無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月26日 (火)

人生はレンコンの如し

Liku2 kehidupan like Lengkong
Bsd-2008-mar-049
出会って気になる言葉はlika-likuである。30年も前に、ジャカルタ赴任後会社の大女優に畳語と日本語に近い言葉として習った単語だが、残念ながら使うことはまずなかった。意味は曲がったとか言う意味乍らwikiの例文などからもっと人生の深い意味があるようだ。Liku2はLika-likuとも変化するが後ろにkehidupanと続くとインドネシアの偉大なる作家Pramoedya Ananta Toerが使った言葉なのか“Untuk berjalan melewati lika-liku kehidupan manusia, seseorang memerlukan cahaya kebijaksanaan dan panduan kebaikan. - Buddha. Betapa sederhana ini sesungguhnya yang pelik cuma liku dan tafsirannya が出ている。人間の人生という曲がりくねった道を歩くには、仏陀の知恵の光と恵みの導きが必要です。ただ生きることは複雑なひねりが用意されその神の意志を解釈するだけです、というような意味なのか、小生の訳は適当だ。曲道は迷い道でもある。(渡辺美智子、曲道、分かれ道はアグネス。Kok)
それは差し置き、この曲がるという同意語にLengkongがあった。レンコンは穴は開いているが真っすぐな気もするが、根は節目節目に曲がって繋がっている。それも差し置き、BSDの郊外に、ダーンモゴット隊の散華したLengkongの碑は昔、訪れブロクにしたことがある。

2020年5月25日 (月)

本当のハムカの信念 blak-blakan Hamka JOSEF 

20200525-2Jasa Margaの独占高速建設に民間が許され手を伸ばして来た企業の最初がCMNPであったが、この会社は物の本ではTutut所有となっている。今の役員の中の一人Feisal Hamkaの係累にJusuf HamkaがいるがJusufはCMNPやIndosiarの相談役でもあった。その前にはIndomobilの監査役なども歴任2018年にはJokowiの金庫番(Bendahan)だった。社長のFitrya Yusuf女史はJusufの長女で、やはりIndomobilやIndosiarでのトレーニングを受けている。本人はファッションや化粧やおおしゃれのビジネスもやっており或いは著作にもいそしむ美人だ。彼女の職歴を記載すると Director dan Editor In Chief Aesthetic Beauty Guide Indonesia, MRA Group CEO PT Fifefa International Jakarta 2011より, Komisaris PT Mitra International Resources 2009より, Fashion Contributor Eve Megazine 2007より。 Executive Director Ivy Boutique 2006-2011, Co-Founder Twinkle Twinkle, Fashion Editor Majalah Dewi 2004-2006 Promotion and Marketing Majalah Dewi-Femina Group Asistant Brand Manager PT Indofood Fritolay 2004 Management Traine PT Indosiar Visual Mandiri 2003 Management Traine PT Indomobil Sukses International 2002 学歴はMenlo College San Francisco&Bachelor of Science in Business Administration jurusan Marketing di GS Fame Institute of Business, Jakarta 2004である。. 次男Farid Hamkaはマッキンゼーで働いている。 所でGoogleでHamka  + richestで検索してもForbesもGlobeにもリストには出てこないが、昔どちらかにWidjaja Ekaさんすら出てないかったのでそれ以来信用していないので先に進むと、Jusufは上記の他MandaraやMitra Kaltimなど多くの重要な役職に就いていたが、人々と分かち合うことを忘れなかった。彼はdhuafa(?:貧困・社会的弱者)のためのWarung Nasi Kuning 名物のPodjok Halal(元は7-11か)という店を創設し、若者の為にナシ・クニン料理を提供するほかTommy Winataと語らい、タンジュン・プリオクの高速の近くに、Masjid Babah Alunモスクを建設した。(Winataはアンチョールで病院も建設しており、今回コロナ疫病で提供している。) 彼の伝記には宗教欄はブランクになっていたのであるがその頃は入信していたのであろうか。 学歴は国立8月17日大学の後、コロンビア大を卒業している。 本体CMNPの社長のFitria Yusufは、父に従い2020年3月にイスラム入信した。 中国人ながら親子共々、1,000のモスク建設の希望を持っている。 Jusuf Hamkaは1957年サマリンダ生まれで、名前のハムカと言うのは子供の頃養子になったBuya Hamkaの姓を頂いたという。本名のJosefもJusufに変えたようだ。 こうした慈善活動に年間20億の予算を立てているそうであるが、FPIの北ジャカルタ支部の活動にも手を指し伸ばしていると、80年代にMUIの教授となったBuya Hamkaは語った。  タイトルの付けるのに迷ったが、7-11がインドネシアの酒販売に反対されたという言い訳の理由がわかる気がした。 写真を選ぶのにも迷った。女優なら借用するが。。。

