無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月27日 (月)

非上場でいたいDuta Palmaと Palma Tower

Menara-palma-rasunaラスナサイド通りとカサブランカの交差点はジャカルタの超高層ビルのオンパレードとして4辻の5つのタワーを紹介したが、その一つはラスナ下り側のPalma Towerである。
ここのビルはいつ建ったのやら誰がたてたのやら、話題にも上がらず建っているが、別途Jakarta Tallestで調べると、34階建て181メーターの第66位に正式名Menara Palma 2としてリストにあった。なぜ2なのかは詮索してないが2016年完工である。

DarmexDarmexそして昨日、そのオーナーを発見した切っ掛けは、やはり富豪リスト潰しからである。
Globes誌の富豪リストでは堂々38位にJan DarmadiならぬSuryadi Darmadiと言う人が居て14億ドルの資産を誇っていて、会社名にDuta Palma Nusantara Groupが出ていて本社所在地がこのビルであった。
ビルのデベロッパーは– PT. Wanamitra Permaiと表示されていたが、それはビル毎に所有を分割し、節税でも図るために付けられる名前で、ここから本当のBeneficiaryを探すのが難しいのであるが、何とか探し出したが、これは
”Wanamitra Permai support Duta Palma’s diversification efforts in the property industry.” と言う句からこの所有者はDarmex (Argo)グループと断じることにしたのである。
併せてこのグループはPalm Plantationでも大手でありDarmex AgroともDuta Palmaとしても名を成しているようだが、23社もあるパームの上場会社の中には、この名前はみつからない。むしろ森林火災などを常套としており、何代か軍関係者が会社で睨みを利かしているようなことは
分かる。Solar販売免許でGugatされたニュースもあるのでこれ以上は調べないこととする。2016年にRoundtable on Sustainable Palm Oilからメンバー解除されているニュースもあるので上場どころではない。


2021年9月24日 (金)

FirstがFAPとは!

インドネシアのパーム業界で上場会社時価総額3番手に聞きなれない会社名がある。FAP Agri Tbkと言う名前である。会長の名前がDonny、社長がRicky Tjandraであり、株主はPrinsep Management Limited というのが 82%もの株式を保有しているものの、どれも聴きなれない。
ネットでは該社は1994年設立でパームプランテーションは110,000haも保有、パームの工場を5ケ所保有し285トン/時の生産力である。決算を見ると売り上げが2.7兆ルピア、損益は過去3年損失で、それが少し減っていると言う現象である。
子会社にはPT Borneo Bhakti Sejahteraなどもある。IDNFの会社紹介ではこの会社は1994年設立の時はPT. Fangiono Agro Plantationであったそうでは本社はMenara Rajawaliとのこと。Fangiono と言えば将に昨日シンガポールのFirst Resourcesのオーナーで紹介したばかりである。
しかしFirstの決算は売上が9兆(US$660,425,000)、純利益は1.4兆($99,673,000)なので、そのまま一致はしないことになる。子会社ではあるが
昨日、立地は多分インドネシアでなのにインドネシアに根差してないと断じたが、ここにあることはある事が確認できた。しかし売上規模的にはFaPはFirstの1/2~1/3であるので、Firstはあと1社保有していることが推定される。それがボルネオかラジャワリかはたまたマレーシアかと言うことで調査は続くわけだが、FAP以上の規模の会社はインドネシアにはAstraかSinarmas以外にないので多分マレーシアとしておこう。


追(9月25日):3番手と書いたが、IDNFの7月2日時点の順位であり、3月24日時点では11位となっている。IDNFは時々狂うので要注意だが現在精査中である。

2021年9月23日 (木)

パームの富豪Firstは新顔or古豪

高齢富豪でまだ列伝アップしてない人にMARTIAS FANGIONO, 80歳が居た。80歳で感心してはいけない。こちらも80歳だが、富豪でないだけであるが、彼は既に次世代のTJILIANDRA FANGIONO, 42歳に引き継いでいる。一寸早いと呟いてはいけない、彼はケンブリッジ大卒のSenior Scholarであるのだ。
Cover-first-resources-arフォーブスの富豪のランクでは、インドネシア第30位の11億ドルである。事業はFirsst Resourceとのみ記載されているが、シンガポール上場のパーム・リファイナリーである。1992年設立とある。彼らのAnnual Reportは簡潔で、誰もが知りたい事項が前面に出されている。つまりプランテーション面積が213,461ha、18工場で年産856,000トンである。リアウとカリマンタンが生産地である。決算も2020年で売上、US$660,425,000、純利益は99,673,000、Equityが 1,063,573,000である。
紛らわしい会社名で、シンガポール上場という、この馴染みのないパーム会社だが、業界の地位はシナールマスのSMAR Argoと比較すると売上は1/4だが利益は互角である。しかしなぜインドネシアTop10パーム会社に入らないのか、この業界は一筋縄ではいかない。

2021年9月21日 (火)

インドネシア資源満喫のLim Gunawanの歌唱

92歳の大富豪Hariyanto氏は当然、仕事は子息Lim Gunawan Hariyanto氏に任しているが、彼はSingerだったと言うのでYoutubeで彼の歌“我找到自己 Wo Zhao Dao Zi Ji”(自己を見つけた)と言うのを見つけたが、本人が歌うのは一寸消されたのかも知れない。子供と言っても歳は相当だからだ。代わりにシンガポールで代表的株式会社の一つにもなったパーム会社のBGAアワードでRp550,000,000とか、いくつもの賞金の授与GALAの祭典映像があったが、会社内部だったのだろうか。
彼はサマリンダ―生まれで1981年に南加大学のBAを取得し父の実業に参加、グループの実業は既に紹介したが上記のパームのBGAはSPR上場大手であるが、多分パームはインドネシアであり、ニッケルもボーキサイトも石炭もインドネシア産で、不動産もインドネシアである。インドネシアで上場会社を探すとかろうじて合板の会社PT. Tirta Mahakam Resources Tbk があった。株主はPT. Harita Jayarayaが78%を所有していた。この会社を上場すればよかろうにと思われる。他に何も付け加えることはなかったが。

2021年9月17日 (金)

Harita不動産部にスントゥールも

昨日のHaritaグループは重厚な精錬ビジネスも目に付いたが、パームのシンガポール上場会社BGA社が華やいでシンガポールのグループの如き動きがある。気になるスントゥールの字が見えたのでいくつかまずニュースを掻い摘んで見よう。

まず2018年7月kontan.idの“Gandeng pengembang Singapura, Harita Group garap bisnis properti di Sentul City”と言うものであるが、Sentul City の一部の土地24haを買って独自に分譲住宅を開発すると言うもので、恐れていた、PT. Sentul City Tbkをどうとかする動きではないことが解って、まずは安心である。
Sanctuary-sentul
彼等のPT Cipta Harmoni Lestariを通じて、シンガポールの、Perennial Real Estateと言うデベロッパーと共同で住宅地を建設するものだがこの場合PT.Ciptaが40%、Perennialが60%の合弁PT Bhakti Bangun Harmoni が主体となるようだ。
プロジェクト名称はSanctuary Cityである。このSentul Cityの中心の24.6haの土地に1,700戸の住宅を建築するが総投資は1.6兆ルピアである。.
彼等はAEONがこの地区のマグネットとなっており、Sampoerna Academyなども計画されていることがあげられている。
このころは未だ写真の通りであった。
インドネシア側は40%で過半数割るがCiptaには別案件もあるそうなのでHartaグループの物件に挙げて置こう。別案件はSerpong Banara (PT Serpong Bangun Cipta )の住宅地開発である。


2021年9月16日 (木)

最年長の大富豪リムさん


Globe誌の大富豪ランキングの上位の内、トップの年齢が最年長の89歳の人は、今迄小生のビジネスエクゼクティブに漏れているのでここで簡単に触れて置く。インドネシア24位のLIM HARIYANTO WIJAYA SARWONOであるが、あまり聞いたことがない。
同誌には彼、Lim Hariyanto Wijaya Sarwonoについては、パームオイル分野でHaritaグループを率いている。資産は15億ドルとだけである。Wikiからデータを取るとパーム・オイルだけでなくニッケル、ボーキサイトなど鉱物鉱業、アルミナ精錬所、海運、木材、石炭、不動産事業を展開する複合企業である。
2014年の政府規制により未加工鉱物の輸出を禁止されたため、ハリタグループとそのパートナーは4億ドルのフェロニッケル製錬所とインドネシア初のアルミナ製油所を9億ドルで建設し、いずれも2016年から完全稼働している。パームオイルの生産はシンガポールで上場されたBumitama Agriが行っているとか、この部門も大手である。今は子息の、Lim Gunawan Hariyanto がCEOとして率いており、娘さんChristina Lim Hariyanto は Harita Kencana Securitasを担当している。

これだけの事業で、あまりピンとくるものがないためニュースでも待っていたが、今日探すと、2020年も富豪にランク、お歳は92歳と増え、資産も12億ドルと増え、ランクは15位に上がっていた。
2021年6月、e -自動車用電池原料である水酸化混合沈殿物を生産するインドネシア初のHPAL工場をスタートさせたニュースもある。

創業は父の代の木材であるが、これも原木輸出禁止で合板に打って出て財を為したようだが、インドネシアの森に入って合板に導かれ、そこに鉱物資源が発見され、政府に導かれ精錬に乗り出し、パームプランテーションで森の土地の富を得た図が思い浮かばれる。
二人を検索しても絵になる画像は無かった。

追:終わりの方は、自棄調になったが、インターネットでは、Gunawan Limの歌がながれ、又会社のBGA Awardのセレブレーションが賑やかに展開していた。スントゥールは少し慎重に迫って見よう。

2021年9月13日 (月)

Bakrie も ChaseもSinarmasへ

少し古いがもう他手に渡っていたのか、ジャカルタのアイコンタワーの記事がある。Epicentrum Tower とChase Towerだが小生は
二つともアイコンといってもよかろうと読んで見たが、結構手こずった。
00rasna-epicen-22-mar-15-66r_20210913104101Beli Bakrie Tower, Sinarmas Land Terus Preteli Epicentrum ...
https://transaksiproperty.com › beli-b...

2018/02/15 — JAKARTA, tpcom- PT Bumi Serpong Damai Tbk.,(BSDE) mengakuisisi 13 lantai dari 47 lantai Bakrie Tower di Rasuna Epicentrum, Jakarta dengan nilai transaksi ditaksir mencapai Rp500 miliar.
Jauh sebelumnya, BSDE sudah mengakuisi lahan di kawasan itu seluas 3 hektare dengan nilai transaksi mencapai Rp868,93 miliar pada 2013. Setahun setelahnya, Sinarmas Land Group kembali mengakuisisi Mal Epicentrum Walk dari Grup Bakrieland dengan nilai pembelian sekitar Rp297 miliar.
Tahun lalu, BSDE diketahui juga mengakuisisi Sinarmas MSIG Tower yang berlokasi di Jalan Jendral Sudirman, Jakarta.
PT Bumi Serpong Damai Tbk (BSDE) melalui PT Duta Cakra Pesona meneken perjanjian pengalihan terhadap perjanjian pengikatan jual beli unit Sinarmas MSIG Tower. Perjanjian pengalihan tersebut dilakukan dengan PT Asuransi Jiwa Sinarmas MSIG.
Seperti dilaporkan Kontan.co.id, dalam keterbukaan informasi BEI, Selasa (28/11/2017), disebutkan objek dalam perjanjian pengalihan tersebut adalah unit-unit hak milik atas satuan rumah susun seluas 35.989,44 meter persegi.
Rumah susun tersebut merupakan bagian dari Sinarmas MSIG Tower, terdiri dari dan terletak di beberapa lantai, yaitu lantai basement sampai dengan lantai 17 (refugee floor), lantai 40 sampai lantai 46.
“Nilai dalam perjanjian pengalihan sebesar Rp 954,29 miliar,” terang Direktur BSDE, Hermawan Wijaya dalam keterbukaan informasi BEI, Selasa (28/11).
Antara perseroan, pembeli dan penjual terdapat hubungan afiliasi. Tujuan dari perjanjian pengalihan ini, sebagai strategi bisnis untuk meningkatkan pendapatan berulang dalam jangka panjang.

ラスナのEpicentrumは建った端はエクセントリックな話題で、当時隆々たるバクリーが開発したので、あのタワーをBakrie Towerと言ってもうなずけるが、この記事では2018年にはシナールマスが買収していたようだ。高層オフイスタワーでも、部分毎のスペースユニット単位での売買が出来る様だ。ここではシナールマスがバクリタワ―を一部約23%買収したようであるが、ここのバクリーのモールも、土地3ha含め先に買収していたようなのでその内、タワーの名前も変わるのであろう。 
00sudirman-sinarmasmsig-2_20210913103001アイコンタワーとなずけたアンコスブロト(グヌンセウ:Duta Anggada)のチェースタワーは逆に一部既にMISGが購入して、早々タワーの名前をSinar Mas MISG Towerとしていたが、何%購入済なのか不明なので、先のブログでアンコスブロトのものだとしていたが、さて、どうしようか。 


2021年9月10日 (金)

TPPIのトップの犯罪

富豪の一角を崩そうかと思うとKPKのケースに突き当り、そして頭に入りにくい石化産業に入らねばならないデッドロックに乗り上げたが、薄くやるしかない。
それはForbesで2018年インドネシア富豪、第138位にランクされた人でHonggo Wendratnoと言う人である。調べようと取り上げるとネットには16年禁固刑、37兆ルピアの国家損失、逃亡汚職犯人の活字が溢れている。それは古い話かもしれないが、ケーススタディになるか、或いはインドネシア語の勉強にもなろうとBisnis誌の記事を粗筋って見よう。
6月22日の記事はタイトルが16年禁固刑のPT.TPPIの創業者Honggo Wendratnoは未だ逃亡者ステータスのままだというもの。
Kilang-tppi

彼は前のTPPI(Trans Pacific Petrochemical Indotama )の社長でもあったが、国のコンデンサーkondensatに指定されるケースで38兆の国家損失を与えたことで16年の禁固プラス10億ルピアの罰金(6ケ月の禁固kurunganに相当subsider)の判決を下された。
判決は主たる起訴と同時にsecara bersama-sama sebagaimana dakwaan primer. 汚職犯罪を行ったことが明らかと宣告された。

それで、裁判官Hakimは、被告ホンゴ・ウェンドラトノに対し、PT Tuban LPG Indonesia の名義のLPG精油所Kilangがある土地建物と同価値の金額(1.28億ドル)も支払うことを命じる判決を下した。
裁判官はこの賠償金uang penggantiを支払うのに十分な財産を持っていない場合、彼は6年間の刑を宣告されること及び検察官(Jaksa Penuntut Umum :JPU)に対しては、官公庁やメディアに対する情報公開するよう命じた。JPUは、この判決で法的に確定した inkrah後においても捜査は引き続き行われると言明。
W.Hの犯罪ケースの共犯者Awak Mulaには元BP(BP Migas)社のトップ及び販売担当がおり、全部で38兆ルピアの国家損失が示されている。
このケースはTPPIの社長が公共サービスの義務事項Public Service Obligation :PSOを示す際にBP Migasへの2008年5月の書信で始まった。
H.Wは芳香族製品aromatik (paraxylene, benzene, orthoxylene, toluene)を製造するとともに石油燃料特にMogas RON 88 (bensin premium)も入れるよう要求menklaimeした。
実際、当時PT TPPIは財政難を抱え、生産を停止し、PTペルタミナに負債を抱えていた。その後、H.WはBPに要求状を送り、TPPIが国内向け燃料生産のためにBPミガスから直接原油/凝縮物を原料として購入できるようにした。その要請でBPのトップは同意し、その後、国家凝縮物の売り手としてPT TPPIを任命したが、任命は手続きに違反した。
つまり国のコンデンセートの販売者としての TPPIへの直接の任命は、指名担当チームを巻き込んでおらず、限定オークションを通じてでもなく、TPPIはBPミガスに登録されておらず、TPPIはフォームやオファーを送信せず、更にTPPIはオープン・クレジットや取消不能信用状を提出していない。BPはその後、TPPIの他の製油所に納入し、H.Wは国のコンデンセート向け処理せずプルタミナが必要としないコンデンセート製品を加工製造した。その結果、加工品はすべてペルタミナに販売されることはなく、他者に販売された。この事件に関連して、元BPミガスの二人も、それぞれ懲役や罰金をを言い渡された。

記事の大要は以上であるが、不思議な気もした。
KPKと言うのは汚職撲滅委員会であるので汚職 = 公務員の金銭贈収賄と考えたがるが、国家に損害を与える事件であるので、このケースで何処に金銭贈収があったかとかは民間同士なら、勿論直ちに記事にされるものでないだろう。ここではTPPIもBPも民間だと思われるが、TPPIは国営プルタミナの子会社であることが今判った。公務員なら通常富豪は生まれない者と思っていたが、疑問はH.W氏の富豪になった鍵を知ることがテーマであったのだ。
その前に燃料或はその他国家の基幹産業の法令違反もKPKの対象となるのだ。

2021年9月 9日 (木)

ジャカルタ・トップのAXIATA交差点

メガクニンガンのExelkomindoを買収したAXIATAのビルは結局Rasuna Saidにあることは判ったが、メガクニンガンの地図を示した8月10日のマイブログのビル探訪「RDTX -> 中国大使館 -> Co.Hive -> XL -> Rajawali -> JW.Marriott -> Mutiara -> Ritz Carton 戻って道なりに -> Oakwood -> Noble House -> The East -> Sun Life -> Prima -> BTPN -> Bellagio Mansion ->GP M-K -> Satria」
のXLは、昔Marriottの方の壁に広告があった気がして記載した間違いである。
00oakwoodmega-keningan-aug14-6
序にOakwoodの裏側を辿ると、ここにBellagioがあり南に下るとMenara Dea 1のあと、離れてMenara PertiwiとかSopo Del Towerが続くが、名のあるものではなさそうであと、本物ではないKadinやTempoの字が浮き出たりするのでやめるが、Rasuna SaidにあるAXIAのビルはGoogle MapではXL Center Axiata Tower (XL-Axis Center)と表示されている。 ネットではXplor Axiata Towerとも言うようで、このビルのテナントとして2018年より、インドネシアでの本社として使用している。インドネシアにはXL Axiataの顧客は53百万人で全国89都市に78支店+135ブースを持っている。ここはSatrioとRasunaの交差点で、よく見るとここはジャカルタ随一の高層ビル交差点となっている。他のビル名だけ挙げて置こう。
Gama Tower   :69階 286m
Trinity Tower    :50階 263m
Palma Tower    :34階 181m
Cyber2 Tower  :33階 156m
そしてこのAXIATA:37階 169m
ジャカルタ・トップのビジネス交差点であったのだ。
Axiata-cyber-trinity-palma

2021年9月 8日 (水)

Satrio通りのOrchard TowerやAXAやAXIATA

Satrio-tower81972_300x415
Mega KuninganをSatrio 通りから入ってぐるりと中を回って又Satrio通りの、別の出口からSatrio通りに出てくるところに知らぬ間にSatrio Towerと言うオフイスタワーが建っている。 CTBUHのデータではThe Orchard Satrio Towerと言う44階、171mで、2017年完成というのがあった。 この通りをシンガポールのOrchardを標榜していたと言う証になるが、デベロッパーCiputraの言であったと思う。 このあいだ、場所推定で手こずったCiputra World 3ではないだろうかと思ったが、念の為Google Mapを探すとCitutra World 3ではなくCiputra World 2を示している。 

Satrio-orchard-tower-googlCiputra World 2は未だ動いているので不確かさが残っているようだ。日本の戸田建設がここでNewton Tower 1-2に参加する話で調べた時もはっきりしないことがあった。Googleで写真を見ると右の大きな方がTokopedia Towerのようで、左の3棟ほどが或いはNewtonかも知れないが、これがSatrio Orchardかも知れない。総師が亡くなり、Tokopediaも大合併を控えているゴタゴタがあるからこれはこれで正しいこととすると、最初の出口に建つSatrioは別口となる。
結論としてこちらはCiputraの盟友Brasali グループが建てたSatrio Towerで、Skyscraper Center のデータでは29階137メーターとなっている。隣には古くからあった同グループのRiFaビルがある。そこには日系企業も入居していたはずだ。Satria Towerが非常に高く見えるがRifaが6階であるので5倍とすれば縮尺は合う。
そして今写真のSatrioの後ろが、昔のExcelkomindo(Marriott)でその右隣がRajawali、でその右隣はOakwood、でその隣がCohiveである。 Kota-kuningan-mae小生が自分で取った写真はこれが建つ前に、Satrio通りに未だ2階建て高速が建設中の時代のKota Kuningan(AXA Tower) からである。フランス本部の保険のAXA Towerは45階195メーターでA.Podomoroの開発である。
所でExcelkomindoを買収したのはAXIATAでありAXIATA TowerはRasunaに面している。 いずれ又。
何でもそのまま受け入れ、その通り記憶しない限り、物事は綺麗に整理出来ないことに気付いた。

2021年9月 2日 (木)

マヤパダ タヒールのブログ

不動産会社の上場会社にMaha Propertyと言うのがあるが、株主欄にJonathan TahirとTahir氏が夫々34%、17%保有し合計で51%の過半数となる。Tahir氏と言えばDato’s Sri TahirでMayapada Bankの創始者で現在でも資産33億ドルのインドネシア富豪第10位である。

23000363_1774500536183807_75340415408142このPT Maya Properti Tbk でのプロジェクトにはThe Kahyangan と Simprug Signatureというコンドミがある。KahyanganはSoloでのMixed Useで7haの土地に2棟のアパート、2棟のオフイスタワー及びTownhouseやShopping Centerで構成する。Simprukは5haに7棟のコンドミ建設、1棟はThames Tower 43Fで販売中である。

00sona-topas-tower-2014マヤパダについては2015年に紹介しているが、其処にはMayapada Tower 1 & 2、 Menara Topas、Permata Tower 1、Sona Topas Towerも保有するものとされていた。以前記載の物件Kelapa Gading CenterとAmbassadorは現在記載がない。
以下その他の事業内容を確認する。
*バリではMal Bali Galleria及びRegent Bali Hotel and Residence in Sanurがある。
*Mayapada Hospital全国に展開中
*Duty Free Shoppers(owned by LVMH)でジャカrタとバリにあるそうだ
*雑誌出版ではForbesを共同出版、ElleやInfoBankにも関わっている。TVではPT Banten Media Global Televisi (MYTV)、PT Metropolitan Televisindo (RTV) (20%, minority)がある。
*保険業では合弁形態でPT Sompo Insurance Indonesia (Sompo)とPT Zurich Insuranceを保有
Mayapada Bankは以前より台湾のキャセイ生保が株式を取得し37%の株主になっているし、最近3月Liang Xiangという投資会社も12.6%で参加しているが、Mayapada KarniaやFamilyは34%を維持しているようだ。グループはMayapada Foundationと言う財団を通じ大口献金を行って来た歴史を持っている。

2021年9月 1日 (水)

3回出会ったParamount

Paramount Restaurantなどを除き、企業としては、まずParamount Hotelで引っかかったSintesaグループであるが、同グループはマイブログ“Shinta女史は猶Sintesa Group”で紹介している。
00peninsula-hotel20100601Tigaraksaなどを有する富豪Johnny Widjajaの不動産部門でジャカルタのDuta Building、Menara Peninsula、Paramount Hotelやプラウスリブ島のHiyu Permai リゾート、Minahasa Permai Resort、他 Manado, Palembang, Baliに物件があると紹介していた。 

この中のParamount HotelはグループのものでなくMenara Peninsulaの運営をさせているシンガポールのYTC Corporation(Peninsula Excelsior Hotel)のものの様だがそれも売却しているとのことであり、その旨修正補足しておこう。

2番目がBatik Kerisグループ創始者の2代目(故人)の奥さんのLisa Sindoro女史(63歳?)で娘たちのDan Lyriisの会長でもある富豪で、併せて不動産・ホテルのParamountグループを率いていた。

00paramount-plazaこれが3番目に出会ったGadingSerpongのPT Paramount Enterprise Internationalと同一ではないかと探るのが今日の目的である。この会社は非上場で役員一覧は中々ないので、ニュースの端々からうかがうしかない。先日社長はErvan Adi NugrohoであることはわかっているしLippoのMeikarta関連の汚職事件で証人になったニュースもあった。そしてこのLippoの幹部はEddyとBilly Sindoroと言う名前でLisa Sindoroの弟たちであることは昔から掴んでいた。
そして日付は不明であるがOxford Business社のサイトにParamount Enterprizeの当時のトップ役員であるEddy Sindoroとのインタビュー記事があった。そのことだけでSummareconのGading Serpongから出て来たParamountと、Batik Krisから出て来たParamountが一致したのである。

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »