無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月28日 (金)

SGBかMABAかABMAかSAMALIかESSENCE DARMAWANGSA

00essence-darmawangsa_20220128100401日本のスターツ社も販売物件を持っていた南クバヨランのEssenceと言う高層アパートは Darmawangsaと言う名前も付いていたこともあり、何度も取り上げたが、ここを開発した人物には長く迫ることが出来なかった。その理由はちゃんとしたグループ名もなく、逆に気になる物件名や当事者名が多いからである。Essenceで迫った過去ブログでは、開発はPT Prakarsa Semesta Alamで、その親会社はSALIGADING BERSAMAと分っている。今日、このグループはこの親会社名からSGBグループと言うのを見た。しかしこの会社名の上場会社はない。
偶々トミーのNifarro物件を調べる内にこれがSGBとの合弁で心当たりはないが役員のJOKO MARGONOとADRIAN BRAMANTYOを挙げていた。このグループの保有物件にEssence Darmawangsaの他Ammi, Allium, Arum, AzaraなどのHotelを持っていることが気を引いた。その後大手AgentのKnight FrankではAmmi Residence @ Essence Dharmawangsa
の名前を紹介していたが、他のEssence探訪記でDevelopperはSGBだが、SGBの株主はABMAで、SGBはNifarroやSamala ParkをもっていることやSamalaホテルグループの裏のバックでもあること、正式な設立者はMusyanifであること、彼がD-ホテルのオーナーかも知れないが正否は判らないとしていた。その他紹介記事でHotel関係はSamaliというブランドでグループ化していた。今日再度上場不動産会社の中にPT. Marga Abhinaya Abadi Tbk(コードMABA)を見つけ上のABMAかなと思っている。そしてMusyanifはBRAMANTYO の父親らしいことも見付け彼とのインタビュー記事が有ったのでさわりを引用しよう。
1) 記事は2014年と古いがAdrian Bramantyo MusyanifはSamali Hotels & ResortsのCEOとなっている。(先のデータでは名前の一部が省略されていたことになる。ニックネームはBramという事は書いてあったが、肝心の苗字がなかったのだ)
2) 彼はUIを卒業後PPに入社しPP大学設立にかかわったが卒業後は父親Musyanif Rolesの不動産業に参加した。
Ammi-samali-2Ammi-samali-2
3) SamaliのLogoはハイライズ建物の3要素を表し意味はサンスクリットで花束を表す。現在Aの付く花の名前のAmmi, Allium, Arum, Azaraを束ねている。AmmiはCepuでの5Star Hotelである。
4) SGBのEssenceはSamaliと姉妹である。Essenceには4棟あり他にNifarro、Royal Betawi Apartments in TangerangやNew apartment in the Cipulir area.がある。
5) ビルゲーツが進めている世界の医療サービスの為の献金で彼は5百万ドルで参加し、インドネシアの他の実業家にも勧誘し、Tahirも参加した。
他の資料から前後を無視して要点をアップすると
6) このSamali HotelとDream Foodの部門を担当するのがMarga Abhinaya Abadiで2009年に上場している。
7) Margono氏は1979年ITS卒で永くKAI出勤務したのち 2016年にSGB入りしているようだ。
8)父の代の話はなかった。
9) 上のBAMAの子会社にPT. Anugerah Berkah MadaniとPT. Dream Foodがある。Anugerah Berkah Madaniを省略すると、上で出て来たSGBの親会社のABMAとなるがこれでは親子逆となる。しかしSGBはABMA Landとか買収し大きくなったようだ 確かにBAMAの株主は一般が7割で、SGBが15%ながらメイン株主である。
10) SGBの説明では2004年設立で不動産開発、ホテル、IT、海洋文化(aquaculture)、エンターテインメント、食品となっているので、魅力はないが、やはりこれをグルプ名としよう。

Samali-hotel

2022年1月27日 (木)

