無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« MilleniaはJapfaかINPPか | トップページ | Susi、世界の女傑は党も議院も要らない。 »

2021年1月23日 (土)

Waskita高速道路売り出し

国営建設トップのWaskita Karyaが高速道路11路線を手放しの話とWijaya Karyaの22の国営ホテルのHolding Coになるニュースが流れたが、善い話なのかどうか一瞬解らない。Waskitaは高速道路建設で一番積極的にやっているのだろうと思うが、財務的な金利負担を改善するために11の高速道路を投資家に売却する話である。
603554_62011の高速はJakartaの第2外環の南東線や北東線を含めたもので大体30㎞程度で各2兆から5兆ルピアの期待値となっている。
(最短はCinere – Serpongの10㎞、で1兆ルピア、最長はBatang - Semarang の75kmの6兆ルピアである。)何れも利益はWaskita自信をもっているそうだから投資物件としてはどうだろうか。売却予定は以下の通り全部明らかにされている。
Cimanggis - Cibitung :25,4 km (potensi nilai Rp3,5 triliun - Rp4,5 triliun)
Cibitung - Cilincing : 34 kilometer (potensi nilai Rp1 triliun - Rp2 triliun)
Ciawi - Sukabumi : 54 kilometer (potensi nilai Rp5 triliun - Rp6 triliun)
Depok - Antasari : 27 kilometer (potensi nilai Rp0,5 triliun - Rp1 triliun)
Cinere - Serpong : 10,1 kilometer (potensi nilai Rp1 triliun - Rp2 triliun)
Kanci - Pejagan : 35 kilometer (potensi nilai Rp0,5 triliun - Rp1,5 triliun)
Pejagan - Pemalang : 57,5 kilometer (potensi nilai Rp2 triliun - Rp3 triliun)
Pemalang - Batang : 39,2 kilometer (potensi nilai Rp2 triliun - Rp3 triliun)
Batang - Semarang : 75 kilometer (potensi nilai Rp5 triliun - Rp6 triliun)
Pasuruan - Probolinggo : 44 km (potensi nilai Rp0,5 triliun - Rp1,5 triliun)
Krian - Legundi - Bunder : 38 km (potensi nilai Rp4,5 triliun - Rp5,5 triliun)
合計で439.2kmである。建設では44高速(区間)を手掛けたとはどこかで読んだがこんなに持っているのであろうかと、イ国全体をながめると、以下のようないくつもの別の記事を見つけた。
一つはインドネシア全土の高速の距離数は1,527kmであるが、そのうち1 番手のJasa Margaは1,191kmという。その比率で言うと78%のシェアーとなる。どうもこれはコンセッションベースの話のようだ。
上記The Insider StoriesのニュースではJasa Margaは昨年又1,161㎞あり、今後2021年に101km、2021の後236kmの計画をもつそうだ。
そして同誌はUntil September 2020, Jasa Margaはlargest toll road market share around 52%で同国営のPT Hutama Karyaが 23%で続く。これにはコンセッション以外のものが含まれているのだろうか。しかしWaskitaの名前がないので、どこかに含まれているか無視されているのだろう。
同誌はAs of December 2019ではJasaMargaは, 全高速の内55%の1,168 kmのoperationをやっているとも書いている。以上英語の部分はコピーしたことを示す。

次にPCWの2020年3月の論文ではMaybankのリサーチを引用して計画中の高速は少なくとも30 new toll roadsがあり, spanning 2,194 kmとある。このspanningは計画総延長にしては大きすぎるので、今の2020年現在の総延長と考えると、今度は一寸少なすぎる。この論文はその時の有料商業運転高速のマーケットシェアはJasa Marga with 60% Waskita Karya and PT Hutama Karya each own 11% market shareとしている。

全体像は国営3社を中心にJointの部分が多いので、中々つじつま合わせはむつかしいが上記の報道はかなり修正する必要を感じている。少なくともWaskitaはスマトラの子会社を除きすべてを売却する予定であり、3番手のHutamaもスマトラ中心で殆ど同額を持ち4番手がAstra含む民間で殆ど同額である。 いつも取りざたされるトップは今日はロゴの写真だけで触れないでおこう。
00-jasa-marga-tol-cikampek

« MilleniaはJapfaかINPPか | トップページ | Susi、世界の女傑は党も議院も要らない。 »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MilleniaはJapfaかINPPか | トップページ | Susi、世界の女傑は党も議院も要らない。 »