無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« サブダパロンの世界 PanjiとDewi | トップページ | パンジーと世界の文化・無形・記憶遺産 »

2019年10月25日 (金)

ウオノボヨの秘宝

Wonoboyo Hoard

「Sabda Palonの世界」で顔を出したジョヨボヨ王で思い出されるのがウォノボヨ(Wonoboyo)の秘宝である。

Wonoboyo-hoard ジャカルタの国立博物館の中の宝物館に飾られている古マタラム時代の金銀財宝なのである。名前が似ているだけであるが実は歴史的にもジャワ王朝の流れの中にある。 仏教とヒンズーが調和した時代、ボロブドウルとプランバナンの世界遺蹟を生み出した時代で、ボロブドウルの建築なったシャイレンドラ朝から次のサンジャヤ朝(835年~)の910年にプランバナンが建設されるがメラピ山の噴火があり929年にここを捨て東に移り、クデリ朝となるが、ジョヨボヨの治世はその後期で1,135年である。財宝は農地の灌漑工事で偶然見つかったそうで1990年の事である。しかしその点数と金細工の精巧さはおどろく。国立博物館のいくつかの写真を加工して作ったが画像を添えたが実際には15種類ほどの160点ほどにもなり、ジャーに入っていた金貨たるや6,000個に達しているそうだ。夢のまた夢であるが、又起こりそうな予感がする。

« サブダパロンの世界 PanjiとDewi | トップページ | パンジーと世界の文化・無形・記憶遺産 »

インドネシア歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サブダパロンの世界 PanjiとDewi | トップページ | パンジーと世界の文化・無形・記憶遺産 »