無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

ゴジェックの家系 Makarim & Hamid

Makarim & Hamid

GojekのCEOのNadiem氏のWikipediaの写真を見て、何故かご両親の名前を見ると父はNono Anwar Makarim(1939)であり 母はAtika Algadriで母の父がHamid Algadriであった。

父は著名な弁護士であり、調べる内にパートナーとの共同事務所名はMakarim & Taireと言う名前で聞いたこともあり、更に時間を費やし調べると小生が1993年頃か作ったジャカルタの弁護士リストにちゃんと入っているのを見つけた。 鉄鋼関係の華僑財閥M社が注記されていた。

彼も又ハーバードで学んでいた。 更におじZacky Makarimは情報部門の中将であり、とにかくミナンカボ―の名家に違いない。

母方(母の父)HamidであるのでポンチアアナックのHamid侯かなと思った訳だが、彼と同じ時代にインドネシアの独立の為に戦った志士である。生まれは1912Pasuruanであるが、家系はアラブ系住民のカピタンのようだ。従いオランダ系の教育のお決まりの ELSMULOAMSを経てバタビアの法科大学を出ている。初代首相のシャフリルと近くスジャトモコなどと共に“シャフリルの子”と言われて、リンガルジャティやレンビル協定の交渉事にも参加、或いはパスンダン国などと関連してハーグ円卓会議の顧問の一人でもあったようだ。そうした活躍で独立後は社会党の議員として継続、閣僚になることはなかったが、彼の努力がその後のアラブ系大臣アラタス外相やマリー財務大臣を生んでいる事であろう。    追記10月21日:なんと彼自身ジョコウィ大統領から 閣僚へのお誘いがあった。

やっと見つけた写真はGrabとGejek Gojek-grab

2019年9月25日 (水)

海兵隊の三勇士の道

Prajurit KKO Usman dan Harunの道

通りの名前に二人の名前がつけられたものがある。二人の名前は1968年にシンガポールのチアンギ刑務所で処刑されたUsmanHarunで、1943年と1947年生まれであるので、Harun21歳で、Usman25才で国家的英雄として散った事になる。

二人は1963年スカルノのマレーシア対決で、警戒命令Siaga Komando作戦に義勇兵として参加、1965年3月、あと一人のGaniと3人でゴムボードに爆弾を積みシンガポールに侵入、町の中心のマクドナルドを標的に爆発させた。 二人は逃走中見つけたモーターボートが壊れていて逮捕された。二人に死刑判決が下され、インドネシアとマレーシアの関係修復後の1968年絞首刑となった。あと一人のGaniは逃げおおせたのであろうか、死ななかったので爆弾三勇士とはならなかった。

00marini-2006 Prajurit KKO とは海兵隊の兵士で二人は下士官(Usmanは軍曹)である。KKOとは正式にはKorps Komando Angkatan Laut (KKO AL)であり現在はKorps Marinir海兵隊となっている。

この道はGoogle Mapに依るとDr.Abdul Rachman Saleh通りがKwitang 通りに出てきてパッサールスネンに向かう、ほんの100m程度にこの名前が出てくる。

GooglではMapの更新や拡大機能では新旧の出たり消えたりで確認が難しいが、或いはKwitang 通りが全部が新たな名前に変ったかもしれない。この通りはその前はJalan Perapatanとも言われた歴史もある。 たった100mとは悲しい話であるので全部だと思う。 証左を挙げると、チリウン河岸のGunung Agung書籍店の向かいKorps Marinirの司令部(mako)があり、そのチリウン河に沿った小道からこの郡の敷地の全ての道の名前がPerapatan なのである。

此方はスネンの筋違い

00senenmal-2

2019年9月23日 (月)

ワンダーランド TIMその3

Wonderland TIMその3 two in one

その3はその1で書いたコンサートホール1&2を中心に書いて見る。

20190708-2_20190923110901

TIMは今までにも、小生の記憶の歴史からも、色々新築や改装がなされ、その上、今回又1.8兆ルピアもかけて改装すると言うので驚いたわけであるが、このコンサートホール1と2もいつだったか近代ビルに新装なった一つである。今回のリノべ計画のマスタープランの画像マップを1日がかりで探し出せたが不思議なことに、  この近代ビルはTim-plaza-tkecirjan14-20 20190706-3 この地図には一つしか見当たらないのである。マップでは上部に日本の竹細工の枕元ランプが倒れているように見える建物の事である。

あと不思議に思うのは、あのプールのある隣のホテル(Ibis boutique)の方にはチリウン河までの間に3棟のメンテンパーク高層マンションが建っており、この近代ビルの一つは、背後にこのマンションが圧している写真があり、二つのビルの間には広場で隔たれていることを確信していたが、この広場もこのマップにはないことである。

改装の計画のマップは、これ以外にも見かけ20190706-8たが何れも不完全であった。最後に小生が推定したこのワンダーの鍵はこのコンサートホール1と2は二つが向かい合って別々にあるのでなく背中合わせで、まるで一つに見えたことではないかと言うことである。

ちなみに他の資料を見ると近代ビルの建物の名前はTeater Besar()Teater Kecil()と称したのやら、Plaza IIIと称したものもある。まずこの謎の解明は下に紹介する図面を事実として受け入れると、最初の近代ビルは一つだとばかり思ったがこのビルの正面から左手に抜ける道があり左裏側にも大きな入り口を持つビルがあることになるのである。つまりこの建物は一つに見えるが真ん中で2つに分かれているようである。謎の解明の2つ目はこのTeater Besarはチリウン河の堤防を背中にして撮ったものだと結論した。そうするとあのメンテンパークは背後に写るからである。20190923

最後にその現在のマップで紹介しよう。矢印2の方向から撮った写真がコンサートホール ITeater Besar)で矢印1がコンサートホール2である。広場はチリウン河 川岸に迄ひろげてある。

 

 

 

 

 

2019年9月12日 (木)

Prof.Dr.Latumeten通りとは

PluitSOGOなどに行くには内環道路を北上しGrogolを越えた先のGerbang Jelambar辺りから一般道路を北に行く方がある。この高速道路の下の道はCiptra MallまでがS.Parmanであるがその北はSatriaとかMakaliweとか言う通りがあるが、それを抜けると左側にKRLGrogol駅が見えこの先からLatumetenである。

00-mlatumeten-2012 そして高速が左に交差して空中に伸びるところに大きなアパートMenara Latumentenがありこの道は右に曲がりモールSeason Cityを右に見てまっすぎJembatan TigaSogoのあるJunction を越えてPluitに向かう道である。

Dr. Latumeten、Google の地図ではLatumetenの綴りであるが 建物の名前ではLatumentenというのもある。名前もJonas Andreas Latumetenというのもあるが、Willem Johannes Latumetenもあり、こちらをまず要約すると

 

 

 

00-season-city2015-latimeten 1916年アンボンのSaparua で生まれた。受けた教育はSabangのオランダ系のELS、その後MalangHBS、その後ジャカルタのGeneeskundige Hogeschool  (高等医科専門学校) である。インドネシア独立までの間には情報省(1946)やスポーツ青年省で奉職、情報省の時代はHet Nieuws Blad記事編集者として、そして1958年頃はオランダとの交渉の場において政府のスポークスマンとしてまたその後はASEANゲームの為に貢献した。

1965年に歿したが“LENCANA BAKTI”の顕彰を受けた。

ネット情報が混乱しているかも知れないが、最初に登場したJonas Andreas LatumetenWillemの父Prof. DR. Y. A. LatumetenWillemはその長男のようである。

家系は漁師ながらオランダの教育を受け、父は精神科医師であり、若い時代は青少年運動(ヨン・アンボン・ネルボンド)に参加しオランダにも留学しインドネシア協会に参加した等のデータもある。

地図にでたApartemen Menara Latmenten もSeason CityPodomoro グループである。

2019年9月10日 (火)

MRT東西線の英雄道路 

Jalan Hero sepanjang MRT

地下鉄の東西線や南北線のルートが明確となったので昔、英雄名が道路名に付けられたジャカルタの道路で最大のメーンロードである南北の道路について地下鉄で通ってみよう。この通りは地下鉄の南北線を殆どきっちり合致して英雄名でつないでいる。殆どと言ったのは、南北の終点、北はKampung Bandan、南はLebak Bulus当たりの道は、英雄名ではないからである。

00glodok-plaza-2014-20 初の英雄名の道路はガジャマダ/ハヤッム・ウルックで、これはKota駅の手前のGlodok駅から始まる。Kota駅とGlodok駅の間はPintu Besar(大門)という道路である。Glodok駅はコタの最大の賑わいポイントで右がPinansia、左がPancoranという地区である。Glodok駅の南に下るとMangga Besarであり、ここもコタ最大の遊興地になろうか、更に南はSawah BesarからBuswayの要綱Harmoniに至る。Sawa BesarGenung Safari側にKRLSawa Besar駅があり、それにひっぱられた名前なのであろうか。しかし実際の駅はGajah Madaプラザ近くになるだろう。

Harmoniは宮殿の近くで次に独立広場にあるMonas駅を過ぎるとアルジュナの騎馬戦車像を超えると国家英雄タムリン通りが引き受ける。ここは真ん中のサリーナ・デパートにSarinahと言う駅があり、ここが地下鉄東西線と交差する予定だ。そこから200メートル程度でデモでも有名なBundarang HI(ホテルインドネシア・ロータリー)駅である。ここにGrand IndonesiaとコネクトするHIケンピンスキ・ホテル、Plaza IndonesiaコネクトのGrand Hyattホテル、向かいがPullmanホテル、道路隔てた隣がMandarinホテルと5スターホテルが4っつに組み合っている。スデルマン通りに入る所にスディルマン像がたっているが、このKRLの駅名はDukuh Atasとなじみがないため新しいジャカルタの進行要綱地となるためSudirman駅と名前を変えられたが、MRTの駅はDukuh Atas BNI駅とDukuh Atasと言う名前を捨てきれないでいる。google辞書には小さい村の意味であるのでとんでもないことである。ここから南に下ってすぐのミッドプラザやBOT三菱の近くがSetia Budi駅となり又少し南スマンギ前の少し古びたパッサールのBendungan Hilir駅から、Senayan広場/GBKスタディアムのIstona駅となる。Bendunganとなっているが駅自体はIntilandSampoernaに近い。IstonaLRTなどの乗り換えポイントとなるがここからは証券取引所やリッツカールトン/SCBDを背景に最新のビジネス街となる。その南のŞenayan駅はSummitmasなどに近い。ここ迄がSudirman通りでMRTはシシンガマンガラジャ通りのSisingamangaraja駅から地上高架となる。この駅はBlok-M までの通りの中ほどのASEAN事務局の前にありASEAN駅とも言う。

