無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« SiantarのShindoは男、富豪だ | トップページ | 陰謀は自宅で Cendana/Cikeas »

2020年10月29日 (木)

オムニバス・デモのBlak-blakan

昨日は又オムニバス法に抗議するイスラム団体のデモがあったがいつまで続くのだろうか。労働団体は憲法裁にゆだねる様だが、多分それは矛を収めることになろうか。10月28日と言えば1928年の青年の誓の日である。ジャカルタでは学生労働者がモナスでタイヤを燃やし気勢を挙げたり、マルクのテルナテでもデモがあったが散会させられたようである。ジャカルタでは8日(国会可決)や13日にデモがあり治安部隊と衝突、投石、放火などがあった。
2020_10_09_105684_1602230354_largeあの暴動の中で、これはスハルトの二の舞になる予感が走ったのは、デモが暴動化するほど、それを利用する者が現れ、或いは仕掛け人がいることが多いからだ。 いまこのオムニバス法は目的・内容はともかく、立法化に問題があるようで、野党か特に前大統領のSBYが同意してないようだ。そうすると、どうしても次の大統領選の前哨戦が思い浮かぶ。そしてそこに行くと小生の頭にはアホックやサンディ或いは個人的にも感心する若頭男ぶりのエリックなど多くがでてくる。その中でより関連するのはジャワスラヤ汚職事件の行方が気になる。汚職事件、政争など外国から一寸覗いただけでは何もわからない。Jawasraya 事件も確か2012から2018年頃の話であるが、その頃の日系のニュースには何も取り上げられておらず、小生などその本命をビジネスエクゼクティブに礼賛していたほどである。二度とへまは取らないぞと、まずは断片的なニュースの断面を記録してゆこう。 これらのニュースは焦点を暈すためか隠語や新語を作りたがるので、それで今日気になった言葉から見て見よう。
*ジョコウイは黙っているが怖いわけではないtapi beliau bukan president kaleng-kaleng 背景は知らないが、ブリキ缶大統領ではないとは何なのか、日本語なら空っぽとかカラカラ渇き、怒りっぽいやかましい感じだ。
*私、弁護士はもし、ジョコウイが気持ちを搔き乱されたりしたら、それは心配だdipancing-pancing emosinya
*注意が肝要 チクアス家族、ゴロゴロある資産はもう既に保管されている。harta gono gini kalianlah sudah jadi pertaruhannya
この中でKeluarga CikuasとはSBYの私邸である。文章に弁護士Hotman Parisの名前が騙られたHoaxである。 ある程度裏を知ってないと難しくて翻訳は無理であるが両者の確執はあるものの様だ。
このJP誌の写真は借用して保存したくなった。

« SiantarのShindoは男、富豪だ | トップページ | 陰謀は自宅で Cendana/Cikeas »

インドネシアニュース」カテゴリの記事

インドネシア語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SiantarのShindoは男、富豪だ | トップページ | 陰謀は自宅で Cendana/Cikeas »