃+③ = KEK :Bangka
  7. Singasari ➃+③ = KEKMalang, Jawa Timur
  8. Sukabumi(Cikidang): +③ + = KEK、Jawa Barat, Wisata agrowisata
  9. Pangandaran : +③ + = ⑯ KEK、Jawa Barat, Wisata bahari,
  10. Selayar +③ + = KEKSulawesi Selatan
  11. Tanjung Pulisan-Likupang +③ + = KEKSulawesi Utara
  12. Sabang +③ + = Aceh :KEK候補
  13. Derawan: +③ + = Kalimantan Timur :KEK候補
  14. Raja Ampat: +③ + = West Papua:KEK 候補
  15. Bandung: +③ + = Jawa Barat,KEK 候補
  16. Bunaken: +③ + = North Sulawesi,KEK 候補

此処までをKEKとしたが、報道では4ケ所とか3ケ所とか7ケ所とか9ケ所とかKEK正式決定までの手続きとして多くの段階と時間を要するのでその過程がいつまでも尾を引いているものだと理解するしかない。

  1. Danau Toba:➃+⑥ = KSPNKawasan Stratgis Pariwisata Nasional
  2. Seribu:➃+⑥ = KSPN
  3. Bromo Tengger Semeru:➃+⑥ = KSPNBorobudur_0030-2
  4. Brobuudur:➃+⑥ = KSPN
  5. Labuan Bajo:➃+⑥ = KSPN
  6. Wakatobi:➃+⑥ = KSPN
  7. Batur UNESCO Global Geopark、Bali
  8. Gunung Sewu UNESCO Global Geopark
  9. Ciletuh - Palabuhanratu aspiring UNESCO Global Geopark
  10. Rinjani-Lombok UNESCO Global Geopark
  11. Komodo - Kelimutu - Flores (East Nusa Tenggara),
  12. Kota Tua (DKI Jakarta),
  13. Toraja (South Sulawesi),
  14. Tanjung Putting (Central Kalimantan), 国立公園 オラングータン

以上観光省内でのいくつかの特定のリストを合体したもので世界遺産や国立公園の概念を含めたものではない。ちなみに世界遺産は8ケ所ではあるが、国立公園は50ケ所以上もある。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »