無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 多すぎる大いなるAgung | トップページ | 元祖シナールマス »

2020年2月10日 (月)

去り行くインドネシア木材・水産Djajanti

Djajanti has gone?
Millenium Hotelの前のプロテスタント教会を調べているときその前の通りはタナ・アバンに繋がるがその端に大きなビルがあり、大昔行ったことのなる馴染みのあるビルだと安心していたのであるが、よく見ると名前が変っている。
Jayatama 今はJayatama plazaという名前である。その名前で検索してもほとんど話題になる話はない。昔の名前やその訪問記など書ければと思ってもう半年以上は経っており、昔の小生の作った富豪リストから思い出すことを思い立ちなんとか djajanti という名前に行き着いた。そのリストには、売上高8,000億ルピアで36位で、この間のHeroと並んでいる。そして業種は森林開発と合板である。
小生は水産業があると思っていたのであるが、それはもっと後の時代の事業展開であろう。代表者はBurhay Urayとある。ところが彼は一昨年10月ニューヨークで88歳で没していたのである。もう1年も前の話であるが、そうなると申し訳ないが、この事業グループの第2世代は誰かと言う別のテーマが出てくるが、結局それも解らぬ仕舞いであった。
Urayはこの時点では Dato 'Sri Burhan Urayとフルに呼称され、故郷のマレーシアに埋葬されたことはニュースで解るが、他に第2番目奥さんが台湾出身であり、夫伝記の著作も出しているが、核心に当たる記事はヒットせず、結論的には、どうもインドネシアから離れて行ったのではないかという気がするだけった。いずれ業界シリーズで何か行き当たるだろうと筆を置く。

 

 

« 多すぎる大いなるAgung | トップページ | 元祖シナールマス »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多すぎる大いなるAgung | トップページ | 元祖シナールマス »