無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 二人のWidjaya、Reggy とJohny | トップページ | Shinta女史は猶Sintesa Group »

2021年1月14日 (木)

Cherie 女史はまだGajah Tunggal

00wisma-gajah12追われているSjamsul夫妻を両親にもつ娘さんのCherieさんはどうしているか気になったがまずは二つのニュースから活躍されていることを確認した。
一つは東大も協賛した2020TOKYO FORUMのスピーカーとして招かれたものである。Forumのテーマは“人新世における人類共有の地球環境”とか高度な話であるようだが、彼女Cherie NursalimはGjtiの副会長の肩書であった。
あと一つはGiti Tire Groupの動きとしてP4G((Partnering For Green Growth and Global Goals) という新しい環境活動を拡大するグループ内P4G委員会を設立しコミットをしていく中で彼女が委員に選ばれたと言う事である。

Forumの紹介文から要点を引用すると
Cherie Nursalimは、アジア太平洋地域全体で世界的に有名なブランドと提携している不動産開発、製造、消費者ライフスタイルのプレゼンスを持つ多様なグループであるGitiGroupの副会長である。彼女はまた、インドネシア共和国政府の特別顧問でもあり以下の要職を務め、且つ褒賞を受けている。 国際商工会議所(ICC)の副会長、Publicis Groupe、IMAGINE、Business and Sustainable Development Commission Global Blended Finance Taskforce、Partnering for Green Growth(P4G)の役員、国連持続可能な開発ソリューションネットワークの東南アジア支部と清華大学東南アジアセンターの議長、United in DiversityFoundationおよびグローバルパートナーとのTriHita KaranaForumの共同創設者、MIT Sustainability Initiative Sloan School of Management、Columbia University、Nanyang Technological UniversityのNanyang Business School、およびインドネシア大学の気候変動研究センターの諮問委員会のメンバー、シンガポールサイエンスセンター、ワールドグリーンビルディングカウンシル、グローバルおよびアジア慈善サークルの理事、上海政府からBaiyulan Awardを受賞、Gardens by theBayの創設委員会としての役割に対してシンガポール国家開発省から授与、インドネシア政府、UNAIDS、および国際労働組織から受賞、GT組織のためにインドネシアでHIVAIDS認識のためのイニシアチブを開始している。 Nursalim氏は、オックスフォード大学で工学科学と経済学の学士号を、コロンビアビジネススクールで経営管理の修士号を取得し、ハーバードケネディスクールのWEFヤンググローバルリーダーを卒業、以前、ハーバードビジネススクールでリサーチアソシエイト勤務したこともある。

凄い肩書であるが、量が多いので、いつもの半分掛け評価したくなる。というのはこの人とインドネシアのPT Gajah Tunggal或いはGitiとの関係を自分なりに確認できなかったからである。Giti Groupの副会長というのでその様な会社でもあるかと検索してもそれもTokyo Forumで、Giti Group, a diversified group with real estate development, manufacturing and consumer lifestyleとしかなく、不動産の物件も製造の会社名もない。この大元はなんとLikedinの紹介文なのである。 Gajah Tunggal(GT)と言えば有名なのは両親がイ政府BLBI救済資金の返済問題で国外脱出しているので、もはやNursalimファミリーは株の保有は失ったと思っていたのである。現在の株主は機関投資家と思われるDenham Pty Ltdが49.5%、一般株主が39.3%、そしてタイヤ大手Michelinが10%であるので、創業家が保有していても1%以下となるのか、或いは機関投資家の名前をかりているのだろう。別の資料ではシンガポール上場のGiti Tire Pty Ltdが49%保有していることを見ているので、次は役員から攻めて見ると、GTの会長は警察畑のSutantoであり、副会長はTan Enk Eeとあり、関係なさそうである。辛うじて親戚?のGozaliの名前が見える。さすればGiti Tireの株主から攻めて見ようと、苦心の末、Annual Reportがあって、安心もつかの間、この冊子は関係のないレースや自動車の写真ばかりで数字・固有名詞がないしろものであった。唯この会社こそ世界に伸ばしたGiti タイヤの総本山であり、この会長はEnki Tanという名前は確認できた。 そしてとうとうたどり着いたのはアジア慈善団体の5人の慈善家の中にこのCherie女史があり、それに
Cherie Nursalim considered herself somewhat of a ‘greenie' until she met her husband Enki Tan, a board member of Conservation Internationalとかかれていたのである。
Giti Tire=Gajah Tunggalはインドネシアで2輪車タイヤからスタートして、現在世界の10位見当のタイヤメーカーである。その中身に入ることもなかったが、何にももしてCherie女史がまだGTに力を保有している事さえ解ればそれでいい。
Cherie女史については2009年5月にアジアの慈善家として既に紹介しており今見ると、ちゃんとEnki Tanの字も見える。もっと早く見ておれば回り道も少なくて済んだはずだと臍を噛む。

« 二人のWidjaya、Reggy とJohny | トップページ | Shinta女史は猶Sintesa Group »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二人のWidjaya、Reggy とJohny | トップページ | Shinta女史は猶Sintesa Group »