無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« MRT東西線の英雄道路  | トップページ | ワンダーランド TIMその3 »

2019年9月12日 (木)

Prof.Dr.Latumeten通りとは

PluitSOGOなどに行くには内環道路を北上しGrogolを越えた先のGerbang Jelambar辺りから一般道路を北に行く方がある。この高速道路の下の道はCiptra MallまでがS.Parmanであるがその北はSatriaとかMakaliweとか言う通りがあるが、それを抜けると左側にKRLGrogol駅が見えこの先からLatumetenである。

00-mlatumeten-2012 そして高速が左に交差して空中に伸びるところに大きなアパートMenara Latumentenがありこの道は右に曲がりモールSeason Cityを右に見てまっすぎJembatan TigaSogoのあるJunction を越えてPluitに向かう道である。

Dr. Latumeten、Google の地図ではLatumetenの綴りであるが 建物の名前ではLatumentenというのもある。名前もJonas Andreas Latumetenというのもあるが、Willem Johannes Latumetenもあり、こちらをまず要約すると

 

 

 

00-season-city2015-latimeten 1916年アンボンのSaparua で生まれた。受けた教育はSabangのオランダ系のELS、その後MalangHBS、その後ジャカルタのGeneeskundige Hogeschool  (高等医科専門学校) である。インドネシア独立までの間には情報省(1946)やスポーツ青年省で奉職、情報省の時代はHet Nieuws Blad記事編集者として、そして1958年頃はオランダとの交渉の場において政府のスポークスマンとしてまたその後はASEANゲームの為に貢献した。

1965年に歿したが“LENCANA BAKTI”の顕彰を受けた。

ネット情報が混乱しているかも知れないが、最初に登場したJonas Andreas LatumetenWillemの父Prof. DR. Y. A. LatumetenWillemはその長男のようである。

家系は漁師ながらオランダの教育を受け、父は精神科医師であり、若い時代は青少年運動(ヨン・アンボン・ネルボンド)に参加しオランダにも留学しインドネシア協会に参加した等のデータもある。

地図にでたApartemen Menara Latmenten もSeason CityPodomoro グループである。

« MRT東西線の英雄道路  | トップページ | ワンダーランド TIMその3 »

インドネシア歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MRT東西線の英雄道路  | トップページ | ワンダーランド TIMその3 »