無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« Four SeasonsからMarriottの波間へ消えた? Regent | トップページ | POLLUXのピナクル »

2021年6月17日 (木)

夢のまた夢リージェント・レジby マンクレフール

Mangkuluhurcity1Rasuna Said通りに90年代からあったRegent Hotelが2004年に無くなってからジャカルタからRegentの名前が消えてしまった訳だが現在はどうかと試しにGoogle Mapを捜査するとGatot Suburotoのトミー氏のMangkluhur Cityの辺りにRegent Residenceと字が浮き出てくる。このプロジェクトは初めて知った時(丁度1年前の6月19日)、驚いて「ジャカルタ浦島物語 そのマンクルフール」としてブログした訳であるが、引用すると“トミーはこの横のCrowns Hotelも所有しているが、昔はホリディインと称したがその流れでクラウンも2流程度に聞こえるが、トミーが持つと将に王冠となる。そしてここ4haの土地には最高80階のオフイスビル The Pinnacleの他30階までのオフイスビルとアパート5棟が建つCityになったわけであるが、このMangkuluhurと言う名前は実は、Tommyの子息の名前でもある。“としている。添えた写真はCrown Plaza(16F)を入れたくて棟数が不明確になったが、5棟というのはこのクラウンプラザホテルを入れた、オフイスとアパ―ト、それぞれ2棟の筈である。
そしてこのアパート棟の一つにRegent Hotel・Residenceが入っているのであったが、既に高級ホテルのクラウンが有る処に複数のホテルでもあるまいとしたのかも知れない。今よく読むとここの57階のRegent Residence Towerの16階までがRegent Hotel、17階以上はRegent Residense で46階までが面積が1戸503m²と1戸251m2の組み合わせ、47~57階は1戸1,006m2と1戸503m2の組み合わせである。1階には基本3戸宛設営され、プライベートエレベーターが利用できる。合計10階には個別のプールが付いている。このSky Villaは270度の展望ができる。このような豪華な住宅であるので、Regent Hotelのサービスが提供され個人のパーティーなどのエベントにプライベート・シェフ派遣やBentley Flying Spurs V8での送り迎えなどのConciergeサービスが利用できる。住宅の6割はストラータ・タイトルで販売されるが価格はこの最小の住宅でもRp200億以上となる。平米当り$5,000である。
リージェントはFourSeasonsが売却したあとインターコンチが入手し、このMangkuluhur
Mangkulehur-in-back一番高いタワーThe Pinnacleは完成しているはずであるが検索が非常に難ししくなっている。87階で386メーターというWikiの数字はあるが、これだとジャカルタ最高となる。Youtubeのdrive写真でもそびえているので間違いは少ないはずだ。
このMangkulehur Cityの開発主体は実際はトミーの会社PT Wisma Purnayudha PutraとKG GlobalグループのKG Global Developmentの合弁であり、このKGグループのマスターピースを見るほどに狐につままれている。。。。
まだまだ明らかにされてない部分が多いので時を待とう。
Pinnacle

« Four SeasonsからMarriottの波間へ消えた? Regent | トップページ | POLLUXのピナクル »

インドネシア観光地誌」カテゴリの記事

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Four SeasonsからMarriottの波間へ消えた? Regent | トップページ | POLLUXのピナクル »