無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« トリコラがモロタイやメナドの観光資源に? | トップページ | FKUIのIMERIビル建設の速さ »

2021年4月19日 (月)

ギブラン君のマルタバーは流行

ジョコウイが、大統領の第三期はどうかとの誘いを打ち消したが、今考えると第三期は息子にやらせる腹を固めたと言うことであろう。自分がソロ市長になってから大統領になるまでには2005年から2014年と9年掛かった計算で、子息には3年しかないので、少し無理かもしれないが1期ずらせばほぼ同じ年限となる。影響力を維持できるかが問題となる。息子のソロ市長になったのは長男のGibran Rakabuming Rakaでそのプロフールをみておこう。
Chilipari-2まだ若いが今回、ソロ市長になるまでに、彼は、Chilli Pariという名前のケータリング事業や Markobarとして知られるマルタバク料理事業を成功させた、いわばスタートアップ起業家として名前を為していた。
生まれは1987年10月1日、ソロでジョコウィドドとイリアナの長男で、兄弟にはカヒヤンアユとKaesang Pangarepがいる。ソロで中等教育のあと、シンガポールで高等学校と、シンガポール経営開発研究所(MDIS)で学び、大学はシドニーの工科大学を2010年に卒業している。卒業後ソロで直ぐケータリング事業を開始した。このケータリングの事業は、彼の7つほどの事業アイデアの一つで、両親の賛成を得られぬまま、応募した世銀の支援制度に認められ、ジャワ・日本・西洋料理と工夫をこめて、従業員数百人を雇用するまで伸びて、ウェディングオーガナイザー事業にも拡げ、2015年にMarkobar、2017年にはSang Pisangを軌道に乗せている。自分もソロのプリンセスを射止め今は子供2人に恵まれている。
2018年には友人たちとKerjaholicと呼ばれるフリーランス求人検索アプリケーションを設立しているが、どれもネーミングといい、中々良いアイデアだと感心する所がある。マルタバーはひと工夫で少し元に戻せば、日本でも流行ると思う。
今弟たちと24もの事業を起こしているそうであるがパートナーはシナールマス系Gandi Sulistiyantoとか元アストTP Rachmatら組んでいるがメインは料理関連とデジタルである。最近このbisnis kuliner料理部門はMangkok Kuと言う名前で、とあるAlpha JWC Venturesと言うベンチャーキャピタルが資本を出して来ている。
Mangkok Ku はライス・ボウルの料理で二人が監査役のPT Pemuda Cari Cuanの下である。バックにインドネシア一番のチェフArnold Poernomo と DPR委員会の専門家Randy Julius Kartadinataがいる。Randyは二人と唐揚げ専門のGaaramを立ち上げている。JWCとはJefrey JoeとWill Ongkowidjaja及びChandra Tjanが2015年に作ったVCで東南アジアで23件、50百万ドルの投資をスタートアップ向けに行っている。それらにはKopi Kenangan、Lemonilo、Tanifund、Tanihub、Kredivo、UangTeman、Style TheoryやBoboboxがあるそうだ。
二人は親父さんの力を借りずにやってきたことを誇りにしているが、親会社でもある株主のHarapan Bangsa KitaとかGK Hebatのバックアップがあるものと見られている。このGK HebatがSinar MasやRahmatと繋がっていると言うところで締めておこう。
上の写真は彼らのfacebookからである。下はAHYとMarkobarを一緒に食べている所で順序でも相談しているのだろうか 写真はTribun.jatengより。
Ahydangibranmakanmartabaksemejadimarkoba

« トリコラがモロタイやメナドの観光資源に? | トップページ | FKUIのIMERIビル建設の速さ »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トリコラがモロタイやメナドの観光資源に? | トップページ | FKUIのIMERIビル建設の速さ »