無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« トリニティ・ランドもある。 | トップページ | 現代ジャカルタはドローンでキャッチ:幽霊ビルドローン »

2021年7月17日 (土)

工業団地にPPアーバン水上都市も

00grand-kemala-lagoon国営高速道路会社のジャサマルガが不動産開発子会社を持っていたが、国営建設会社のPPは相当前から開発子会社を持っている。PP Property Tbk(PPRO)と言い、親会社のPPがが開発分野に多角化したのは1991年で建設分野以外の事業(UNK)で、Plaza PPでのレンタルやCibuburでのPermata Puri Laguna住宅などがある。組織体制の種々変遷のあとPT化したのは2013年である。上場は2015年である。
IDNFの紹介では当社が開発したプロジェクトは、Grand Sungkono Lagoon(スラバヤ), Grand Kamala Lagoon(ブカシ), Grand Dharmahusada Lagoon(スラバヤ)などがある。実際には彼らのサイトにはPark HotelやLittle Tokyo Cikarang、Paladian Park,Lagoon Avenue Bekasi(Mall), Grand Slippi Tower,Gunung Putri Square, Pekan Baru Permai, Pavilion Permata II, dan Payon Amartha,etc 全国的展開で枚挙にいとまがない。

00kemala-dari-ppここで紹介したいのはブカシのGrand Kamala Lagoonであろうか JAPEK高速のBekasi Baratの近くに全体30ヘクタールに15年計画で水上都市を建設するもので、最初のコンドミ(Mixed Use)に、6,070億投入し2棟完工したようで。第1棟Tower Emerald は完売、Tower Barclayも順調のようだ。

00-revo-bekasiこの高速はBekasiの街並みが下り左手にあり、右手はRevoタウンとMakro・Lotteが見える迄は何もない地域だったのではないか。ここにこのような大都市が出来ようとは当時ナノ秒すら考えたことはない。

00toll-cikampek-mar-14-25ジャカルタに帰る道すがらのんびり水田を見ながら通った思い出が有る。
国営会社のその又子会社なので役員トップはサラリーマン経営になるのか否か不明ながら監査役会長はSinur Linda Gustina Mであることは挙げて置こう。

« トリニティ・ランドもある。 | トップページ | 現代ジャカルタはドローンでキャッチ:幽霊ビルドローン »

インドネシア観光地誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トリニティ・ランドもある。 | トップページ | 現代ジャカルタはドローンでキャッチ:幽霊ビルドローン »