無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月27日 (木)

シナール・マス と クニンガン

Sumarmas itochu kuningan

 

シナールマスが又、日系と合弁で不動産開発をするニュースがあったが、それは住友林業と熊谷組との合弁でジャカルタで、高層コンドミニアムおよび商業複合施設開発事業に着手するというものであった。

NNAのニュースではこの物件はクニンガン地区に位置し、、、21年開通予定のLRT(Light Rail Transit)のSetiabudi(スティアブディ)駅まで徒歩5分で、周辺にはショッピングモール、ホテル、学校があり、、、とあるだけでプレスリリースも場所の特定はできない。Toukyu-sky-gardn
そこでチャレンジすることになったわけであるが、最初はLRTをMRT(地下鉄)と読み違え、そちらにもSetiabudi駅があるのでそこから歩いて5分辺りを探していたのであるが、これはというものはない。この地区は小生がTaman Puri Setiabudi(写真:後述)に住んでいたところであり、良く知っているところで、あるとすればPrashidaビルの裏辺りに広大な空き地はみつけていたのであるが、表示がない以上ここではなかろうと諦めた。
ようやくMRTでなく、LRTだと気が付き、調べると同じSetiabudiという駅もある。悪いことにこちら側も歩いて5分である。 従いむしろRasna Said通りを超えたあたり、そこも昔小生が住んでいたEpicentrum側だと見当を付けGoogleした所、 Episentrumを回り込む辺りに、ついにSinar Masを見つけたのである。
それはThe Elementsというブランドで2棟のコンドミ39階建てと32階建ての合計345戸となっているが、住友林業のは総戸数900戸(コンドミニアム棟500戸、商業棟400戸)で地上35階建と地上27階建てであるのでちょっといじると同じものに出来そうな気がする。隣位にはその余裕地はあるが隣接して建てることもないだろう。何故ならそこの川向こうは既に全17棟のTaman Rasnaがあり、更にVerde Two Apartmentもあるからである。又そこの近くに、多くの同僚が住んでいたApartmen Menarabudi(Sky Garden Tower)というのもあったが、不思議なことに今日のGoogleにはその名前は消えている。 

小生の知識を小動員すると、最初の、小生が住んだTaman Puri Setiabudiテラス住宅はその後、東急建設が3棟の高層アパートに変えその名前もSetiabudi Sky Garden Apartement(上掲写真)に変っており、昔同じSky Garden TowerともいわれたApartmen Menarabudiは、Farpoint グループに売却されそれがVerde Apartmetとなっていたのである。Verde Two Apartmentというのは2つ目の意味で、それはそれでチャンとある。更にgoogleを凝視するとEpicentrumの裏側に2棟の建築を終えたThe Elementsをみつけたのである。つまり最初見つけたSinar MasのElementsという場所はElementを建設する現代建設の建設事務所であることが推定されたのである。
つまりは役目を終えた事務所であるが、多分それを取り壊しすぐ隣の空き地も利用して住友林業の2棟を建設するのではないかと推定し断じたのであった。
何故不動産業者のプレスリリースで場所を言わないのであろうか。探すチャレンジは楽しいが余り時間は無くなってきた。 そのことについてはマイブログの“Farpointの物件を捜索VerdeとSequis”でも言ったことである。

Ke-menarabudi-from-rasna-aprt

この写真は2010年頃、Taman Rasunaから、遠景に元Sky Garden(Menarabudi)で改称後Verde、手前、川の向こう側空き地にElement建設事務所が、そして更に右欄外にVerde 2がある。左側は現在、Epcentrumのビル群(The Elements含め)が立ち並んでいる。

住友林業のロケーションはあくまでも推定である。今日の発見はMenarabudiの今の姿(売却改称)であった。

2020年2月21日 (金)

3D Alive Museum Ancol

大分昔になるが、湾岸高速をアンチョールの東端を過ぎるころ3D(4D?)と書かれた建物があり、気に留めていたのであるが、2016年頃訪問した時は発見することが出来なかった。ちょっと話題が離れるが先週、ここアンチョールに世界的に有名な蝋人形博物館のマダム・タッソウ博物館を置く計画があり、そのニュースがあった。早速調べるとマダムタッソウとは1761年ストラスブルグ生まれでベルサイユ宮殿にも招かれていた蝋人形師で現在世界の20の大都市にこの博物館がある。選ばれた20都市の中に何故か武漢を含む中国が6市もある。米国でも5市で本場ヨーロッパでも6都市である。東京はやっと2013年になって始めてお台場に作られている。それをジャカルタにも呼ぼうというのであるから大したものだと感心し、核心に進むうちにこのニュースは2012年であり、その後ここアンチョールではAncol Beach City モールの3階にオープンしていることが判った。名前はタッソーの名前はなくAlive Meseumと呼称されていた。その隣がStar Meseumも併設されていた。Starというのはスターでアグネスモニカなどの蝋人形があったとか、なかったとか。過去形に表現したのは、現在これは既に閉鎖されているようだからである。ここのロー人形などは韓国の支援があったようだが、とにかく本物ではないのであった。これをジャカルタあれこれ三振のその3としよう。
00ancol-beach-city写真はこのモールの1階駐車場を通り抜けた時のもの。小生のアクセスはここ迄。この時2013年、入り口辺りにも案内ボードなどはなかった。

