無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« ウイージャヤ流転 | トップページ | なんとなくゴンドクスモ »

2020年1月22日 (水)

独立戦学徒玉砕の父 イスマン

WijayaのGraha Purna Wikaのスカント大将の銅像をマイアルバムで探しているとき、同じような胸像を見つけた。建物の名前か写真の下の方にあり、部分的にas Ismanと読めるが、マイアルバムのフォルダーWijaya地区に入っているが全く心当たりがない
00mas-isman-dec-15-4どうにかWikipediaとGoogle でその胸像の人はMas Isman、建物の名はWisma Mas Isman、そしてその建物/胸像が建つ通りはWijayaではなくメンテンのCik Ditiroと解かった。昔の郵便局本部の記念遺蹟建物を残した六星ホテル(Hermiage)のあるCilacap通りとMoh Yamin通りの中間にあるが、今は大分荒れているようだし、日本人が利用できる建物ではないようだ。 
念の為マイブログを調べると2015年の国家英雄叙勲記事があり、この年6人が選ばれた中の一人で、当時のマイブログには“東ジャワ出身、TNI・ゴルカールの政治家”とのみ紹介している。

彼は1924年生まれ1982年歿しているが、オランダと戦った独立英雄である。1945年独立戦争では東ジャワの学徒部隊Tentara Republik Indonesia Pelajar(TRIP)を創設して戦った。戦後、1956年―58年中佐で首相官邸を守る部隊を指揮、その後ラングーン、バンコック、カイロで大使を務め、1978年にはDPR/MPRの議員にもなりKosgoro設立に尽力した。彼の独立戦争はマラン市にTRIPの記念碑として見ることが出来るが、TRIP戦捷通りには35人の学徒の墓地もある。ジョコウイ内閣での青年スポーツ大臣を務めたハヨノ・イスマンは彼の息子である。そうだ。
タイトルは少し小説化しすぎかもしれない。

« ウイージャヤ流転 | トップページ | なんとなくゴンドクスモ »

インドネシア歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウイージャヤ流転 | トップページ | なんとなくゴンドクスモ »