無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« サヒッド村を散策、全部Sahid家? | トップページ | Chase/Sinarmas MSIG Tower周り »

2021年7月28日 (水)

スマランのトコ・ウォンとクエ・オン

Toko-oen-semarang
随分前になったがスマランに行った時の名所の一つにToko Oenと言うレストランがある。
Pemuda通りNo.52で、そこの前に立った時は時間が合わなかったので入らなかったが、ネットで見ると中は広々として、良き時代のおおらかさを感じることが出来る。
Tokooen1fa63c01e413098793ae8743bccab75bf
この店の発祥をたずねるとヨクヤカルタのToko OenでLiem Goe Nioが1910年アイスクリーム名物のレストランを開業、更にジャカルタやマラン、スマランに支店を出したが現在は、マランとここスマランだけにしたようだ。スマランに支店を出したのが1936年だそうだ。今のオーナーは創業者の3代目の Yenny Megarajasa.である。  ジャカルタではCiptra Mallで主にRoti やSalad主体のオランダ風料理が供されている店があるようだ。
同じスマラン名物にOng Eng Hwatと言う Kue Semarang(お菓子)がある。お菓子の名前はnian gaoとも言うが 1947年に華人のKwe Mioにより、旧正月用に作られようで、以来色々トライしてきたが、民衆の好みはバナナの葉を使った籠らしく今も続いている。こちらも3代目のオーナーのOng Eng Hwatである。
昨今のもち米など原材料のねあがりにOng氏はねを挙げているそうだ。モールに行こう。

« サヒッド村を散策、全部Sahid家? | トップページ | Chase/Sinarmas MSIG Tower周り »

インドネシア観光地誌」カテゴリの記事

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サヒッド村を散策、全部Sahid家? | トップページ | Chase/Sinarmas MSIG Tower周り »