2020年5月19日 (火)

インドネシア高速道路の揺籃期

00jasamarga-tol-capek インドネシアの高速道路については4回もシリーズで紹介論文を書いたが、施工主については触れることがなかった。 それは国営の Jasa Margaの独断場であったろうことは周知の事であったからである。ジャカルタではあちこちにそのマークがあったからでもある。そしてインドネシア最初の高速は1978年のJagorawi高速の筈であるが、この年はPT Jasa Marga (Persero) Tbkの社史によるとこの会社の設立日である。小生の論文では工事着手は1973年となっており、完成を持って運営会社となったのであろう。当然この時代の建設は外資がやったに違いないが、基礎工事はスカルノ時代にさかのぼり、ある地区などJalan Rusiaと呼ばれたりしているそうだ。 日本の触手もあろうがその詮索は止めて社史に戻ると1987年迄のジャカルタ内環高速JIRRと東西の運用開始は 1984 – Jalan Tol Jakarta-Tangerang (西へ) 1985 – Jalan Tol Prof.Dr. Ir. Sedyatmo (空港へ) 1987 – Jalan Tol Cawang-Semanggi (内環南線) 1988 – Jalan Tol Jakarta-Cikampek(東へ) 1989 – Jalan Tol Semanggi-Grogol ~Pluit (内環 西北) であるが、 Jalan Tol Ir. Wiyoto Wiyono :15km 1987年~1990年 (19km Priok)(内環 東北) Jalan Tol Pelabuhan 湾岸  :13km 1992年 Pluit-Tanjung Priok utara.(内環北海岸) が出ていないことに気ずく。 そして1987年はBOTによる民間建設運用を開始した年である。その最初の会社がBUMNと民間が結成したコンソーシアムのCMNP (現在PT Citra Maga Nusaphala Persada Tbk:95年上場)であり、この二つの路線(合計32㎞)が建設運用したことになる。民間と言うのは、これこそスハルトの長女TututがPT. Citra Lamtoro Gung Persadaを率いて首班となったものでさる。このメンバーとしては; Hutama Karya 、Jaya Konstruksi、Indocement、Krakatau Steel、TASPEN、そしてCitra Lamtoro Gung Persadaなどであった。 当時は西ドイツ、日本、韓国の建設業者がコンペティターであったが、父スハルトの一言で踏み出したと述懐している。 Ir. Y.H.Simanjuntakが作り出したBetonパネル工法で、インドネシア独力でやることにしたということだ。そういえば空港高速の名前になっているSedijatmoも高架土台建設の特許を編み出し日本含め数十か国に技術輸出を為したことも思い出す。 現在Lamtoro Gungは一寸、不明であるが、CMNPは隆々たる企業ではあるも、小生にはスハルトの影を見出すことは出来なかった。

2020年5月16日 (土)

Batik Kerisはファミリー?

Batik-keris-cokro-aug-15-18 Denice Tjokrosaputroという美人に出会った。 この名前には記憶があり、すでにMichelle TjokrosaputroのBatik Krisと Hanson 不動産のBenny Tjokrosaputroでブログにしている。 そして今、手にしたネットの記事は 将にその通りのタイトル “Sejarah Keluarga Tjokrosaputro: Dari Batik Keris sampai PT Hanson”であるので, この女性の名前は出てないかと読み進んで見る。 Tjokrosaputro家のビジネスは、1920年にソロのノノンガン通りでバティック業をは始めた時に迄遡る。今の世代から言えば4代前のKwee Tiong Djingが手芸バティックの小さな工場を作ったのだが、彼は子供のひとりにKwee Som Tjokをもうけた。彼が後にKasom Tjokrosaputroと名乗ることとなった。そしてそれが1947年Gaitiniと共に歩いて来た重要なマイルストーンであった(1947年設立?)。1960年代に両親から正式にバティック工場の遺産を得たが、1966年、社会全体が危機的な時代で、彼は華人の相互援助組織(Baperki)へ寄付したこともある。 1965年以前、Baperkiは共産党に近いことで知られており、この組織が設立した教育機関は民衆の攻撃の的になったりしたが、それが現在のTrisakti大学である。 この記事は一人よがりのグジャグジャ感があり、オルデバルの時代、Kosomは社会での立ち位置とかにおいて不遇であったようだが、ビジネスは家族が進めていたようで後に、カソムの息子であるハンドコは、ビジネスの世界が成長しているため、ニュー・オーダー時代に生きたことに感謝の気持ちを感じていたとあり、Handokoがキーパーソンであったことが解る。1970年PT化した後、1974年、バティック・ケリスはソロにPTダン・リリスDan Lirisという繊維工場を設立し高級品として世界20カ国以上に製品を輸出することに成功、サリナーデパートに売り場を出しスハルトの奥さんの作品なども展示し、成功の頂きに上る頃、Kasomは豪州の病院で没した。 その後も長男?HandokoとHandimanが跡を継いだが、Handimanは2018年?に亡くなっている。彼らITBとフィラデルフィアでの学業を与えられた父に見習い、子供のBennyにはトリサクティ大学で金融を学ばせている。 以上がこの記事の全てであり、タイトルには似合わない(不十分)内容であった。 その後の調査を重ねて出来るだけファミリーを拾うとBennyの弟にTeddy Tjokrosaputroがおり、あのRimoデパートの社長でいまは業転しているようだが、又の楽しみにしておこう。 そしてDenise TjokrosaputroはHandimanの娘であり、先にブログでも紹介した妹?のMichelle Tjokrosaptroni負けない実業家である。これも又の楽しみにしておこう。 楽しみにしておこうというのは逃げ口上で実は、このファミリーはどういう切り口で調べても分かり切った部分のみが断片的に出てくるだけで綴りもKasomだったりKasoemだったり叔父にHandimanかHandiantoとかHardiantoが居たりで、家族の関係もなく、ファミリーの全体写真もなく、一人一人の写真である。 その上Benny氏は2.5兆もの国家未済問題で司直の手にあるようだ。 残念。写真はチョクロアミノト通りのBatik Kerisは未だあるかな。

2020年5月13日 (水)

サリナの新ビルとマックに黒幕

Sarinah ジャカルタ新聞が、サリナデパートが修復作業に入り、為にマクドナルドが閉鎖されるニュースを流していたが、小生はその件はNNAでも読んでおり、そちらの表現は30年の歴史に幕と言う表現であったので、これには大きな関心を向けざるを得なかった。その前にサリナは所有空き地を利用して高層ビル3棟を立てる計画があったが、日本に居てGoogle Mapを駆使しても建設の資材すら目に出来なく、他のニュースでも建設着手は遅れているのを確信したばかりであったためである。 ジャカルタ新聞には今のサリナの写真が出ており、それを見ると右手の奥のフランス大使館を隠すように黒壁の高いビルが建っており、堂々とSarinahと表示されているのを見て驚いてしまった。そしてその横に少し低いが2棟目のビルも同じ黒壁でみえるではないか。建設着手してない筈のビルが、この写真では建っている! 狐に積まれたような感じで、在ジャカルタのインドマルコの人達に聞いて、更に最近の画像を探して、最終納得できたのはこの黒い建物と見えたのはマクドナルドの前に建てられた黒い像であった。近くで見れば何かSarinah II についての説明の看板とか付されているのであろう。しかし小生にとっては今思うとマクドナルドを悼み黒い喪服を着たモニュメントのようだ。 マクドナルドがここに店を開き、大きなゴム製マックの人形が二階のテラスに揺れて、ジャカルタの名物になっていたのは、捗々しくないサリナが頭を下げマックに来ていただいたのは30年前だとすると1990年だから小生が2度目の来イした時である。サリナは1965年オープンだから25年目だ。そしてマックは2009年にも2年ほど休館したことがある。 このサリーナ II の計画は、2.8ヘクタール土地の面積に駐車場は地下に移した商業施設をつくるもので国営の建設会社PT Wijaya Karya (25%)と国営公社PT Pembangunan Perumahan (PP) が夫々25%と20%で参加するはずだ。MRTも遅れてはいるが完成の暁には、又 未だの首都の華として又栄えることを望みたい。

2020年5月 8日 (金)

