無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« セナヤン・パークの遠景ビル群比較 | トップページ | 富豪100位D.Jusufの必須家庭薬 »

2021年2月25日 (木)

二つ目の島Pulau Duaのフィンランド・カフェ

ジャカルタのHutan Kota GBK(ブンカルノ・スタディアム)から目を移して、日本人の随筆に出ていた新しいモール(Spark)を発見した話の小生のブログ「Taman Ria Senayanの今昔」で同時に発見した妙な名前のフインランド・カフェは後回しにしていたので、今日何か書かねばならない。
Pulau-dua-1
写真は昔のレストランであるが、ここPulau Duaのシーフード・レストラン島に出来た、その名前もKOKONUT & CURTAINS BY WAKIMUKUDOというもので、住所はKomplek Taman Ria Senayan, Jl. Gatot Subroto, Jakarta Selatanである。このロケーションは一寸腑に落ちないこともあるものの、あるSNSでもlocated inside Pulau Dua restaurantとあったり、Google MapでもPulau Duaに二つのレストランの印と表示があるので同じ場所にこの二つのレストランはあることになる。決め手は日本人のブロガー“sehari-hari~~ジャカルタ生活日記”の2019年1月の訪問記で“そこにはPulau Duaというインドネシアン シーフード・レストランがありますが、その池に文字通り島が2つあり、その1つに新しいカフェができました”と云う文章に会ったことである。
実は小生自身、あのTaman Riaの湖水に二つ目の島があることを先日初めて知ったばかりであり、逆にガトット・スブロト側の島だけしかないものだと思っており、そちらの方が二つ目の島とは、今日知ったような訳である。
そしてこの住所にKomplek Taman Ria Senayanとあるのは、小生に取って昔の感覚と合わないものである。Gatot SubrotoからはいっていくPulau Dua地区はTaman Ria Senayan地区と敷地内で接してはいる(行き来は出来る)が区分け(出入口あり)されており、Taman Ria側の正門入口はJl.Pemudaである。Pulau Duaはこのブランドを大切にして、隣のTaman Riaの名前を使ってはなるまい。
Pulau-dua-5
こちらの二つ目の島に渡る入口はガトットから入った敷地と島を結ぶ長い屋根付き橋がかかっており、島に付くと左右に二つずつほど建物が並び、ずっと奥にも吹き抜けのレストラン建物が、全体をこの6つの建物でカタカナのコの形に囲んでいたが、この真ん中の敷地は広く、其処にバンド・ステージやキッズガーデンなどがあった記憶がある。 

Pulau-dua-wakimukudo-2
今地図で見てこの島に二つのレストランが同居しているのなら、いくつかの吹き抜けの建物を白く塗りたくり、更に真ん中の敷地に白い鳥かごみたいなネットを幾つも作ったのだろうと推定できる。
所で、あるSNSにはこのWakibukudoは日本語だと言う文章を見つけた(Oh by the way, fun fact, Wakimukudo is a Japanese word that means “the positive light feeling within your chest,” ちんぷんかんぷんである。それは打ち捨てて、このフインランドと日本の関係では小生は日露戦争時に明石大佐(だったかな)がフインランド独立に活動するフインランド英雄と助け合った話は思い出された。

« セナヤン・パークの遠景ビル群比較 | トップページ | 富豪100位D.Jusufの必須家庭薬 »

インドネシア観光地誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セナヤン・パークの遠景ビル群比較 | トップページ | 富豪100位D.Jusufの必須家庭薬 »