無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« インドネシア高速道路の揺籃期 | トップページ | 人生はレンコンの如し »

2020年5月25日 (月)

本当のハムカの信念 blak-blakan Hamka JOSEF 

20200525-2Jasa Margaの独占高速建設に民間が許され手を伸ばして来た企業の最初がCMNPであったが、この会社は物の本ではTutut所有となっている。今の役員の中の一人Feisal Hamkaの係累にJusuf HamkaがいるがJusufはCMNPやIndosiarの相談役でもあった。その前にはIndomobilの監査役なども歴任2018年にはJokowiの金庫番(Bendahan)だった。社長のFitrya Yusuf女史はJusufの長女で、やはりIndomobilやIndosiarでのトレーニングを受けている。本人はファッションや化粧やおおしゃれのビジネスもやっており或いは著作にもいそしむ美人だ。彼女の職歴を記載すると Director dan Editor In Chief Aesthetic Beauty Guide Indonesia, MRA Group CEO PT Fifefa International Jakarta 2011より, Komisaris PT Mitra International Resources 2009より, Fashion Contributor Eve Megazine 2007より。 Executive Director Ivy Boutique 2006-2011, Co-Founder Twinkle Twinkle, Fashion Editor Majalah Dewi 2004-2006 Promotion and Marketing Majalah Dewi-Femina Group Asistant Brand Manager PT Indofood Fritolay 2004 Management Traine PT Indosiar Visual Mandiri 2003 Management Traine PT Indomobil Sukses International 2002 学歴はMenlo College San Francisco&Bachelor of Science in Business Administration jurusan Marketing di GS Fame Institute of Business, Jakarta 2004である。. 次男Farid Hamkaはマッキンゼーで働いている。 所でGoogleでHamka  + richestで検索してもForbesもGlobeにもリストには出てこないが、昔どちらかにWidjaja Ekaさんすら出てないかったのでそれ以来信用していないので先に進むと、Jusufは上記の他MandaraやMitra Kaltimなど多くの重要な役職に就いていたが、人々と分かち合うことを忘れなかった。彼はdhuafa(?:貧困・社会的弱者)のためのWarung Nasi Kuning 名物のPodjok Halal(元は7-11か)という店を創設し、若者の為にナシ・クニン料理を提供するほかTommy Winataと語らい、タンジュン・プリオクの高速の近くに、Masjid Babah Alunモスクを建設した。(Winataはアンチョールで病院も建設しており、今回コロナ疫病で提供している。) 彼の伝記には宗教欄はブランクになっていたのであるがその頃は入信していたのであろうか。 学歴は国立8月17日大学の後、コロンビア大を卒業している。 本体CMNPの社長のFitria Yusufは、父に従い2020年3月にイスラム入信した。 中国人ながら親子共々、1,000のモスク建設の希望を持っている。 Jusuf Hamkaは1957年サマリンダ生まれで、名前のハムカと言うのは子供の頃養子になったBuya Hamkaの姓を頂いたという。本名のJosefもJusufに変えたようだ。 こうした慈善活動に年間20億の予算を立てているそうであるが、FPIの北ジャカルタ支部の活動にも手を指し伸ばしていると、80年代にMUIの教授となったBuya Hamkaは語った。  タイトルの付けるのに迷ったが、7-11がインドネシアの酒販売に反対されたという言い訳の理由がわかる気がした。 写真を選ぶのにも迷った。女優なら借用するが。。。

« インドネシア高速道路の揺籃期 | トップページ | 人生はレンコンの如し »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インドネシア高速道路の揺籃期 | トップページ | 人生はレンコンの如し »