無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« ReinoとSyahriniプリンセス | トップページ | Dafam Hotelで行き先は決まった »

2021年2月12日 (金)

ジャカルタど真ん中の森林公園Hutan Kota GBK

NNAのジャカルタ随筆で、ジャカルタの新名所を思い出した。NNAのこの筆者の描写によると、そこは、テラスが数カ所にあり植物を植えて緑をふんだんに取り入れて周囲に高層ビルが建ち、撮影スポットにもなる。云々で(縦書きをコピーして横書きにすると、少しおかしくなるので要点を繫いだだけです:筆者に失礼します)。
20201122-4高層ビルに囲まれた不思議な一画の夜景の写真を昔、保存していたのでそこがどこであるか本腰入れて探すことにした。それほど難しくはなく後ろのビル群に多くの見慣れた写真があったからだが、不思議なのはカメラマンが立つ前は大きな池があり、見慣れぬ古民家風のカフェが数軒あることだった。場所の見当は付くので、すぐGoogleでそこに行くと、又見慣れぬ名前のHutan Kota GBKと言うのがと飛び込んできた。GBKとはブンカルノ・スタディアムで2018年アジア大会を開いた場所である。スデルマン通りに沿ったところは我々が昔、ゴルフ練習をしていた場所であるが大会準備のための整備だと言うことで閉鎖され、涙をのんだ思い出がある。
20201122-1なんと、そこがこのHutan Kotaで大きな池を掘った土で丘・や土手を築き、周りに多くの樹木を植えた大市民公園に変貌しているのだ。小川を流し、石橋に直に座って川面に足を投げ出して平然たる二人や、多くの若い男女が憩い且つスポーツに興じている姿は将に南洋トロピカル・パラダイスである。
Hutan-kota-gbk-google-8短い間にこの大変貌を作り出した人々や、その視点に、大人のアーバンライフを作り出した人々に感心する。最近は気候変動で各地で大洪水で荒れてはいるが、インドネシアにこの温暖な気候が永久に続くことを願いたくなった。

この湖の向こうに見える趣味の良いカフェはPlataranと言う名前である。それなら小生が昔、チョクロアミノトの古い家や
00dharmawangsa-plataranダルマワンサのジャワ風建築のカフェPlataranをブログで紹介したこともある由緒ある実業家である。ここに行き付いた甲斐があり、ほっとしたが、NNAの随筆氏の云う場所は南ジャカルタの新モールらしいが場所は書かれてないものの多分、建築好きの小生のブログではきっと又出会うだろうと記憶にとどめることにした。
写真はジャワ建物Plataran以外はgoogleから借用した。

« ReinoとSyahriniプリンセス | トップページ | Dafam Hotelで行き先は決まった »

インドネシア観光地誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ReinoとSyahriniプリンセス | トップページ | Dafam Hotelで行き先は決まった »