無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« アストラインターの経営トップ | トップページ

2020年7月31日 (金)

Cibinong周りのセメント工場

昔、ジャゴラウイ高速でスンターに向かうとき、緑の山地の中に煙吐くセメント工場をいつも見ていた。そこは、ジャゴラウイゴルフの前か後か等ロケーションを確かめに、Google Mapを広げたがCibinong-mapそれだけの事で数度驚くことが現れた。まずは南のパームヒルゴルフから行くとこの高速ゲートSentul Circuitを降りてゴルフと逆の方角(先にMetro Resi : 以前ブログで紹介済)に向かおうとするその時、現れたのがPT.Indocement Tiga Roda, Bogorという表示である。Tiga RodaというのはPT Indocement Tunggal Prakarsa Tbk社(スドノ・サリムが創業)のブランドである。パームヒル・ゴルフ場の南に国営のSemen IndonesiaのBeton分工場があり、そして北のJagorawiゴルフ場に降りるゲートでゴルフ場と反対の山側の方にセメント関連プラントや施設がいくつもあるが入り口に近くにPablik Semen Tiga Roda(さっきのIndocementの主力セメント工場)の表示、そしてそこを更に北に上るとPT Solusi Bangun Indonesia Tbkの工場があり 近くにPT.HolcimやSemen Cibinongの名前が出てくる。
このSemen Cibinongこそ日系合弁であったが教訓(ブログ済)を残して消えて行った会社で、その後のすべてを追うことはできないがHolcim(Lafarge Holcim)が保有した時代から国営セメン・インドネシアが買収し現在の会社名はPT Solusi Bangun Indonesia Tbkである。この小さな写真に5つの会社の歴史ストーリーが詰まっているのである。

« アストラインターの経営トップ | トップページ

インドネシア地誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アストラインターの経営トップ | トップページ