無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« OnggoかOngkoか、どっちもどっち | トップページ | Bukan Alang kepalangとRachmatも  »

2020年9月29日 (火)

先進デジタル マーチン・ハルトノ 

インドネシア 富豪ナンバーワンのHartono兄弟は既に2008年以来、トップの座を維持しており、このブログでも、DjarumもBCAもGrand IndonesiaもMENARA BCA, KEMPINSKI PRIVATE RESIDENCE, HOTEL INDONESIA KEMPINSKIも Resinda Hotel & ResidenceやPadomaについても記述しつくしているようだ。そこで、次の第3世代の4G5Gの時代産業を見てみることにした。

Marin-hartono-gdp第3世代の一人にMartin Hartonoがいるが、彼はBudi Hartonoの息子で彼自身のベンチャー企業Global Digital Prima Venture(GDP)を持ちこの下にインドネシア最大のオンラインwebsiteのKaskus等々展開している。 Kaskusに続きインターネット関連ではInfokost studio apartments、ショッピングサイトのBlibli.com及びスポーツサイトのBolabobその他 Lintas.me、Semut Api Colony Adv、Daily Social、Klix Digital、 Infokost.net、Kaspay、Mindtalk,等がある。 グループはディジタルマーケティングの会社Merah Cipta Mediaを持ち又2008年設立のPT Sarana Menara Nusantara Tbk. (“SMN“)でコントロールしている。このSMNは子会社Protelindo(2003年設立) で、今インドネシアで最大の通信タワ―運営会社( PT Sarana Menara Nusantara Tbk (TOWR))の下14,500のタワーを所有、2010年に上場し象徴的コードTOWRを得ている。この中にはPT XL Axiata Tbk (EXCL)のリースバック2500塔がある。
2015年、このグループ企業 でPT iForte Solusi Infotekを買収しPT Profesional Telekomunikasi Indonesia (Protelindo)とした。
このSMNがEdwin/Sandiagaの投資会社SaratogaのIforteと株の売買契約をしたのである。 トータルICTソリューション専門の…..
この分野は小生に取って難しい。原典の著者もそうだとすると何が何やらとなる。上記は会社名などを無差別に羅列したようなところもある。又Martinが必ずしもトップというわけでもなく、有力財閥の第三世代で活躍の人は多い。調べる取っ掛かりだ。

« OnggoかOngkoか、どっちもどっち | トップページ | Bukan Alang kepalangとRachmatも  »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OnggoかOngkoか、どっちもどっち | トップページ | Bukan Alang kepalangとRachmatも  »