Plaza Sentralは市の中心のプラザ


IndofoodのSudirman PlazaはPlazaが後ろに付く。普通前に付いて、例えばPlaza Semanggi や Plaza SenayanはPlaza Indonesiaを始祖とするShopping Plazaの命名方式かと思ったが、Ratu PlazaやBlok-M Plaza、Gajah Mada Plaza、Glodok Plazaと後ろに付くものもいくらでもある。古くは後ろに付けていると思ったが、余りルールはなさそうだ。
00plaza-sentral
Plaza Sentralは1984年であるのでもう古い方である。周りのリソナのビルも昔のDKBのWisma Sudirmanも建て替えられている。ここはスドノサリム系のビルで、建った端は丸紅さんが入っていたが今はインドマルコやオニツカなど日系は2~3社である。 
00-sentral-plaza-belakang裏に駐車場兼用ビルがあり、マクドナルド、中華(或いはスターバック)、バオバオコンビニ、アチェ料理レストや植民ジャワ宮廷料理Kembang Goelaなどがある。基本、車はくるりと回れるようになっており、一応プラザを装っている。
Plazasentral-photo1984
ビルオープン時の宣伝ビラの写真を発見したが1984年1月だから丁度38年で、戦略的立地とモダーンを売り物にしており、今は無きWisma Kosgoroに居た当時のAgent王手Procon Indahの広告である。21階建てで独自の冷房設備と6台のリフトが売り物であった。昔はかんぱちだったか日系料亭もあった。いい時代だったのだ。
ショッピングセンターを2016年頃数えたことがある。全部で230ほどもあり。プラザを名付けるのは51ケ所モールを名付けるのも51ケ所あったが、どちらも後ろに付けた方が優勢であった。あとはSequareやCenter、ITC、City….などなどである。

2022年1月25日 (火)

モナリザ、ダヴィンチのDr. Doris Phua

00davinci-2014
ミッドプラザの横にDa Vinci Towerが建ったのはもう20年近くも前の2003年だったのだ。ここにはセレベスの財閥Indaudaグループのビルが建っていた。当時は何度か来たことがあるが危なっかしいビルのイメージがある。そのイメージもあってか、新しく建ったビルには余り感激もなかったので、中に入ったことはない。
00da-vinci
今見るとあれから中世欧州文化で大分おシャレも施されタワーなどと呼ばれると立派に見え、訪問もしなかったことを残念に思う。34階で177メーター(実際は159m)でオーナーはTony Phua ・ Dr. Doris Phua Ph.d夫妻で高級家具に従事している事業家である。Dorisはホノルル大学に留学しているときTonyと知り合いシンガポールで事業を始めた時は1978年であった。(DaVinciを設立したのは1994年)
正面入り口近くにモナリサの絵があるそうだ。全体の12フローアはDa Vinciグループのショッピングアーケードに使用され22階はペントハウスとして300億ルピアの分譲住宅らしいが全館高級家具に満ち溢れているのだろうか、家具の他宝石・食器類もメイン取り扱いである。彼女は2001年にシンガポールでWoman Entrepreneur of the Yearに選定された。

2022年1月24日 (月)

消えたSudirman Plaza?

Sudirman-plaza
Sudirman 随一の高層アパートThe Peak at Sudirmanの隣り奥のSudirman Residenceを紹介したが、ここにはIndofood Towerの後ろ側にあたるのでIndofood Towerからも来ることが出来るそうだ。その時見ていた地図上にSudirman Plazaと言う文字が浮いていた。
Dsc_0166-2
この名前のShopping Plazaはないはずだがと思いを巡らすうち、それは確かに昔、その様に呼ばれた一角があったことを思いだした。このSudirman Plazaは左手のTowerがIndofoodで右側はMareinTower(23F)の2棟が建っているが、いつの間にかSudirman Plazaが無くなりPlazaの名前はPlaza Marein として残っている。中に入るとPopolamama とかBaskin RobbinsとかいくつかのレストランはあるがShoppingではない。そしてIndofood Towerの方の28FにはThe Mayflower, Jakarta – Marriottと言う4スターホテル兼サービスアパートがある。このビルにはIndofoodの本社やIndobiskuit Mandiri Makmurなどの会社が占拠しているので、他にAustindo Nusantara やSuryamas Dutamakmur Tbk.も入っているがIndofood持ち物であろう。全体の建設は PT PT Adhi Karyaが請け負ったものだ。
20150201-193-2
Plaza Mareinは明確に分譲タイプとなっている。MareinとはPT Maskapai Reasuransi Indonesia Tbkと言う会社の愛称である。再保険会社であるので馴染みがないがインドネシアでは一番古い1953年設立、1989年上場の会社である。一応株主と役員を記録しておこう。
株主は輸入業なのかPT Graha Sentosa PersadaでRobby Loho監査役会長とYanto Jayadi Wibisono取締役社長である。
そういえばこのビルの直ぐ右隣はPrudential Insuranceであり、右奥はMSIGシナールマス保険のビルで、図らずも保険ビル街であったのだ。

2022年1月19日 (水)

Sudirman Mansion Residenceも多数

マイブログ「Menara タムリン vs Menara スディルマン」でジャカルタを代表する通りの名前を冠したオフイスタワーを戦わしたが、アパート迄物件を拡げると多くなる。オフイスとタワーに分けて見たものの、多くはオフイス兼アパートである。
Thamrinと名付けたのオフイスは幸いにもMenara ThamrinだけであったがThamrinとなずけたアパートは昨日「Thamrin Residence etc Thamrinの物件」で完了したので今度はSudirmanの部となる。
Sudirman-residence
まずはThamrin Residence vs Sudirman Residenceと考えると、Sudirman Residenceは流石ちゃんとあるが、だれもが知っている物件ではないものだった。場所はSudirman 通りのPrudential Towerの裏側に立派な4棟の高層アパートのThe Peak at Sudirmanの更に裏隣りで地名はSetia Budiとなる。
屋上プールのあるペントハウスもあるが、ここは4階建て60戸のタウンハウスというべきものであった。近くにSetiabudiの役所がある閑静な所だ。
00setiabudi-aug-15-21
序にと言うか、このThe Peak at SudirmanこそSudirmanのResidence部では代表とすべきであるが偶然にThamrinの代表のThamrin Executive Residenceと同じAgung Podomorono開発である。こちらは2007年完工の4棟で、55階建て218メーターが2棟と35階建てが2棟で、35階建ての方はFraserがサービスアパートとして運営しているFraser Residence Sudirmanとも言われる。55階建ての方は同じPodomoroグループのPakubuwono Signature(2014年、50階252メーター)の高さに抜かれる迄高さジャカルタ一のアパートであった。尚本案件では小生のブログWoodの不動産で取り上げたPT.Greenwood Sejahtera, Tbkがパートナーである。
Aryaduta-belakang-semanggi
続けると、同じSetiabudi区には、そこから数ブロック下った所、Sudirman Tower Condominium と言うのがある。そこはAryaduta Hotelのあるブロックで、Lippoが運営しており、彼らはSTCと呼んでいる。 そこからSudirman通りの向こう側に渉ると森ビルの隣にSudirman SuiteというApartがあるが、これは何度も調査してアップした物件でPIKKOが開発したが、無事維持しているか心配だ。
0sudirman-mansion-backed-sudirman-tower-
南に下ってSummitmasの手前に前回アップしたMenara Sudirmanの裏手にSudirman Mansionがある。自信はないがさぐり出したデータは35F、145m2である。ここは場所的にはSCBDに属する。207戸のマンションでオーナーはPT. Savitya Tridayaしかわからない。35階の145m2の3LDKが70億ルピアで広告していた。足元がGrand luckyという大きなスーパーマーケットがある。
Pb130036-2
その他Sudirmanと言う名前に自己の固有ブランドなどを加えたSahid Sudirmanや Tamansari Sudirman Executive ResidenceやCITYLOFTS SUDIRMANなどがあるが、それらは固有名詞入りであるのでゆっくりフォロー出来よう。
CityLoftの斜め後ろ或いはPavilionの横にSudirman Parkの4棟がある。前回取り上げたが、そのブログでは、小生がジャカルタにいる間は未だ出来上がってないものと思っていたが、この通りである。
Mas-mansyur-aug2014-6

2022年1月18日 (火)

Thamrin Residence etc : Thamrinの物件

Thamrin-resi2013
Mas Mansyur 通りをApartemen Pavilionを過ぎ、Sudirman Parkに来てCasa Domainを過ぎると、ぐっと見えてくるのが Thamrin Residenceである。中の一番高い棟はThamrin Executive Residenceだ。ここはGrand Indonesiaから歩いてこれる裏側の一体でThamrin City Mallもある。Thamrin CityのMas Mansyur側入り口には隣接Cosmo Terrace Mallが隣接している。Thamrin ResidenceからはWadokを側に直ぐインドネシア1高いThamrin Nine(Autograph) Towerがすぐそばである。あとオフイスとしてはサリパシ辺りにブログ済のMenara Thamrinがある。これらがThamrinと名付けた主なものでこのResidence関係のみ、未だブログ化してなかった。
ここのResidenceには友人が住んでおり、会社にも歩いて行ける職住近接を早くから実現していた。このResidence側とCity Mall側はCosmo Terrace - Thamrin City通りがあるが多分全部少なくとも4つの物件はAgung PodomoroとJakarta Propertindoの共同開発である。 実際Wikiですら混同があり、どれがどれか分からないがGoogle Mapなどと照らし合わせ以下の様にまとめる。
Thamrin Excecutive Residenceが2011年完成、45階建て183m、
Thamrin Residence x 5棟 2009年++ 146m
Cosmo Terrace Tower:2007年:Thamrin City Mall のMansyur側の南入り口に立つ30階建て2連棟に見える建物である。下がMallでここからT.C.Mallへ繫がるように展開か

Thamrin-city-16aug-9

Thamrin City Mallはこの南入口からKebun Melati通りの正面入り口やG.Indonesia側Ascott Jakarta側のT.C. Terrace入口まででここに20階建て程度の3連棟がある。これをThamrin City ビル3棟と数えれば全体で3+2+5+1=11棟となるが。。
Thamrin-city

2022年1月16日 (日)

PavilionとSudirman Parkのエクセル検索機能

パソコンのPrintScreen Keyが壊れていたのを嘆いたのはブログ「Kebon Sirihのガルーダの家」で、つい1月6日でもあったのだ。そしてそれが1年振りで回復したのは、1月13日で「Jakarta Nightの動画のScreenshotの機能」の通りであった。

00pavilion-amartemenそのJakarta Night Shotに写っていたApartemen Pavillionは、会社からも近く、とあるバンドン在住の華人が所有していた部屋があり、あまり使わないと言うので友人がちゃっかり甘えていたことを思いだす。このアパートは4棟あり、醸し出す雰囲気は小生の好みでうらやましかったが、誰が開発したのか今調べようと小生作成の物件リストのエクセルを開いて検索すると一向に出てこない。Sudirman Parkも検索したが此方も出てこない。Excelの場合、検索機能が良く働かないとの印象が昔からあったので一語ずつ探してみたらPavilionがあった。よく見ると綴りが間違っていたのである。アパートのインドネシア語はApartemenで小生が間違ってるわけではないが、Pavilionの綴りのⅬは一つであった。Sudirmanの方は多分、いくつも検索をやっていたのでパソコンがhangした状態だったのであろう。探した目的のデベロッパー名はPavilionがアンコスブロトであり、Sudirmanの方はアグンポドモロであった。
00dsc_0139
Sudirman ParkはMas Mansyur通りの奥の方の果物畑の間を潜っていく都会のドマン中にあるようで、その田舎振りとその中のモスクについて過去ブログにしたほどであるので今もって、終に開発されてしまったのかとの感興が湧く。

多分検索範囲の指示まちがいとかあったのではないかと今日、再度検索してみると百発百中でできた。不思議ながら、今後はExcel検索も信頼してやろうと思う。

2022年1月14日 (金)

PETボトルに感謝、世界一のイ(タ)

Forbesの富豪ランキング」で些細に変わるとしていたのは、株式市場連動とか仕組みだけで、富豪の紹介記事内容は殆ど変わらない、付け刃臭いという事だ。Lohiaについて小生が2016年に富豪シリーズで紹介した内容は以下の様で余すところがない。
Indorama
「2013年の世界億万長者のインドネシア人は日本も負かされた25人もいたがそのNO.2 に繊維産業の人がいて驚いたことがある。 2016年では3位、世界でも341位の資産47億ドルである。その人はインドラマの総帥Sri Prakash Lohia (52年8月生まれ 63歳)である。インドラマはタイの工場がメインでインドネシアにはIndorama Syntheticなどを保有している。
彼は北インドで生まれデーリの大学卒業後父親と共にインドネシアにスパンヤーンの製造会社P.T. Indorama Synthetics を設立した。ポリエスター生産を起こしたのは1991年で更に1995年にPET生産に入る。今はインドネシア国籍を取得している。 .
バンコクベースのIndorama Ventureで世界18ケ国でオペレートするグローバル企業に育て 今や5百万トンのポリエスター生産は世界最大のでありペットボトルのPETは世界の1/3の需要をまかなっているそうだ。インドネシアでのIndorama Synstheticsは上場会社でプルワカルタ工場でキャパ28万トンで製造している。6割を占めるポリエスターの他に25万錘を保有しスパンヤーンおよび織物の生産をしている。 又5年内にインドネシアに5百万ドルを投入し石油化学プラントを建設予定である。既にナイジェリアではアフリカで最大のオレフィン プラントを保有している。彼は世界最大の製鉄業のMittelグループのLakshmi Mittalと義兄弟である。」

今、Forbesのビリオネア―シリーズでは2021年版で彼はインドネシア3位、62億ドル資産となっているが、説明は以下のみである。
• 彼の富の大半はPETや他のペトロケミカルの生産から来ている。
• 1970年代、父と共にインドからインドネシヤにやって来てスパンヤーンのIndorama Corpを設立した。
• 今はペトロケミカルの強力事業で肥料、ポリオレフイン、繊維原料、医療グローブを生産している。
• ロヒアは会長を維持しながらロンドンに住み、息子のAmitが副会長でいる。又彼の弟Aloke Lohiaもビリオネアでタイに居住しPETのメーカーIndorama Venturesを経営している。
だけである。上記の小生の記述に加えるとすれば最後の部分のみである。
Indorama_20220114093201
PT Indo-Rama Synthetics Tbk (INDR)は紡績糸・混紡糸、ポリエステルフィラメント糸(マイクロフィラメントヤーンを含む)、ポリエステルステープルファイバー、ペットレジン、繊維グレードチップおよびポリエステル布(グレー、仕上げ)の製造、電力生成に従事しており株主はIndorama Holdings B.V はロッテルダムの名義会社のようだが持ち株を増やして51%に達している。このINDNの監査役会長がSri Prakash Lohiaであり、Amit Lohiaが副会長である。売り上げ規模は例えば2021年第III 期227.153.352 USDとありこの4倍規模である。9億ドルとすると13兆かな。PETボトルとなるとタイのIndorama Venture が世界トップで33ケ国拠点で展開しており売上規模2020年で106億ドルである。製品構成は異なるが、日本のクラレは2020年5,417億円、東洋紡3,370億円、ユニチカは1,103億円規模となる。

PETとはポリエチレンテレフタレートと呼ばれる樹脂で、同じポリエチでは海洋汚染の象徴とされたレジ袋がある。共に家庭からは管理されたリサイクルの流れに乗るので問題は家庭外で捨てられ川で海に運ばれるところが問題だろう。レジ袋は管理しても燃やすだけで又炭酸ガスが放出されるので問題だがPETは将にリユース・リサイクルが出来ている。ボトルのキャップはPP でPEと異なり一時「エコキャップ運動」で別の扱いを強いたりしていたが、これらの集別は重力差など一時水に通すとかで出来るはずであり、外で捨てない限り我々はリサイクルに貢献していることになりメーカーも生産にいそしみ世界最大になってもとやかく言われることはない。
追加:1月16日
昨年7月のニュースに インドラマ(タイ)、カラワンで使用済ペットボトルのリサイクル工場計画。と言うのがあった。自らリサイクルに参入しているのだ。

2022年1月12日 (水)

再々 RCTIのRajawaliの謂れ 

インドネシアの国章やガルーダ航空のガルーダはインド神話のウィシュヌ神の乗り物で神鳥を意味するが、鷹なのか鷲なのか、或いは鳥類学を離れて単語を集めると英語ではEagleが鷲でHawkが鷹である。インドネシア語ではでRajawaliは鷲でElangが鷹である。Elang Hitamは黒鷲と訳されているので両者は微妙な所がある。00mrajawali-2008-mar-003-2_20220112160501
範囲を広げ過ぎたが、インドネシアではこれらの単語を使った企業(グループ)名は多い。Rajawaliをグループ名にしているのはPeter SondakhのRajawali Corporaであり、企業名にしているのが国営のRNIグループのRNI(Rajawali Nasional或いはNusindo)であり、ブランドに使っているのがTanoeのRCTVテレビのRajawali Citraである。
国営のRNIは華僑の建源公司を継いでいるので華人関連とすると本社ビルを華人保有と間違いやすいし、両者は共にパームオイルも事業としている点を除けば別ものである。
RCTVは元々バンバンが着手した民放で現在それを引き継いだTanoeのMNCグルーブが保有しているが、両者がバンバンに近いと感じるとRCTVやPlaza IndonesiaにSondakhの関与があったように感じるが、このもやもやをはっきりさせたい。
手っ取り早いのはRajawali CorporaをWikiで見るとMantan PerusahanにRajawali Citra Televisi Indonesia (RCTI) (1987 – 2000)とあり又子会社にRajawali Televisi(RTV)を保有していることになっている。RCTIのAsal Mula(生まれ)という記事には1987年に民放に向かって設立され1989年正式放送開始、1999年兄弟会社のSCVIをEMTEKに売却し、RCTV,Metro,GlobalもろともBimantara自体が2002年にMNCの前身会社に移管されたようなこと以外の記載はない。ただ、最初の社長はPeter F. Gonthaであったことの紹介はあった。
RTVはRajawali Corporaのペイジにも紹介があり、それによるとMay 2014設立で中韓ドラマなどのエンターテインメントに注力しているようだ。やはり遅ればせでもTV業界に入って来たと言うのはRajawali CorporaがRCTIに参加していたと言う上記(1987-2000)の記述が正しいのならまだバンバンの力があった時代であり、2014年迄TV業界への色気があった事をうなずかせるものがある。
Plaza Indonesiaについては何度も触れたがBimantara、Sinarmas、Ometraco、Sapi’ie、Barack、MNC、Gozaliの関係は判るがRajawaliが関連した記述及びRAJAWALIと高速とBamantaraを結ぶ記述は見つからなかった。記憶力か検索力が無くなったようで残念だ。過去のマイブログ「Gresik Rajawaliの今」に注記しよう。

本題のRajawaliのEagleであるがこのEagleを会社名にしたのはRajawaliグループにPT Golden Eagle Energyと PT Eagle High PlantationsやTanotoグループのRoyal Golden Eagle(Raja Garuda Mas)が思い出され他、相当あるだろう。又ElangについてはEMTEK (Elang Mahkota Teknologi)などが有名で別稿にしたいほどだ。

2022年1月11日 (火)

GAPKIを訪ねて

GAIKINDOではないがGAPKIを、データを求めて訪ねて見た。Mas Mansyur通りというのでGoogle Mapで検索するとその大通りではなくLondon School of PRの学園裏で、ここはまだGoogleカメラ隊も入ってない所でビルというより住所兼用のRukanであった。サイトは、Branda一つのサイトで
貧弱な感じである。
0gapki
冒頭に偉いさんの発言ヴィデオなどが飾ってある。例示するとでJokowi大統領は輸出価格の影響で家庭料理必需品のMinyak Gorengの値段が高くなっているが安定化を指示したとか、青少年大臣がパーム業界の少年労働廃止宣言を讃える話がある。その下に
CPO Priceのグラフがある。 Cif Rottで2021年は期首1,050から期末は12月7日迄しかデータ無く、1,350の折れ線グラフが固定的に表示されている。
その下にGAPKIの支店網を地図上でプロットしたものがあり、更にCPOの用途・製法の画像説明、野焼きによる森林開墾の禁止のVideo、他はニュース、Twitter、Event案内だけで会員ごとの統計などは一切なく多分会員として入会しないとだめらしい。 Tentang Kamiでは1981年に設立したこと、その時の会員は国営企業含めて23会員に過ぎなかったこととか、現在のインドネシアのCPO輸出は2017年で230億でMigasの輸出額を超えていることなどが紹介されていた。お決まりのMisi/Visiに会長のJoko Supriyonoの写真で終わりである。メンバーリストはsedang dalam perbaikan(修理中)とあった。何か壊れたのならそれでもいいのだが。。
そういえばこの団体は英語ではIPOA(Indonesian Palm Oil Association)というのだがそちらも同じであった。そうれはそうだ。

2022年1月 8日 (土)

嗚呼ダナレクサ!小粒なDanareksaやMUIタワー、アホックにガッカリ

ジャラン・サバンはクブン・シリー通りを越えてメルデカ・スラタン通り迄である。
00-danareksa-205ここの角地は昔Danareksaビルがあった。ここ迄Mapと眺めて来て、驚いた事に、そのDanareksaのビルは取り壊され、ここにDanareksa Towerが出来る様である。DanaReksaとは1976年に証券取引所として建立され、資本市場制度の改変で国営管理機関となり、今はそれもなくなり投資信託やコンサルタントを継続しているようである。
そこでこのビルを取り壊して国営建設のPP社と共同でMenaraを建設することを思い立ったもののようだが、21階建て程度でTowerとは烏滸がましいものである。多分この地区は高さ制限があるのであろう。それでは昔のdanareksaビルの特色あるビル建築様式をこえるものではない。
Web-_712022_211419_wwwyoutubecom情報は少なくかすかに動画が一つ引っかかった程度であるが絵は綺麗に掛けるので仕上げを見たいものだ。

代わりに同社が関わるのかイスラムのMUIが建てる、MUI Towerの半分挫折したような記事が目に入るだけである。東ジャカルタにあるイスラムセンターにタワーを建てるのかとロケーションを訪ねると、其処はTaman Miniより南東の荒地の場所で、地図上では動きはない。ここに高層ビルが建つわけはない。更に探すうちに下の写真が出て来た。
Masterplan

結局今日は話題がないと、昔、挫折の宝庫であったインドネシアだなぁと、かすむ頭にまたあのアホック副知事の新たなイスラム的告訴が起こったニュースがはいって来た。そろそろ次期大統領への人気がでてくるかなと思っている矢先である。無実の罪で懲役2年を下され、やっと刑期を終え出て来てまだ2年程度である。本来なら懲役の2年の報酬をインドネシア法曹・検察側が払ってもおかしくないと思うものだが。。。

昔、書きかけた資料が出て来た。転記すると;
Gedung Danareksa、隣に高いビルが建っているがGaruda Indonesiaの本社(?)ビルである。Danareksaはこのビルと一体化した一つのものとして設計された3階建ての証券取引所で2000年に改装され横の部分と全く違う趣である。
ネオクラシックであるが柱は細く高い 古典的柱には見られない形でKorintianに似ているがKapitel(キャピトル 柱頭)はより入り組んだ複雑な形状である。
1945年此処にはハッタの住居があった、ハッタがここを出てディポネゴロに移って行った後、BIの所有資産となり1976年Bursa Efektとなり1981年からDanareksa 使用している。
Web-_712022_211612_wwwyoutubecom

2022年1月 6日 (木)

Kebon Sirihのガルーダの家

00dsc04186昨日のジャランサバンの端のSamarra Pasar Sate & BarはMonami菓子店か何かになっているようだと書いたがあの店はKebon Sirih側にあり、昔看板も出ていた店は今は無いようだ。

00wisma-garud-awoon-huisこの店の右向こうの空き地めいた横は多分ガルダが所有している部分があると思うが、其処に昔からオランダ植民地時代の家がある。昔、その辺の人に建物の由緒を訪ねたが、 メモしなか
ったばかりに未だ悔いている。この手の家の形式はオランダ人の住宅として流行ったWoon Huisのようであり、それとKebon Sirihで検索すると2つほど引っかかる

04ab040f5bdb47cf112370a87195dc24一つはHet huis van de familie M.C. Westerman op Kebon Sirih 20 in Weltevreden, Batavia 1928でる。Kebon Sirihの20番地とあるので、ここは番号もろとも現在も変わらないものとしてKebon-sirih-20写真を比べると似ているようだ。屋根はジャワ風に角隠しをしている。
1_20220106194201あと一つがGezicht op een woonhuis aan de weg Kebon Sirih in Bataviaとしてでてきた。
こちらは側用入口が似ているようだ。こちらは1866年代というから相当手直し補強がされて居て当然である。
そしてKebon Sirihにはこの他に、例えばNo.88のAbdul Muis通りの方にも、副大統領官邸付近にもWoohHuisはある。正確な対応は出来てなくとも、歴史を忍ぶことは出来る。
ここでは画像がぼやけるが、この家はA.A. Schenk氏の標識が出ており、家の前の馬車の車輪までくっきり見えている。昔の写真術に感心しているが、それをうまくここに表現は出来ない。
このパソコンのPriScreen機能もWebキャプチャー機能(webのみか)も駄目になって苦労している。

2022年1月 5日 (水)

ジャラン・サバンの賑わいと変遷 Kampung Lima

00saban-aug-16パパイヤがメンテン・サバンに出店したと言うのでGoogleで訪ねるとちゃんとその名前で出ていた。サバンと言うのは昔の道路名で今はAgus Salim通りで小型デパートロビンソンの前に当る。この辺りは10年前でもSinar Masがエンクロ―ジャーしていた土地があり、その傍でもある。Google Mapは自分で、自分の店の所在地を書入れることが出来るのだろう。Thamrin通りの始まる鉱山エネ省の前の道路にはDuta Besar Jepanの字がある。
Duta-besar-jepang-dulu-depan-saripasi昔、その点を下って300mの所のATDビルに日本大使館があったが、このGoogle Mapの指し示す所在地はそれは昔の名残のようで、且つ離れ過ぎで間違いである。
ジャラン・サバン通りは昔から大変な渋滞の通りで、渋滞の原因は両端に駐車する車両の為であるが、それだけに商店街が賑わっていた証拠である。
00dsc04184少しクブンシリー方向に進むと左手にMaxOne HotelとかHotel Ashlayという中型ホテルがあるがその横の路地は昔のBank BDN(今はMandiri)を抜けThamrinに出れるような、出れないような道がある。 この抜け道辺りは昔は屋台があるだけであるが、小生の古いフォルダーに中に;Kampung Lima as Night Shopping Destination December 28th 2006と言うのがあり、それでここを訪ねたわけでもあるが、このニュースはまだ計画段階の話で、その後は進展なく駄目だったようである。Pan Pacific Hotel横の空き地は整備はされたが新たな出発点は見られない。 

00dsc04185ここから更にKebon Sirihの方向に向かうと直前にKopitian Oeyと言うコーヒー店は健在だがその手前のHot Pot店は別の店Bakso Boedjanganにとって代わられたようだ。その正面の角地にあったTugu Groupの二つのレストラン、“上海ブルー”とSamarra Pasar Sate & Barは見つけることが出来なかった。Barの方はMonmi菓子店?に変わっているようだし、樹木で良く見えないからだ。
00saban-09

2022年1月 1日 (土)

ジャカルタみそかの夜の行き場所

大晦日の事を思うとまずはジルベスターというドイル語がでてくる。Silvesterというのは大昔のローマ教皇の名前で何もドイツ語でなく、ドイツでは大晦日をあらわすというものである。その言葉が頭に占めて英語(New Year's Eve)もインドネシア語(Malam Tahun Baru)すら遠のいている。むしろ単にCount Downがいいのであろうが、昔はBarなどで参加したほかTaman Impian AncolとかTaman Miniへ渋滞の中行ったこともある。

今はどこに行くのか、ネットを探るとTempat Hiburan Malam Tahun Baruと言う言葉で色んな場所を紹介してくれる。その一つの記事Berikut rekomendasi beberapa taman di Jakarta untuk malam pergantian tahun: から8つを紹介する。
Danau-shahril-0191. Situ Lembang
2. Taman Suropati
3. Taman Menteng
4. Taman Monas
5. Taman Kota Tomang
6. Taman Langsat
7. Taman Hutan Kota
8. Taman Fatahillah
偶々公園中心になっている。1~3はメンテン地区で6~7はスナヤン関連地区と言えようか。
Taman-langsat(6はプルタミナ病院裏ミスティック側の新公園、6はスナヤンゴルフ場前の新公園)他の記事にはTaman Barito(Ayodia)が出ていたが、00p6020006brこれも同一地区である。
8は北の運河添いオランダ時代の街と広場(Kota Tua)で、他に昔の赤線地帯を改造したRPTRA Kalijodoなどが続いているが、最近作られた緑地公園が多いことに気付く。最近をこの10年で区切って見ると上の8つの内でも3割がそうだと言える。

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »