無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

« SOHO の株も大化けだった | トップページ

2022年7月12日 (火)

プルタミナ女性CEOに続け起業家精神

現在のプルタミナのNicke社長が世界の影響力或る女性100に選ばれた切り抜きから、そういえば昔もプルタミナで初めて女性が社長になったその人、Karenを思い出した。Karen Agustiawan (Galaila Karen Kardinah)であるが同じように2011年・フォーブス誌の「アジアの50人のパワービジネスウーマン」に選ばれていた。
可憐な登場であった気がして記憶にあったのである。

彼女は2009 年から2014年まで社長を務めたが2016年汚職事件に巻き込まれ小生もその頃の伝記資料などお箱に仕舞っていたのであるが、今汚職疑獄も晴れて無実であったことを知り、そして社長時代の多忙な中、子供たちに親の苦労を見せまいと頑張る世の女性ビジネスマン達を思いやって、ゾロ筆を執った次第である。
彼女は1958年生まれと言うから今64歳ともなるが、父親は国営製薬会社のBioFarmaの元社長であるスミヤトノ博士の娘で、世界保健機関(WHO)のインドネシア人初の特使であった。BioFarmaは今は国営3社の医学健康産業のHolding Coになっているとかコロナワクチン開発に主導した会社である。
バンドンのITBを卒業後、モービルに就職し、地震掘削プロジェクトの品質管理や探査コンピューティング部門でプロジェクトリーダー勤め、1998年、モービルを離れ、ランドマーク・グラフィックス・コーポレーションに移り、2002年にHalliburton関連の石油・ガス・プロジェクトマネージャーの後、2006年ペルタミナの上流部門の最初の女性責任者になった後2009年2月プルタミナのCEOになったものである。彼女は炭層メタン抽出などの代替エネルギー源の開発を監督し、PLNと共に液化天然ガス分配システムを確立した。(以上ウイキペディア)
2期目の2014年汚職事件に巻き込まれたが、ハーバード大学の教授職に就くとして辞職し、 ベルファー科学国際問題センターの評議メンバーになったりしながら、刑事事件は、一旦有罪となったものを覆し2020年、最高裁判所への上訴で無罪を獲得している。
現在はこの5月よりPancasila大学の学長代理で第IV部のHumas, Ventura, Kerja Sama, dan Hukum(広報、ベンチャー、協力、法律)分野を担当している。学長はパンチャシラ大学を大きな起業家精神の大学とするパイオニアとして期待している。

« SOHO の株も大化けだった | トップページ

インドネシア産業 経済人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SOHO の株も大化けだった | トップページ