無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« ジャカルタ市内駅舎3題 | トップページ | プルタミナの最高のビルの行方 »

2019年9月 2日 (月)

ワンダーランド TIM その2 

ワンダーランドTIM その1を書いて1ケ月以上たったがその2はGaleri Ciptaだ。

0020100720_dsc01662_2019090208400120190706-9 この名前が付いている施設はIIIIIIと三つもあるが、総合案内にはIはない。それはプラネタリウムの裏側、Jassin館がある並びに昔はあったようだが、それがJassin館などに代わったのかも知れない。IIはプラネタリウムの入り口の青い横長の建物のDKI文書館の隣にある。そしてIIIXXIの建物の左端にある。この二つは総合案内によると、絵画や彫刻の展示会或いは短編映写会、セミナーなどの会場として使用してもらうレンタル に供されている。II609m²、III147m²である。いずれにしてもこれらはTIMの大改装でなくなり、別のものに代わっていくのであろう。

上記の通り、Galeri CiptaIIの横はDKIの図書・文書館である。こちらもマイ・アルバムには二つの時代がある。

Tim-perpustakan-jan14-34 Arsip-jayakarta2010jul 一つはDKIの図書館(PERPUSTAKAN UMUM DAELAH DKI)と表示されている建物で写真は20141月とある。

あと一つは20107月で建物にはジャヤカルタ文書館(Arsip Jayakarta)とあるが面だけ見ると大改装が施されているが基本機能は変わらないであろう。そうは言いながら50年の歴史の一部の事である。

 

                                                                     

« ジャカルタ市内駅舎3題 | トップページ | プルタミナの最高のビルの行方 »

インドネシア観光地誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャカルタ市内駅舎3題 | トップページ | プルタミナの最高のビルの行方 »