無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 道路名の親子のチョクロアミノト | トップページ | サブダパロンの世界 PanjiとDewi »

2019年10月10日 (木)

Dr.Suratmoと言う道路

00jembatan-merah08-mar-113-2 道路の名前にSuratmoと言うのと出会った。

Suratmoでgoogleすると軍人しか出てこない。軍人のSuratmoは“退役陸軍少将で2014年に陸軍ロジスティック部門を指導した。クラテンの旧家の子弟で1983年東チモール戦線で功績を残した。”と出ているだけである。  Suratと言う名前なら何人かいるがDr.を付ければ内科の医者であろうか MoはMissouri州の省略形のようだが、いまだ存命中で名前が残るはずはない。この道はPangerang Jayakartaの方が有名過ぎてSuratmoを使うこともなかろうと調査を諦める。。

ここはタンゲラン側のPangeran Tubagas Angkeの始めから市中心に向かい一旦途切れた後、コタ駅近くでチリウン河添いのPamgeran Jayakarta通りに入ってきた道で、交差するGunung Sahari通りを越えるとIndustri通りでクマヨラン地区に入っていく。 Genung Sahariの手前の橋はスラバヤにある有名なJembatan Merahと同じ名前である。Jembatan MerahはBogorにもあり、又カリブサールに架かった観光橋もこの名前で共にブログで紹介した。

Pangeran Tubagas Angkeの起点の近くにJembatan Besiがあり中間のコタ駅の近くがJembatan Batuの地名がある。 BesiとかBatuは橋の材質をあらわすもので橋の名前ではなく地域の名前となっている。 Jembatan TigaやJembatan Limaなども道路や地域の名前である。

« 道路名の親子のチョクロアミノト | トップページ | サブダパロンの世界 PanjiとDewi »

インドネシア地誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道路名の親子のチョクロアミノト | トップページ | サブダパロンの世界 PanjiとDewi »