2020年2月20日 (木)

チキニのバリダンス

Jakarta alertにSampan Bujana Sentra と云う知らせがあった。何か聞いた記憶のある名前で発信元はZomatoであるからレストラン・ニュースである。
開いて見ると住所がJl. Teuku Cik Ditiro II No.1とある。直ぐ思い出したが、ここはGondandiaからTIMの方に向かう道(Cikini I)の手前の小さい方の道(二つ三つある)で、この先が日本料理 菊川でその手前にあったインドネシア料理のレストランで、踊りとか供していたが、どうしたのだろうか。ここで日本人の女性のクラブがバリダンスなども練習していたようだ。
Zomatoニュースには内容は何もなく、小生の知る限り一度閉店した筈だ。 Google Mapで見ると生きている部分もあるので再開したのかも知れない。

 

00p1220162AntaraのTIMのニュースで出て来たバリダンスをブログした後だったので、何か因縁を感じたが、又この近くにバリ州のジャカルタ連絡事務所があり、写真を撮ったことがあるのでアップしておこう。ここは、菊川のある道Cikini IV から直ぐ近くのCikini IIである。 バリ関係のイベントなどで訪問することもあろうか
これもあまり価値あるニュースでなくジャカルタあれこれの三振シリーズその2である。

 

 

TIMは今

 

Taman Ismail Marzuki -- sweet escape in hectic Jakartaという紹介記事がアンタラ通信に出ていた。色々中の建物を紹介しているが最初が古本屋である。Bengkel Deklamasiという名前で1996年以来の営業しているそうだ。もともと芸術関連ということで2万冊あるとのことだが、今は芸術に拘ってないそうだ。昔、入ってジャカルタの古地図など探したが何もなかったことがある。この記事では、無い場合は図書館に行くことを薦めていたが、多分プラネタリウムの横の建物だと思う。Kid Roomも写真付きで紹介していた。その他800人収容のGraha Bhakti Budaya や展示会用Galeri Cipta I,II,IIIも書いていた。
0020100720_dsc01662_20200220112601写真はGraha Bhakti Budayaで奥がCiptaIIIで、右手の見えないところに古本屋がある。Cipta IIは探し廻って図書館の横に発見したが Cipta I は存在しない確信がある。
TIMについてはこのブログでも何十回と書いているが最後は、このTIMが大がかりなリノベをやるというので中断していたもので、何か進展があるかと思ったが何も触れられていない。アンタラ記事には2020年2月17日である。

 

更にGraha Bhakti BudayaではSaraswati Bali art instituteが毎週日曜午前中にダンス教室を開いているとの紹介記事迄あった。 
小生のブログ記事の最後は昨年9月23日に「ワンダーランド TIM その3」というものであったが、多分小規模の改装第1期は済んだのかも知れない。改修計画に触れたのは「TIMとISTIQLAL、二つの改修計画の違い」であった。
さてアンタラの記事の通り工事は中断して今も昔のまま開いているのであろうか。 
今日のブログは、最近、調べても調べても何もなかった徒労が続くが そのジャカルタあれこれ調査三振シリーズとしよう。

 

2020年2月14日 (金)

