無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 大TransPark Juanda Bekasiの建設 | トップページ | Green Central City Candra Naya »

2021年4月 7日 (水)

Omuni、Ongko、EMTEKの登場ニュースを読み解く

先日のブログの豊通アクシア・アパートメントのロケーションを調べているとき近くに、Siloam HospitakとHosana HospitalとOmni Hospitalと、病院が三つもあると頭にあったのであろうか。
Omni-hospital-2
今日、Omni Hospitalについての相反する二つの記事に出会ったので、調べて見る気になった。
一つは“Keluarga OngkoがEMTEKグループのPT.Elang Mediak(EMK)を買収する”というもので (2020.Nov.24) 、あと一つはEMTEK acquired 71.88% of Omni Hospital(2020.Dec.1)であった。
Omni Hospitalは、それを保有する PT Sarana Meditama Metropolitan Tbk(SAME)で上場しているので株主を見に行くと、まだこの会社の株主は変更されてないのか、EMKの名前は無く、親が逆にPT.Omuni Health Careである形である。
オンコーはそういえばこの間、ブログにした通りであるが、確かにオンコーはOmni病院を持っていたことを思いだした。それらの文章を組み立てると、オンコ―が買収しょうとしたEMKは逆にオンコ―がHealth Careを通して持っているSarana(SAME)を買収したようだ。そしてこのSaranaが具体的にHospitals(調べた範囲ではCikarang Bakasi Alam Sutera Pulo Masに病院が有る)を持っていることであり、オンコ―はHealth Careの重要部門である病院を失ったことになる。
株主の変項や役員の変項が公式に登録されない前だと確認は出来ないが、最新の取引所からのニュースではSaranaは更に新株引受権付の増資をやるニュースがあり、その中で既にEMKはSaranaの71.88%を保有している文章がある。既にHealth Careはいないことは確認された。
EMKはこの新株発行を全額応じる計画であり、更なる買収合戦に備えた措置の様に見受けれた。
Pulo Mas にもこの病院はあり、ゴルフの帰りに立ち寄った記憶があるが、この時の写真も紛失しており、Googleから借りた。
Omni-hospital-1

« 大TransPark Juanda Bekasiの建設 | トップページ | Green Central City Candra Naya »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大TransPark Juanda Bekasiの建設 | トップページ | Green Central City Candra Naya »