無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« ジャカルタ浦島物語 そのマンクルフール | トップページ | Boro boro beli baju 二つの例 »

2020年6月22日 (月)

隣の浦島 ジャヤンティ・シティ

00gayanti-cityトミースハルトの現在の不動産事業はジャカルタのド真ん中で突然現出したマンクルフール・シティがあったが、ネットでは同時に紹介されるJayanti Cityもある。地図で見ると確かにJayantiという名前を冠した施設や店の名前は11もあるが、Cityが付く程のものはない。どうせ人の名前だろうからGoogleで調べると Kimmy Jayantiというインドネシアの女優・モデル(91年生まれ)などは出てくる。あるTown Houseの名前にもあり、住所はGn. Jayantiとあるので道路の名前なら英雄かなと思うと英雄にもそのような名前はない。Gangには英雄の名前は付けないだろう。Mangkulufulが息子の名前なら、これは娘の名前ではないかとトミーの資料に戻ると確かに、Gayanti Hutamiという娘はいた。Gayanti とはGaya(スタイルの意味)のYanti(優しいなどの意味)らしいので優しいふるまいのお嬢さんになるが、肝心のCityは見つからない。とあきらめかけたが最後このGayantiにかけてみるとGayanti Cityが地図上見付かるではないか これには驚いたが ここは都心に上りのGatot Subroto通りがラスナ交差点の前で、テンデアン通りに分かれるガトット側ですごい立地である。ここに30Fクラスのアパートメントタワー2棟とオフイスタワー33Fを建設する計画であったが、うまい具合にGoogle Mapも丁度建設中を納めていたのである。見て解った事だがガトット通りには国営建設Adhi KaryaがLRTのチブブール線の建設中であり、将に隣に駅かターミナルも建設中であることが解った。
今更ながらトミーの財力に驚いた。この他にもバリでは17ものホテル建設(内2~3棟は完了とか)を含むNew Kuta(Bali Pecatu Graha) を建設の話があるがこれも上手く進んでいるのであろうか。 あのアムネスティ法令が上手く使われたのであろう。

« ジャカルタ浦島物語 そのマンクルフール | トップページ | Boro boro beli baju 二つの例 »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャカルタ浦島物語 そのマンクルフール | トップページ | Boro boro beli baju 二つの例 »