無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« モロタイの高砂義勇兵 | トップページ | ギブラン君のマルタバーは流行 »

2021年4月16日 (金)

トリコラがモロタイやメナドの観光資源に?

ジョコウイがハルマヘラの飛行場式典に出かけたニュースから、モロタイの日米戦争記念館など現地政府が遺品などの整備展示をしていただいている話を書いたが、
Trikora-tugu-morotaiその日米戦争の記念館には イリアン開放作戦のTrikoraの記念碑もあった。トリコラ(Tri Komando Rakyat)と言うのは1962年イリアン開放に向けた国民の任務として① オランダのパプア国設立を失敗させること ②西イリアンに紅白旗をたなびかせること ③総動員の準備をすることの三大命令を下した。少将スハルトがマンダラ作戦を担当しソ連の武器で装備した大規模作戦であった。ムルダニがRPKAD落下傘部隊総司令官としてを指揮し6月には100名のメラウケ降下させた。この本気度作戦と脅しでオランダは米国の仲介に従うしかなく、7月対オランダ勝利宣言を経て1年後領有となるのであった。先日のSarwo Edhie Wibowoはこのあとの1965年のこの落下傘部隊の総司令官である。
このトリコラ作戦が何故モロタイなのかは思い当たる節は無い。多分にマンダラ作戦の象徴はアル―海戦などもあるが、パラシュート隊の降下作戦であるからであろうか。
日本軍のパレンバン降下作戦の印象も強く残っており、日本の元参謀に助言を求めた話もこれあり、その基地としてMorotaiが使用されたのではないかと思う。Morotaiには米軍がフイリピン奪回用の立派な滑走路もあり、尚且つこのマンダラ作戦の前に対スカルノの反乱(Permesta)が起こり、この時もこのMorotaiが降下作戦の場所であった。Monumen(Tugu)Trikoraはあと一つ、モロタイ島の西のスラウエシ島のメナド近くにも立派に仕上がった観光施設がある。こちらもトリコラ作戦時やPermesta作戦で使用された飛行場や作戦機DC-3 ダコタ機があった故らしい。Tugutrikoradipulaulembehbitung-1場所はメナドから東へ25km弱の対岸である。
他にもしやとGoogle Mapで検索すると国軍(TNI)本部のCilangkap(ゴルフ場)のTNI博物館(Museum Bhakti TNI)にもあるようだ。
161222bahangambar3001800x445ここは国軍歴史の全体の博物館故、全国の戦蹟・記念碑等の紹介でVideoを見たが説明の少ないサイトであった。
マンダラ作戦はトリコラの発出の日からオランダの協定案受諾の日(19 Desember 1961- 15 Agustus 1962)迄で、一方Permestは1958年2月18日の革命政府PRRI宣言(スラウエシは1957年3月:スムアル中佐のマングニ評議会のプルメスタ宣言)から61/9/19 シャフルディン・プラウイラネガラ(革命政府主席)の投降 を経て1962年1月のゲリラ掃討終了までである。

« モロタイの高砂義勇兵 | トップページ | ギブラン君のマルタバーは流行 »

インドネシア歴史」カテゴリの記事

インドネシア観光地誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モロタイの高砂義勇兵 | トップページ | ギブラン君のマルタバーは流行 »