無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« ココログからのお知らせ | トップページ | Delfiチョコレートがシンガポールへ »

2020年12月30日 (水)

ジャカルタRSDで、思ったこと

12月27日、インドネシアのコロナで毎日感染者が増えているが、どうなるのだろうか。東京では毎日1,000人を目指し確実に増えており、療養ベッド数が無くなり悲鳴を上げているのと比較すると、インドネシアは感染者は一段高いレベルであるが、8,000人にタッチした後6,000人とか7,000人と、増加は一休みのように見える。
20201227-2今日偶々ジャカルタのコロナ感染者の入院施設の写真が何気なく目に入ったが、大きな施設だなと、思ったのは当然で、ここは2年前のアジア大会の選手村である。まだ利用できる状態だったのかと驚いたが、場所はクマヨランと言う。
なるほどあのクマヨラン・ゴルフ場の中に、金融危機で捨てられた建設途上のアパート群が永く放置されていたのを思い出し、そこなのだと直感が働いたが、そうではなく、そのゴルフ場の南からすぐSunterに向かう所にあったのだ。7棟あるが、何戸位あるのだろうか。このような画像を見ると安心もするが、それより、入院だけはしたくないなと、日常生活では、より注意深くなるだろう。
この報道では12月26日現在、新規入院者172名で現在3,361人が治療を受けておるが、タワー5では、自己隔離を受けている患者は821人だそうだが、自己隔離とは、どの状況かは不明ながら相当詰め込んでいる感じを受ける。

コロナの収束の見通しは悲観的な見方が流れてくることが多い。一体どうなるのだろうか、人類の過去のウイルス(或いは伝染の菌)との戦い、特に中世の頃のワクチン等もない時代の人類の戦いから何か示唆を得たいと思ったりもする。想像も出来ない悲惨な状況を越えて来た歴史はすごいことだったのだ。そうして結局、年初より自覚した通りの免疫力との戦いに落ち着くのである。小生の場合は後期高齢と基礎疾患により、Protokol Kesehatanに加えて天運に服す覚悟しかない。

この病院は3月から活動しており現在までに、37,737人が入院し、34,376人が退院、14人が死亡したそうである。このニュースの前後、この病院でとんでもないMesun事件が報道された。収束を祈るだけである。

« ココログからのお知らせ | トップページ | Delfiチョコレートがシンガポールへ »

産業・経済人 インドネシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ココログからのお知らせ | トップページ | Delfiチョコレートがシンガポールへ »