無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« オムニバス・デモのBlak-blakan | トップページ | 多彩のインドネシア語のオノマトペ »

2020年11月 1日 (日)

陰謀は自宅で Cendana/Cikeas

先のMY“オムニバス・デモのBlak-blakan”でKeluarga Cikuasと住所で指さされた人は前大統領のSBY(SuシロBanバン・Yuドヨノ)である。
CikeasCikeasはボゴール県だが、チブブールのあのスハルト娘が保有するMekasari Gardenに向かう中間にある、Agung Sedayuが開発した住宅である。住所で指す例はCendana(スハルト)からであり、Kuningan(ハビビ:工業省の裏側当たり)、Ciganjur (グスドゥル・ワヒッド)Teuk Umar(メガワティ:ナスティオン博物館の前辺り)があるが、ジョコウイはソロ出身で、JKTではボゴール宮殿のようだから住所で指されることはまれである。
Cibubur地区はそれなりに発展性を秘めた地区であったが、SBYのお陰で大きく発展している。そこはSBYが国軍司令官に指名したジョコ・スヤント空軍大将も住んでいる。お母さんと奥様がお亡くなりになり、彼は静かに余生を暮らすと言っているが、彼の息子さんが次の大統領選候補に挙げられていることもあるし、ジョコウイのオムニバスに反対の意見を持っている事やジワスラヤの大汚職事件に関わっているような報道もこれありだが、時系列や報道メディアを明らかにしつつ分析しなければならない。今日はCikeasの解説であるが、JITUNEWS.COMの2019年9月頃の二つの報道内容から推定作成した。写真も。
この中で“2010年来、民主党の創設者たちによる汚職と共に、明るく輝いていたCikeasの光沢は徐々に暗くなった”とある。

« オムニバス・デモのBlak-blakan | トップページ | 多彩のインドネシア語のオノマトペ »

インドネシアニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オムニバス・デモのBlak-blakan | トップページ | 多彩のインドネシア語のオノマトペ »