無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« Indonesian Paradise(INPP)の大きさ | トップページ | その後のJakarta高速道路(3)ハーバーロード »

2020年7月13日 (月)

今無きオメトラコのJapfa:Handojo Santosa

Japfaやっと廻って来た出番と感じる元オメトラコ創業者の御曹司である。今はオメトラコと言っても死語に近いが、彼の事業は当時からの柱でもあった飼料会社Japfaである。オメトラコは小生としては調べたこともあるが1996年アジアの成長企業トップに称されたグループで金融・保険・リース(Tiara:Danamonと合併)、飼料・薬品、インフラなどで上場4社を保有していた企業で、1959年の創業者Ferry Teguh Santosaを会長、Rosano Barakが副会長に、そして既にBoyke Gozali が社長をしていた。総師の子供たちは皆実業家として活躍している。
Handojo Santosa 息子:Japfa Comfeedの社長
Mieke (Kolonas) 娘:夫Hendrik KolonasはItjih Nursalimの甥、ベンチャー企業PT Celebes Artha Venturaのトップ
Tati (Gozali) 娘 :夫. Boyke Gozal 記述済(MAP, Plaza Indonesia, Indonesia Paradise noトップ)、彼はHendrikと兄弟
• ここでHandojoはGlobe Asiaの150 Richest List Indonesia 2018年版で34位の資産14億ドルの55才と紹介されている。最終学歴はArts / Science, Pepperdine Universityで、奥さんはFarida Gustimego でNurusalim夫人の兄弟 Gustimegoの娘である。
Teguh Santosaの子供一同そろってNursalim家(Gajah Tunggal)と縁が深い。

« Indonesian Paradise(INPP)の大きさ | トップページ | その後のJakarta高速道路(3)ハーバーロード »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Indonesian Paradise(INPP)の大きさ | トップページ | その後のJakarta高速道路(3)ハーバーロード »