駅の近くのビル名など挙げても切りがないがSetia BudiではAstraが名称付ける権利を取得したかも知れない。こちらは友人アストラという意味で得をしている。Blok-Mより南のパングリマ通りやファットマワティ通りは一纏めにして駅を数えるとBlok-A駅、Haji Nawi駅、Cipete駅、Fatmaati駅、Lebak Bulus駅終点である。

Google Mapで見て見ると高架はそれほど視界を遮断せず遠くを見通せて明るいものの、コンクリートとホコリで廃れ行く感があるので今少し宣伝をしよう。

Blok Aには30数年行ったことはないが、あそこは完全にリノベされGrand WijayaDarmawangsaにも近いだろう。

Haji NawiにはITC FatmawatiMoebelプラザが今も頑張っている。ITC Fatmawatiには日本人向けのスパーもあった。南に下ると教育省の施設である。JJCの仕事で行ったことがある。次のCipete Rayaはロッテマートに近い。昔は別の名前であったがロッテが買収したのであろう。

その辺から日本人が多かったブミマスアパートがありパパイヤスパーも店を開いていたしKristal Hotelなど地名のTerogonやインターナショナルスクールなども近くだ。

00-rs-fatmawati-2010肝心のスカルノ夫人の名前のファットマワティ通りは正確にはRS Fatmawatiと病院の名前となっており、駅は外環高速下のKartini/Simatupang通りにある。近くに有名なサクラレストラン・ホテルがあったが東急ブランズに代わっているようだ。

2019年9月 4日 (水)

プルタミナの最高のビルの行方

Patra Jasa Big Project

Rasna SaidEpisentrumの裏側にプルタミナが、インドネシア最高の高さを誇るプルタミナ・エレクトリック・タワー 555メートル(99)のオフイスビルを建てると言うことで鍬入れ式の儀式迄行ったことがあった。2013年の事であったが、小生はその場所を見に行きその後も関心は持ったが、いつだったかやめているのを知った。

http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/no1-1c67.html

そして今度はプルタミナの子会社のPatra Jasa10兆ルピアで7つの開発を行うという報道があった。その一つが E-polis Energiと言うもので、場所は同じところの開発物件である。高さを誇るオフィスビルだけではフイージブルではないと言うことで複合施設となる。報道では5.9haの土地に高層アパート3棟とオフイスビル3棟を立て、ホテル、商業施設も用意すると言うものである。

June-046-2 応援するほかはないと思うので、昔住んだバクリーのアパートから昔の開発地を望んで見よう。

この他、Patra Jasaの開発物件にはSimprukやCirebon或いはDumaiの不動産開発迄、計画に入っている。昔のパトラを知っている世代には考えられない変わりようだ。(4階にプールサイドビァガーデン、お座敷宴会場、韓国カラオケバー、マッサージ、ディスコバー 入れ替わりトッカエひっかえだったようだ)

Patrajasabuildingdoksewakantorupdatecom_

 

 

2019年9月 2日 (月)

ワンダーランド TIM その2 

ワンダーランドTIM その1を書いて1ケ月以上たったがその2はGaleri Ciptaだ。

0020100720_dsc01662_2019090208400120190706-9 この名前が付いている施設はIIIIIIと三つもあるが、総合案内にはIはない。それはプラネタリウムの裏側、Jassin館がある並びに昔はあったようだが、それがJassin館などに代わったのかも知れない。IIはプラネタリウムの入り口の青い横長の建物のDKI文書館の隣にある。そしてIIIXXIの建物の左端にある。この二つは総合案内によると、絵画や彫刻の展示会或いは短編映写会、セミナーなどの会場として使用してもらうレンタル に供されている。II609m²、III147m²である。いずれにしてもこれらはTIMの大改装でなくなり、別のものに代わっていくのであろう。

上記の通り、Galeri CiptaIIの横はDKIの図書・文書館である。こちらもマイ・アルバムには二つの時代がある。

Tim-perpustakan-jan14-34 Arsip-jayakarta2010jul 一つはDKIの図書館(PERPUSTAKAN UMUM DAELAH DKI)と表示されている建物で写真は20141月とある。

あと一つは20107月で建物にはジャヤカルタ文書館(Arsip Jayakarta)とあるが面だけ見ると大改装が施されているが基本機能は変わらないであろう。そうは言いながら50年の歴史の一部の事である。

 

                                                                     

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »