無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

音楽

2020年10月 2日 (金)

Billy Boenに敬服

ビリーブーンというインドネシアの若き実業家の名前から、衝撃的に出会った、あの“波路はるかに”の楽団名と思ったが、綴りも発音も違う。
彼は78年8月生まれだから42才、22歳でわずか2年8ヶ月で米国 Utah State University を卒業し、State University of West GeorgiaでブランドマネジメントのMBA学位を取得、1年かけて米国を旅行後帰国、
Billy-boen
以降Nikeを手始めに, Umbro, Oakley, Haagen Dazs やHard Rock Caféのブランドでキャリアを積みそれぞれのブランドアップに貢献してきたが2004年、PT Berca Sportindoを設立し自らも、インドネシアで最も成功したスポーツライフスタイルのブランドの「リーグ」をローンチし、2006年には友人と, PT Jakarta International Management(JIM) を設立、JIM Fashon、JIM Models、JIM Events、JIM-F Academyを企画打ち出した。
2009年Young on Topと言う著作を著し、成功するためのKeyについて若者に熱く語る本を出版、重番を重ね、今、2作目も出版した。
又 Kejora-SBI Orbit Fundというインドネシアと日本のSBIとのパートナーシップで3,000万ドルのファンドを立ち上げ、インドネシアの若者に対するスタートアップを支援している。最近の活動では共同企画したTVやラジオで、特にMetro TVでは, “Unlock with Billy Boen”という番組を持ち、若者の関心を引くトークショーなどをやっている。
つまりは一言で事業を説明できないわけでmost versatile(汎用的) professional turned entrepreneurとしていた。なるほど

以下は彼のサイトから彼の事業説明部分を翻訳したそのものを掲げておこう。
「PT YOTを設立しインドネシアの若い世代の力に焦点を当てたいくつかの企業に投資しました. 彼は、インドネシア最大のキャリアプラットフォームの一つである分析会社、トップカリル・インドネシアのGDILab、株式クラウドファンディングスタートアップ(フィンテック)、MainGame、ゲームプラットフォームのスタートアップであるロンドンスピーカービューローインドネシア、世界最大のスピーカー管理機関のインドネシア代表であるロンドンスピーカービューローインドネシアの企業にアドバイスしています。 2020年2月から、945億米ドルの運用資産を持つインドネシア最大の銀行である銀行BRIのネットワーク&コミュニケーション戦略アドバイザーに任命されました。 彼は過去10年間、インドネシアの21以上の都市に放送されたラジオトークショー番組をほとんど制作し、現在はインドネシア最大のニュースTv:メトロテレビのテレビトーク番組「アンロック・ウィズ・ビリー・ボーエン」を制作し、主催しています。Inspira Speakerが運営するパブリックスピーカーとして、インドネシアの企業や大学の様々なイベントで、プロと連続起業家/投資家としての情熱と経験を積極的に共有しています。ブランド経営、青少年育成、起業家精神、投資、テクノロジーに情熱を注いでいます。 2009年に出版された「ヤング・オン・トップ」という全国ベストセラー本を書いた。この本は、彼らのキャリアとビジネスで成功するために何百万人ものインドネシアの若者にインスピレーションを与えました。2019年4月、彼は「Y」というタイトルで2冊目の本を発売し、人生の目的についての理解と、人生における真の成功と幸福の真の意味についての物語を共有しました。」

所であのビリーヴォーンは最近聞かないと思っていたがもう30年、小生のインドネシア2回目の赴任時には、お亡くなりになっていたのだ。なんとぼんやり生きて来たのかと嘆かわしい。
ビリー・ヴォーン楽団の『Best of Billy Vaughn & His Orchestra』 をYou Tubeで開くと14曲、「浪路はるかに 」「センチメンタル・ジャーニー 」「ローンチー (ラウンチー) 」などを収録。と紹介されていたが、小生には、より懐かしい、“When the Blue Moon turns to Gold Again” という曲もあった。 さすがその曲はこのブログのMy Favourite Songシリーズでアップしていたのだ。この歌には多くのカバーがあったが同じく別の日アップしたMerle Haggardの歌がいいようだ。 大分離れたが。。

追記:共同設立者はSEISのオーナーの2代目Rudhy Buntaranで 6月29日紹介済「「OPTIK SEISも..」