BMKはChampでBakwan

サリナーデパートの地図を見ると多くのレストランがあることに気付く。昔からあるマクドナルドやケンタッキーは別として、Platinum Café(この前はManchesterか)の他、Champ Resto(この前はChilisか)、Gokana Ramen & Teppan や Raa Cha Suki & BBQなど聞いたこともないが旨そうだ。Excelso、BMK Karapitanも見える。レストランではないが、インドサットのOoredoo Outletなど豪華で広々、ゆったりの清潔感あふれる雰囲気である。日本のスマホショップなどとは、桁違いのサービスだ。ただ小生は日本からGoogleやマイ・アルバムから推定しているのであって、何が起こってもおかしくない時代、変わっていたら謝るしかない。 00champ-catalo_20200508115601少しPlatitumなど調べてみようと検索をかけている内にこれらの多くが PT Champという会社が保有していることが解った。調べる気になったのはあのHardRockが追い出た跡に居座っているので外資の何かかと思ったのであるが、そうではなくローカルの新進企業で、次のユニコーンになるのかも知れない。輩下のレストランは、繰り返しになるが、Platinum restoはIndonesia, Jepang, Amerika, Chinaなどの料理を供する店で全国約23店舗で、Gokana Ramen & Teppan(日本のラーメンで日本語の”豪華な”を名前にしている。既にこれだけで39店あるらしい。)Raa Cha Suki & BBQ、(タイ式か)、BMK(Bakso Malang Karapitan)そしてChopstickがある。 これらをスマホで出前注文も出来るサービスサービスをGobik(a one-stop 4-in-1 delivery)を行っている。だからこのレストランは4種類の日イ米中の料理を供しているのだ。 この会社は1997年バンドンで旗揚げしたようだが大手ではなく多分若者数名がやっているのではないだろうか、今IPOの準備をしているがオーナーの固有名詞は今は明かされていない。本社はこのサリナデパートの12階に置いている。 00bakwan-teebox_20200508115701 BMKのどんぶりで思い出したが2000年代にかけて良く食べに行ったWijayaのバクワンが懐かしい。確かスラバヤ名物でジャカルタでは珍しい時代だった。我慢できずGoogleの写真を借用した。 自分自身の写真は隣のTeeboxというRestCafeであるがこの左手の階下である。写真では見えないが2階もテラス式であった。どちらも絶対今もあると確信できるが。。00bakwan-teebox

2020年5月 6日 (水)

サリナ・デパート周りの今

00mar2010 タムリン通りのサリナデパートが、敷地を利用し高層ビルを建てる計画があったのを思い出し、Googgle で訪ねたが、建設の痕跡は見えなかった。昨年までは3月に着工するとか、20年には完工するとかの話は出ていたが、最後は土地問題があるようだ。 MRTの南北第2期も2024年頃出来、更にここが東西線との交差ともなるので非常に有利になる。あの建設は3棟も建てるようだが、それは減らしても、やり通してほしいものである。合弁の相手に国営建設の雄AdiKaryaと住宅公団 PPがあったが、PPは債務償還が出来なかったニュースもあったので少し心配だ。 サリナに行く序に関心があるのはヘロースパーマーケットであるが地下のフードコートと共にあったがスーパーは未だあるようだ。 マクドナルドを招致したのも早い段階だったが、これは今もある。KFCもあるようだ。 しかしあのHard Rock Caféは何故か無くなり、彼らは、Pacific Placeに移って今もあるようだ。その後はPlatinum Restoが入っている。写真では2010年頃、Manchesterto云う店になっていたが。 ワヒッドハシム側から見える所も Afterhourや Chilis 或いはChampなどのバー・レストの看板が時代と共に見えていた。 昔、スカイラインビルに事務所があったので、この地区は小生に取って、一番親しい地区である。Skylineの映画館のTemporary closedの意味はなんであろうか。 少なくともコロナが大きく黒い影を投げかけている事には間違いはないが。。。

2020年5月 1日 (金)

Intilandの全プロジェクト

ゴンドクスモ家のPT Intiland Development Tbkのプロジェクトは先週はSouth Quarterを紹介したが、他に57 Promenadeなど洒落た名前もあり、いまだ全リストを挙げてないこともあり筆を執った。その序に57 Promenade(Grand Indonesiaの裏手ワドック添い)を記述しようと思って場所を探ったら、もう既にマイ・ブログにアップしていたことに気が付いた。事ここに至っては全体紹介しかない。 Aeropolis(写真はいずれもAeroolis ネットより) 先ずはこれら職住商業の複合施設には、57 Promenade、South Quarter Domeの他にRegatta(Pantai Mutiara)、1 Park Avenue(Gandaria)、やSurabaya Graha Festival、Sumatra 36、などもある。 住宅地開発としてはSerenia Hills - West One City 、Pinang Residense、Talaga Bestari - Magnolia Residence – Maja、オフイスとしてはIntiland Tower(Jakarta & Surabaya)、Graha Pratama、 20200501-2特殊な倉庫・店舗・オフイス・アパートのAeropolis (S.Hatta飛行場そば)、工業団地管理にはMojokerto Ngoro Industrial Parkなど、ホテル運営には「Whiz Hotel」、「Whiz Prime Hotel」及び「Grand Whiz Hotel」及びゴルフスポーツなど幅広い。或いはダブるかも知れないがグループの本拠のスラバヤは以下がある。 - Intiland Tower - Praxis - Sumatra 36 - Spazio Tower - Graha Famili - Graha Golf - The Rosebay - Graha Natura - Darmo Harapan - Spazio - National Hospital 追記:上記South Quarter は先週のブログで間違ってSouth Squareと記述したが急遽一部修正した。(5/1)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »