無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« Plaza Sentralは市の中心のプラザ | トップページ | ランチャマヤのMakumur »

2022年1月28日 (金)

SGBかMABAかABMAかSAMALIかESSENCE DARMAWANGSA

00essence-darmawangsa_20220128100401日本のスターツ社も販売物件を持っていた南クバヨランのEssenceと言う高層アパートは Darmawangsaと言う名前も付いていたこともあり、何度も取り上げたが、ここを開発した人物には長く迫ることが出来なかった。その理由はちゃんとしたグループ名もなく、逆に気になる物件名や当事者名が多いからである。Essenceで迫った過去ブログでは、開発はPT Prakarsa Semesta Alamで、その親会社はSALIGADING BERSAMAと分っている。今日、このグループはこの親会社名からSGBグループと言うのを見た。しかしこの会社名の上場会社はない。
偶々トミーのNifarro物件を調べる内にこれがSGBとの合弁で心当たりはないが役員のJOKO MARGONOとADRIAN BRAMANTYOを挙げていた。このグループの保有物件にEssence Darmawangsaの他Ammi, Allium, Arum, AzaraなどのHotelを持っていることが気を引いた。その後大手AgentのKnight FrankではAmmi Residence @ Essence Dharmawangsa
の名前を紹介していたが、他のEssence探訪記でDevelopperはSGBだが、SGBの株主はABMAで、SGBはNifarroやSamala ParkをもっていることやSamalaホテルグループの裏のバックでもあること、正式な設立者はMusyanifであること、彼がD-ホテルのオーナーかも知れないが正否は判らないとしていた。その他紹介記事でHotel関係はSamaliというブランドでグループ化していた。今日再度上場不動産会社の中にPT. Marga Abhinaya Abadi Tbk(コードMABA)を見つけ上のABMAかなと思っている。そしてMusyanifはBRAMANTYO の父親らしいことも見付け彼とのインタビュー記事が有ったのでさわりを引用しよう。
1) 記事は2014年と古いがAdrian Bramantyo MusyanifはSamali Hotels & ResortsのCEOとなっている。(先のデータでは名前の一部が省略されていたことになる。ニックネームはBramという事は書いてあったが、肝心の苗字がなかったのだ)
2) 彼はUIを卒業後PPに入社しPP大学設立にかかわったが卒業後は父親Musyanif Rolesの不動産業に参加した。
Ammi-samali-2Ammi-samali-2
3) SamaliのLogoはハイライズ建物の3要素を表し意味はサンスクリットで花束を表す。現在Aの付く花の名前のAmmi, Allium, Arum, Azaraを束ねている。AmmiはCepuでの5Star Hotelである。
4) SGBのEssenceはSamaliと姉妹である。Essenceには4棟あり他にNifarro、Royal Betawi Apartments in TangerangやNew apartment in the Cipulir area.がある。
5) ビルゲーツが進めている世界の医療サービスの為の献金で彼は5百万ドルで参加し、インドネシアの他の実業家にも勧誘し、Tahirも参加した。
他の資料から前後を無視して要点をアップすると
6) このSamali HotelとDream Foodの部門を担当するのがMarga Abhinaya Abadiで2009年に上場している。
7) Margono氏は1979年ITS卒で永くKAI出勤務したのち 2016年にSGB入りしているようだ。
8)父の代の話はなかった。
9) 上のBAMAの子会社にPT. Anugerah Berkah MadaniとPT. Dream Foodがある。Anugerah Berkah Madaniを省略すると、上で出て来たSGBの親会社のABMAとなるがこれでは親子逆となる。しかしSGBはABMA Landとか買収し大きくなったようだ 確かにBAMAの株主は一般が7割で、SGBが15%ながらメイン株主である。
10) SGBの説明では2004年設立で不動産開発、ホテル、IT、海洋文化(aquaculture)、エンターテインメント、食品となっているので、魅力はないが、やはりこれをグルプ名としよう。

Samali-hotel

« Plaza Sentralは市の中心のプラザ | トップページ | ランチャマヤのMakumur »

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。