無料ブログはココログ

ウェブページ

ジャカルタ新旧あれこれ

« 海兵隊の三勇士の道 | トップページ | 道路名の親子のチョクロアミノト »

2019年9月30日 (月)

ゴジェックの家系 Makarim & Hamid

Makarim & Hamid

GojekのCEOのNadiem氏のWikipediaの写真を見て、何故かご両親の名前を見ると父はNono Anwar Makarim(1939)であり 母はAtika Algadriで母の父がHamid Algadriであった。

父は著名な弁護士であり、調べる内にパートナーとの共同事務所名はMakarim & Taireと言う名前で聞いたこともあり、更に時間を費やし調べると小生が1993年頃か作ったジャカルタの弁護士リストにちゃんと入っているのを見つけた。 鉄鋼関係の華僑財閥M社が注記されていた。

彼も又ハーバードで学んでいた。 更におじZacky Makarimは情報部門の中将であり、とにかくミナンカボ―の名家に違いない。

母方(母の父)HamidであるのでポンチアアナックのHamid侯かなと思った訳だが、彼と同じ時代にインドネシアの独立の為に戦った志士である。生まれは1912Pasuruanであるが、家系はアラブ系住民のカピタンのようだ。従いオランダ系の教育のお決まりの ELSMULOAMSを経てバタビアの法科大学を出ている。初代首相のシャフリルと近くスジャトモコなどと共に“シャフリルの子”と言われて、リンガルジャティやレンビル協定の交渉事にも参加、或いはパスンダン国などと関連してハーグ円卓会議の顧問の一人でもあったようだ。そうした活躍で独立後は社会党の議員として継続、閣僚になることはなかったが、彼の努力がその後のアラブ系大臣アラタス外相やマリー財務大臣を生んでいる事であろう。

やっと見つけた写真はGrabとGejek Gojek-grab

« 海兵隊の三勇士の道 | トップページ | 道路名の親子のチョクロアミノト »

産業・経済人 インドネシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海兵隊の三勇士の道 | トップページ | 道路名の親子のチョクロアミノト »