無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

MangkuluhurのGunawan、Hartono達

0725455mangkuluhur780x390
空中ゴンドラ・レストランを作ったトミーのMungkuluhur CityのパートナーはHarry GunawanとEddy Hartonoが所有するKG Globalグループである。HarryもGunawanもEddyもHartonoもポピュラーな名前なので一体だれなのか検索には困難を伴う。先ずはKG Globalには曲がりなりにもサイトwww.kgg.co.idがあり、

Dsc08262本社はタムリン通りのThe City Tower の30階、ジャカルタでも次のような有名な物件名が出ている。
TCC Batavia,
LINDETEVES
The Peak Apartemen,
The City Tower,
Tamini Square,
Emporium Pluit Mall dan
Senayan City
Gatot-202その一つ毎日通るサトリア通りのTCC Bataviaを見るとこれにはKGの影はなくGreenwood Sejahtera Tbkである。そしてGreenwoodの本社がこのTCC Towerにあることになっていた。この上場会社のデータを一寸見ただけでは役員も株主も子会社も暗示するものもないが、後で解った所では上記のKGの物件はGreenwoodが他の7つのDevelopperと合弁で保有するものであり、株主にPT. Prima Permata Sejahtera(PPS)とPT. Kencana Graha Nusamandiri(KGN)が合計で80%保有の形で出ていた、その一つのKG Nusamandiri(KGN)こそがKG Global(KGG)の子会社であったのだ。その系図は複雑だがGunawanとHartonoはそれぞれの投資会社を持ち、凡そその折半でKGGを持ち、別途この二人とProbostedjo系などと組んで作った会社がKGNである。そしてGreenwoodのあと一つの株主PPSはPaninのGunawanにつながる系統である。
つまりGunawanに関して言えば、彼らの本社のビルでMangkuluhurで嗅いだProbostedjoやPanin の匂いがあったのである。
Hartonoの方にはADRの匂いを嗅いだがそれはGreenwoodの監査役会長にAng Andri Pribadiと言う人がおり、彼の経歴にADRがあったことが発端である。ADRは小生に取っては馴染みのある会社で80-90年代成長を約された会社に見受けられ、或る日本企業に紹介したこともあった。自動車部品産業の雄であるがそのFragshipはPT. Selamat Sempurna Tbkと言う上場会社であり、そこでHartonoが会長を務めており、株主のPT.Adrindo Intiperkasaこそ上記のKGGに参加したHartonoの投資会社であったのである。これがMankulehurで発見した裏の影人達であった。

2022年4月18日 (月)

スマンギの Lounge in the Sky, Jakarta

1_20220418135301
ジャカルタに空中レストランが出来たと言うニュースがAFPから入って来た。空中レストランとはどんなものかと言うと大型クレーンでレストラン施設を釣り上げて高さ150フイートで夜景を楽しみながら食事をするという仕組みである。名前は何かと言うと固有名詞でなくその通りでLounge in the Skyと言うだけだ。なるほどSky Loungeとなると世界には沢山あるが既存ビルの高層階に作られたものであるが、このクレーンつり上げ型は発祥がベルギーで展開中、22年にギリシャとマルタとここがオープンしたようだが他にはKLがある。レストラン施設は回転チューリップみたいに屋根テントが付いたテーブルが10基もあろうか、従い調理場はないのでキャビン型だろうが、トイレもないので大変だ。場所はAFPの動画を見ると昔のHoliday Innがみえるのでトミーが開発中のMangkuluhur City だろうか。値段も少し高いが、高齢者の年齢は制限があるかも知れない。

2022年4月 8日 (金)

Chope推奨スノパティ通りのバスク対日本料理

エルミタージュのレストランに惹かれてバスク料理店に来てしまったのだが、それは食べログ、ZomatoならぬChopeのガイドで旨そうな料理写真に出会ったからである。それよりも説明にバスク料理とあったのが目を引いたからかも知れない。
日本でもバスキ料理はスペイン料理店で扱うかもしれないが、バスクを前面に出す店は、数少ないだろう。それがジャカルタにも出来たようで、昔からジャカルタ意外性の一つと思っていた現象である。店の名前はTxokoチョコといい、場所はスノパティ通りのちょい先Suryo通りである。
TxokiTxokoとはバスク地方の人が集まって食事をする共同の施設みたいなもので、伝統の風習のようである。料理屋特徴などは説明できないが写真はバスキ豚だろうか。東京にも同じ名前の店もある。
00sunopati-oct15-5Sonopati通りはSudirmanからはいってくるところに昔から小粋という名まえの看板が出ていたが、この道はいずれレストラン街で華やぐだろうとの予感もあったが、数日前この道に交差するGunawarman 通りの居酒屋風神を紹介したがその交差点にYellowfishが有り下ってSakeという店や三猿とか行ったことがある。今地図を見ると奥園やKurune、Nara、Kintaro、Hiro、世界とか色々出来ている。韓国も負けずと出店しているがもともとここは韓国の地盤であった。予約席にチッシューやハンケチを置いて(Chope)確保しておかねばならない。
Senopati-oct15-50

2022年4月 4日 (月)

国民民主党とNasdem Tower

Nasdem-towerNasdem-tower
SerpongのParamount EnterpriseのあとCikiniのParamount Restをブログにしたが、この広東中華料理店の正面当りに最近巨大なビルが建っているのを目にした。Googleしている最中に、屋上にHelipadを持つ独特なデザインに惹かれたが、このビルはNas Dem Towerと称する21階建てのビルである。
Nasdem-duluここには私が未だジャカルタをウロウロしているころは2階建てくらいのNasDemと言う政党のオフイスが有ったので、それをブログにする何かニュースを待っていたのであるが、いつの間にか、このビルがTowerと名付ずけて立っていたのである。
他に飛び込んで来たのはこのNas Dem党に関わるニュースである。この政党は現在はJokowiと共存していたのか、2024年の大統領選挙の延長アイデアには反対で野党であるユドヨノのNasional Democrat 党に歩み寄る話のニュースであったが、未だ先の話であるのでこの内容の詳細を確かめないまま少し過去を見て見ることにした。

Nas Dem党と言うのは国民民主の意味でTVのMedia グループの総師Suryadharma Palohスルヤ・パローがヨクヤのハメンクブウォノ10世などが2010年頃、後押しした若人のグループであったがPalohの政党化にはついて行けずハメンクブオノ10世はさったものの、2013年から2018年迄Palohが党首を務めた。彼自身はゴルカル党の上級メンバーとして 40年間務めており、2004年のゴルカル大会で大統領候補指名を争ったが、敗北している。2014年、共同創立者の後一人のメディアMNCグループの富豪の Hary TanoesoedibjoもWirantoの下に去って行った。今は名前のよしみでユドヨノに近くなっているようだし、2024年の大統領には現ジャカルタ州長官を推すのか、誰を押すかなどは未だ決めてないとしている。

NasDem党は国のLembaga Ketahanan Nasionalをモデルとした国家指導者養成コースを目指した教育機関ABN Nasdemを持っているが、インドネシアで唯一の種類の政治企業大学である。このビルにあるのかな

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »