無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« スンガイブディのWidartoファミリーも堂々富豪 | トップページ | ミルクを飲もう 兼松さんのお陰でチモリーも有名に »

2021年12月21日 (火)

Anderson Tanotoは繊維産業で大統領が賞賛

先のSukanto Tanotoが創設したRGMグループの昔の名前Raja Garuda Masを英訳にするとRoyal Golden Eagleと新しい名前になるが頭文字はRGMと変わらないのだ。このRGMグループの事業グループはいくつあるのか明確を書くので新しい名前でそのサイトを訪ねると以下の様に8つの名前が出ていのでこれをA~Dで集約すると;
A)APRIL      Asia Symbol
B)Asian Agri   Apical
C)Bracell     Sateri     Asia Pacific Rayon
D)Pacific Energy
である。
Asia SymbolとApicalは紙パとパームの部門に属する2番手の会社であるが、例えばAsia Symbol社はAPRIL社と同様なビジネスを山東省と広東省に工場を持ってやっている。
C)でくくった部門はSPECIALTY CELLULOSE & VISCOSE FIBREというとされている。ここに3社がリストされているので簡単に3社を紹介すると;
Bracellは2003年にブラジルで事業を開始、パルプと特殊セルロースの溶解における世界的な企業となっている。ユーカリなどの植林地約234,000ヘクタールを持ち、そのうち約83,000ヘクタールが環境保全地域とされ、年間75万トンのパルプ生産能力を持ち、事業を展開する2つの州で約7,000人を雇用している。
Sateri は5つのビスコース工場と年間140万トンの容量をもつ、ビスコースレーヨンの世界的企業である。再生可能なプランテーションで栽培された木から作られた天然で高品質の繊維は、快適な繊維製品や肌に優しい衛生製品利用されている。
Asia Pacific Rayon (APR)は、プランテーション植林からビスコース繊維まで、アジアで初めて完全に統合されたビスコースレーヨン生産企業で240,000トンのキャパを持ち、APRIL社などに供給している。
この分野は繊維材料となったレーヨン繊維産業でブラジルから中国とジャンビのケリンチに広げて運営されて、何れも世界のトップ企業に列しているようだ
Mobile05a_ourbusiness_02_20211221112401少し古いがスカントは昨年2月リアウ州ペララワン州パンカラン・ケリンチに上記のAPR)工場を‐プンしたとき、ジョコウィ大統領が駆け付けてお祝いのスピーチを頂いている。その時、会社の役員になっていた息子のAnderson Tanotoを賞賛し、言葉を交わしている。賞賛の言葉は“Saya panggil Mas karena masih muda tapi pintarnya setengah mati“と言うものであった。
Andersonは2013年より、RGEのディレクターを務めているが、大学はペンシルベニア大学ウォートンスクールで経済学の理学士号を取得、シンガポールのグローバルコンサルティング会社ベイン&カンパニーで2年間働いている。スカントは教育の向上、リーダーの育成、医学の支援、生活の改善に資するためタノト財団を作っている。子供達4人Andre Tanoto. Imelda Tanoto, Belinda Tanoto, Anderson Tanotoが活動している。アンダーソン・タノトは姉のベリンダ・タノトと共に、フィランソロピー・アジアの英雄としてForbesがリストアップしている。Anderson は その時31歳で、同時に財界KADINのブラジル友好振興部の委員会長も務めている。

このタノト財団は2013年米国Wharton Schoolと共同でリーダーシップスキルを深めるためのタノト・イニシアティブを立ち上げ、ガジャ・マダ大学とインドネシア大学が参加しているがその前に財団はフィラデルフィアでWharton Dean賞を受賞していた。
2018年に中国でトップ10の慈善企業賞を受賞したり多くの賞をもらっている。
そして、ジョコウイが推進するインドネシアの新首都カリマンタンではスカントは既に林業会社(PT ITCI Hutani Manunggal)を保有し東カリマンタン州ペナジャム・パサー・ウタラ・リージェンシーの161,127ヘクタールの面積の植林権を保有している。この会社がRGMのパルプ部門のPRIL/RAPP社への木材原料を供給してきたのである。
汚職や脱税や逃亡に近い印象をもっていたが、どうもその後、ジョコウイも賞賛する人物・グループになっているようだった。

以前以下のブログも書いている。
インドネシアの富豪が新首都建設で大儲け

先週のブログに追記:
スカント氏の誕生日は1949年12月25日だ。青少年期から父のモーター商会を手伝っており、学業は高校中退か(当時華人の教育に対し反対の暴動がこのメダン市のBelawan町で起こったそうだ)

« スンガイブディのWidartoファミリーも堂々富豪 | トップページ | ミルクを飲もう 兼松さんのお陰でチモリーも有名に »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。