無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« デポネゴロの一方通行の大学通り | トップページ | YAI大学の風格 »

2021年5月11日 (火)

秘密のオーセンティック伝統料理キラキラ亭

Kila Kila By Akasyaと言うレストラン名を記録していた。何かの縁でダウンロードしたのか、場所はどこかを見ても住所は7th Floor, Jl. Jend. sudirman kav 52-53 No.Lot 4, RT.5/RW.3, Senayan, Kec. Kby. Baruとあるだけで無駄なRT/RWやKebayoran Baruとか書かれていてもビル名は不明である。
Kira-kira-by-ak添えられた数少ない風景写真からはモスクが見え、その奥に高層ビルがあるだけでクイズに挑戦しようと思ったが、遠くにダルマラビルが見えるが、確定は出来ず、この住所でGoogleしてしまった。場所はなんとこの間アップした小生個人の記憶のプルサダの場所である。ここはPacific Placeに行く時右手に雑木で見えない空間である。Googleを拡大すると何か野菜畑みたいに見え、Poldaメトロジャヤ(首都警察)からはアクセスできそうなCafé Gardenもあるから畑に違いない。目的のレストランは7階だというからここにあるWinataのビルだと思ったが、そうではないようだ。そのレストのビルは確かに低層(7階建て)ではあるが、隣がモスクでその隣がウイナタのArtha Grahaビルであるので別のビルである。GoogleにはRestoran bergaya Modern dan Eleganと説明がある、高級そうなインドネシア料理レストランである。オーナーはアカシアケータリングのEnny Latiefと娘さんである。
Kirakira-by-akasya-to-darumara-intiGoogleでDirectionを取ると会社からこのPoldaメトロジャヤ(首都警察)のスディルマン通りの入口で、行きつ戻りつしながらも結局POLDAに入って其処から辿れるようだ。このビルが何なのかは調べるのはやめたが、ウイナタのビル名もGoogle Mapでは表示がない。
レストランはRooftopにあるのでゆっくりするにはいいだろうし、Autenthic(オーセンティック:本物の)、Prestige(プレスティージ:威品のある)タッチを味わえる。
Autentictouchatkilakilabyakasya

« デポネゴロの一方通行の大学通り | トップページ | YAI大学の風格 »

インドネシア観光地誌」カテゴリの記事

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デポネゴロの一方通行の大学通り | トップページ | YAI大学の風格 »