無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« チブブールの観光公園Mekarsari | トップページ | HAMKAの疑問符列伝 »

2020年7月17日 (金)

次なる高速建設の予定 JORR Kite

Most recent Tol ProjectとしてCNBCが10のプロジェクトを挙げていた。それには
1. Solo-Yogyakarta Toll Road (constructionSeptember-October)
2. Cigatas Toll Road (Cileunyi-Garut-Tasikmalaya)
3. Patimban Toll road
4. Bogor-Serpong Toll Road (BSD)
5. Toll Road Sentul Selatan-Karawang Barat
6. Semarang Toll Road
7. Semarang-Balaraja
8 toll road. Cikunir-Karawaci Toll Road
9. Cikunir-Ulujami
10 toll road. Multi Lane free flow or no open door toll payment.
公共工事住宅相が語ったものであるが、10番などちょっと不明で、9番も見るとCikunir-Ulujamは両地点とも既にJORRの拠点ポイントでこれを繫ぐ路線はジャカルタの中心を真っ二つに分けるものとなり考えられない。それは8も同じでKarawatiはBSDの北に位置して更に困難な路線となる。CibuburにKarawaciブランド唐揚げ屋台があるようだがこのことだろうか。7のSemarang-Balarajaとなるとこれも考えられない。多分 別のSemanan – Balaraja 31.90 kmの間違いではないだろうか。Kontan誌も同じ報道があるが、こちらはこの6月にオープンしたスマトラやカリマンタンの地方高速を報じた後の付け足し報道である。

追記:その後不審な点もあるので再確認したが、その高速のCikunir-UlujamというのはJORRの南半分の事で、報道の高速の名前はJORR 2-Cikunir-Ulujami Kiteでその不思議の大元はKiteである。Kiteは英語で凧だがインドネシア語で凧はLayangでこれには2階建ての意味もある。Kiteに2階建ての意味があるか英和辞書は見たくない。つまりこの路線はJapek Layangの時混乱したケースと同じである。ならば今あるのは1階建てだろうかと思いだすと、北のPenjaringan (Kamal)からUrjamiまでは既にLayangであったが、それからは確かに2階建てではなかったようだから、KiteについてはOKとしよう。但し JORR2は外外環の事である。JAPEKで言えばJapek Layang(37㎞)に対するJAPEK2 (南JAPEK 64km)の如くLayangの方にNo.2 を付けては混乱のもととなる。
JORR2はこのJORRの外側でこの辺りで言えば西はUlujamiの南西Serpongであり、東はCibitung(MM2100) である。そして付け足すとJORRのUlujamiからCikunirまでの距離は28㎞以上あり距離が合わない。多分両サイドでは直接JORRに接続するのではなく一般道を利用することになるか、或いは特にCikunir側はそこまで接続せず手前のJatih Asihが終点という。Jatih Asihと言えばJAPEK2(南Japek)の始発ゲートであるのでこちらに繋がるのだろう。 
再度マップを掲げるがJORR2は南の方は書ききれてない。そういえば南の方は未だ入札もされてないかもしれない。
Jkt-toll-map-f_20200717101501日本から少ない情報で推定しながらの作業であるのでこのような断片的推定の書き方になることご容赦頂きたい。

追記2:このUlujami-Cikunirの総延長は21.5㎞である。Jatih Asihは
Cikunirの南,約10kmである。建設はAdhi Karyaとクレーン専門のAcsetである。
追記3:上記の報道で添えられていた写真はParigiでジョコウィが鍬入れ式典に臨んだ写真である。ParigiとはSerpongから北に向かうJORR2の北側である。JORR2の北側は確かに進んでいるということであるが、報道内容とは関係がない写真である。


« チブブールの観光公園Mekarsari | トップページ | HAMKAの疑問符列伝 »

インドネシア地誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チブブールの観光公園Mekarsari | トップページ | HAMKAの疑問符列伝 »