元祖シナールマス

Sinarmas

2018年10月18日のブログに掲題タイトルで記述したが、子供たちの記述データに間違いがあり、その修正は、そのブログがこのブログの先代であるので、修正が面倒なため、ここに追補する。
追補:総師には複数の夫人があるようで、まずは第1夫人の子供で長男長女を定めるようだが、ここでは主たる子供たちの出生年を記載することで勘弁願う。但し出生年は会社の営業報告書記載の年齢からの逆算であるので保証はない。
* Teguh Ganda Widjaja:1944年生まれ、紙パ部門、長男。
* Peter - Oei Hong Leong:1947年、60年代よりシンガポール在住、国外含め不動産開発など、資産14億ドルの富豪、シンガポール国籍
* Indra Widjaja: 1952年 66才、金融保険部門、シンガポールNanyang大学卒(1974)
* Muktar Widjaja:1955年、不動産 BSD・Duta Pertiwi・Puradelta 会長、カナダ、コンコルディア大学商学部卒 (1976)
* Frankle Djafar Widjaja:1957年、上海などで不動産・ホテル、Bund Center Investment
* Franky O. Widjaja、1958年、パームオイル・食品担当で、且つ、Sinar Mas Land会長、青山学院卒(1979)
* Sukmawati Widjaja:1949年、シンガポール不動産会社 Top Global、Ekaの長女
そして今や孫の時代にもなりつつある。
*Fuganto Widjaja、1981年、Indraの息子、PT Golden Energy Mines TbkやPT Berau Coal Energy Tbkなどの社長、鉱山開発事業を担当
。。。。

 

2020年2月10日 (月)

去り行くインドネシア木材・水産Djajanti

Djajanti has gone?
Millenium Hotelの前のプロテスタント教会を調べているときその前の通りはタナ・アバンに繋がるがその端に大きなビルがあり、大昔行ったことのなる馴染みのあるビルだと安心していたのであるが、よく見ると名前が変っている。
Jayatama 今はJayatama plazaという名前である。その名前で検索してもほとんど話題になる話はない。昔の名前やその訪問記など書ければと思ってもう半年以上は経っており、昔の小生の作った富豪リストから思い出すことを思い立ちなんとか djajanti という名前に行き着いた。そのリストには、売上高8,000億ルピアで36位で、この間のHeroと並んでいる。そして業種は森林開発と合板である。
小生は水産業があると思っていたのであるが、それはもっと後の時代の事業展開であろう。代表者はBurhay Urayとある。ところが彼は一昨年10月ニューヨークで88歳で没していたのである。もう1年も前の話であるが、そうなると申し訳ないが、この事業グループの第2世代は誰かと言う別のテーマが出てくるが、結局それも解らぬ仕舞いであった。
Urayはこの時点では Dato 'Sri Burhan Urayとフルに呼称され、故郷のマレーシアに埋葬されたことはニュースで解るが、他に第2番目奥さんが台湾出身であり、夫伝記の著作も出しているが、核心に当たる記事はヒットせず、結論的には、どうもインドネシアから離れて行ったのではないかという気がするだけった。いずれ業界シリーズで何か行き当たるだろうと筆を置く。

 

 

2020年2月 4日 (火)

多すぎる大いなるAgung

7th Agung success
4人目のアグンを見掛けたが記録を取ってなく出て来たのはPT Sutera Agung Properti であるが、余りピンと来ないまま要点を記録しておくと、
00saumata-agung 彼らはSaumataと言う名前で3種類のアパートを開発しているがその一つのSaumata PremierはPT Graha Wibawa Propertindoと共同取り組みである。
そのPT Sutera Agung Properti の本社はAlam Suteraに在りここはBekasi Fajar(or マヌンガル)のThe Ning Kingが開発している2,000haのタウンシップである。またその株主にはAlam SuteraのコミサリスのTri Ramadiなどが5人の事業家が名前を連ねている。2013年に創業したばかりでここに6棟を計画を推進中 
Tmp_9106tmp_5698presentationproductknowl あと PT Bhakti Agung Propertindo Tbk (BAPI) という不動産開発の会社は昨年上場したばかりで、CEOもAgungの名前をもつAgung Hadu Tjahjantoである。こちらはCiredukでApartement Green Cleosa というアパートなどMixed use Projectを推進中とある。所でこのBhakti Agungの株主はAgung DevelopmentグループのPT. GRAHA AGUNG PROPERTINDOが42%、PT Nugraha Prima Griyatamaが29%ほど保有している。
39181jakartajaya181_sc_v2com Agungのオンパレードになったが最後にビッグニュースと共に出て来たのがPT Agung Dinamika Perkasaである。 これはジャカルタ湾開発でF島を開発中であったがAnies 知事により開発中止命令が出ていたのを裁判で勝利したと言うものであった。但しこのAgung Dinamikaは3人のAgungで数えたAgung Podomonoの子会社である。序にこのジャカルタ湾開発で開発権利を復権したのはPT Taman Harapan IndahがH島、PT Jaladri Kartika PakciがI島である。
多く登場したAgungであるが、その意味は大いなる、聖なると言う意味で、バリの聖火山アグンを代表とするヒンドゥ・サンスクリット系の名前であるが、彼ら華僑・富豪の人々がこの名前を付ける理由はわからない。

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »