無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« OakwoodはMarriottかMaisonか | トップページ | ジャカルタ洪水シーズン »

2022年2月14日 (月)

メンテンのApartmentとCikdiTiro二つ

Amartemen Menteng 37で高級住宅地であるメンテン地区も、ここ迄ビル群に押されてきたかの感がある。
Whats_app_image_2020_11_17_at_12_20_13_p
この他既にMenteng Park(チキニ・アグアン)と言う高層3連棟のアパートが由緒あるイスマイル公園を圧しており、
Menteng Square Tower と言う名前のこちらも高層3連タワーA,B,C(バハマ)がマトラマン地区から迫っている。
Mentengexecutive-2_20220215093201
MENTENG EKSEKUTIFは一番最初の近代的マンションの一つでチキニ駅前に建つ。戸田が購入した筈だ。
00menteng-regency_20220215095401
MENTENG REGENCY(ゴンダンディア・アンコ)も名前からは大きな建物を想像するが、アパート訪問記にはBoutiqueと称されている。

ここに来た切っ掛けはメンテンのエルミタージュホテルからそのオーナーがやっているMenteng 37だったのであるが、このグループWisesaが建てたエルミタージュホテルの近くにCitDITIRO云々があり、これもMentengのアパートだから迫っているのである。
そこには二つあり、まず場所を確認する。
Tik-di-tiro-residenceHermitage HotelのあるCilacap通りから大通りのTeuku Cik di Tiroに出て直ぐの右手にあるのがTikditiro Residenceであり、
00tikditiroapartその道をMenteng 37の方に北上する途中のデビ夫人が住んでた近くのSuwiryo通りが出てくる所に1@Cikditiroがある。どちらも10~11階のBoutique作りである。
この事はWisesaとPikkoの合弁サイトhttp:Da FonteinのTentang Akuで言っているので間違いはないだろうが2011年築のWisetaの物件である。
所が、それらはDuta Anggada だという調査記録もある。このことは未だ裏確認が出来ていないが時点のちがいだろうか。
メンテン地区の大きなApartemenは、あとFraser Residence Mentengがある位だろう。

« OakwoodはMarriottかMaisonか | トップページ | ジャカルタ洪水シーズン »

インドネシア地誌」カテゴリの記事

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。