無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

インドネシア地誌

2022年1月19日 (水)

Sudirman Mansion Residenceも多数

マイブログ「Menara タムリン vs Menara スディルマン」でジャカルタを代表する通りの名前を冠したオフイスタワーを戦わしたが、アパート迄物件を拡げると多くなる。オフイスとタワーに分けて見たものの、多くはオフイス兼アパートである。
Thamrinと名付けたのオフイスは幸いにもMenara ThamrinだけであったがThamrinとなずけたアパートは昨日「Thamrin Residence etc Thamrinの物件」で完了したので今度はSudirmanの部となる。
Sudirman-residence
まずはThamrin Residence vs Sudirman Residenceと考えると、Sudirman Residenceは流石ちゃんとあるが、だれもが知っている物件ではないものだった。場所はSudirman 通りのPrudential Towerの裏側に立派な4棟の高層アパートのThe Peak at Sudirmanの更に裏隣りで地名はSetia Budiとなる。
屋上プールのあるペントハウスもあるが、ここは4階建て60戸のタウンハウスというべきものであった。近くにSetiabudiの役所がある閑静な所だ。
00setiabudi-aug-15-21
序にと言うか、このThe Peak at SudirmanこそSudirmanのResidence部では代表とすべきであるが偶然にThamrinの代表のThamrin Executive Residenceと同じAgung Podomorono開発である。こちらは2007年完工の4棟で、55階建て218メーターが2棟と35階建てが2棟で、35階建ての方はFraserがサービスアパートとして運営しているFraser Residence Sudirmanとも言われる。55階建ての方は同じPodomoroグループのPakubuwono Signature(2014年、50階252メーター)の高さに抜かれる迄高さジャカルタ一のアパートであった。尚本案件では小生のブログWoodの不動産で取り上げたPT.Greenwood Sejahtera, Tbkがパートナーである。
Aryaduta-belakang-semanggi
続けると、同じSetiabudi区には、そこから数ブロック下った所、Sudirman Tower Condominium と言うのがある。そこはAryaduta Hotelのあるブロックで、Lippoが運営しており、彼らはSTCと呼んでいる。 そこからSudirman通りの向こう側に渉ると森ビルの隣にSudirman SuiteというApartがあるが、これは何度も調査してアップした物件でPIKKOが開発したが、無事維持しているか心配だ。
0sudirman-mansion-backed-sudirman-tower-
南に下ってSummitmasの手前に前回アップしたMenara Sudirmanの裏手にSudirman Mansionがある。自信はないがさぐり出したデータは35F、145m2である。ここは場所的にはSCBDに属する。207戸のマンションでオーナーはPT. Savitya Tridayaしかわからない。35階の145m2の3LDKが70億ルピアで広告していた。足元がGrand luckyという大きなスーパーマーケットがある。
Pb130036-2
その他Sudirmanと言う名前に自己の固有ブランドなどを加えたSahid Sudirmanや Tamansari Sudirman Executive ResidenceやCITYLOFTS SUDIRMANなどがあるが、それらは固有名詞入りであるのでゆっくりフォロー出来よう。
CityLoftの斜め後ろ或いはPavilionの横にSudirman Parkの4棟がある。前回取り上げたが、そのブログでは、小生がジャカルタにいる間は未だ出来上がってないものと思っていたが、この通りである。
Mas-mansyur-aug2014-6

2022年1月18日 (火)

Thamrin Residence etc : Thamrinの物件

Thamrin-resi2013
Mas Mansyur 通りをApartemen Pavilionを過ぎ、Sudirman Parkに来てCasa Domainを過ぎると、ぐっと見えてくるのが Thamrin Residenceである。中の一番高い棟はThamrin Executive Residenceだ。ここはGrand Indonesiaから歩いてこれる裏側の一体でThamrin City Mallもある。Thamrin CityのMas Mansyur側入り口には隣接Cosmo Terrace Mallが隣接している。Thamrin ResidenceからはWadokを側に直ぐインドネシア1高いThamrin Nine(Autograph) Towerがすぐそばである。あとオフイスとしてはサリパシ辺りにブログ済のMenara Thamrinがある。これらがThamrinと名付けた主なものでこのResidence関係のみ、未だブログ化してなかった。
ここのResidenceには友人が住んでおり、会社にも歩いて行ける職住近接を早くから実現していた。このResidence側とCity Mall側はCosmo Terrace - Thamrin City通りがあるが多分全部少なくとも4つの物件はAgung PodomoroとJakarta Propertindoの共同開発である。 実際Wikiですら混同があり、どれがどれか分からないがGoogle Mapなどと照らし合わせ以下の様にまとめる。
Thamrin Excecutive Residenceが2011年完成、45階建て183m、
Thamrin Residence x 5棟 2009年++ 146m
Cosmo Terrace Tower:2007年:Thamrin City Mall のMansyur側の南入り口に立つ30階建て2連棟に見える建物である。下がMallでここからT.C.Mallへ繫がるように展開か

Thamrin-city-16aug-9

Thamrin City Mallはこの南入口からKebun Melati通りの正面入り口やG.Indonesia側Ascott Jakarta側のT.C. Terrace入口まででここに20階建て程度の3連棟がある。これをThamrin City ビル3棟と数えれば全体で3+2+5+1=11棟となるが。。
Thamrin-city

2022年1月16日 (日)

PavilionとSudirman Parkのエクセル検索機能

パソコンのPrintScreen Keyが壊れていたのを嘆いたのはブログ「Kebon Sirihのガルーダの家」で、つい1月6日でもあったのだ。そしてそれが1年振りで回復したのは、1月13日で「Jakarta Nightの動画のScreenshotの機能」の通りであった。

00pavilion-amartemenそのJakarta Night Shotに写っていたApartemen Pavillionは、会社からも近く、とあるバンドン在住の華人が所有していた部屋があり、あまり使わないと言うので友人がちゃっかり甘えていたことを思いだす。このアパートは4棟あり、醸し出す雰囲気は小生の好みでうらやましかったが、誰が開発したのか今調べようと小生作成の物件リストのエクセルを開いて検索すると一向に出てこない。Sudirman Parkも検索したが此方も出てこない。Excelの場合、検索機能が良く働かないとの印象が昔からあったので一語ずつ探してみたらPavilionがあった。よく見ると綴りが間違っていたのである。アパートのインドネシア語はApartemenで小生が間違ってるわけではないが、Pavilionの綴りのⅬは一つであった。Sudirmanの方は多分、いくつも検索をやっていたのでパソコンがhangした状態だったのであろう。探した目的のデベロッパー名はPavilionがアンコスブロトであり、Sudirmanの方はアグンポドモロであった。
00dsc_0139
Sudirman ParkはMas Mansyur通りの奥の方の果物畑の間を潜っていく都会のドマン中にあるようで、その田舎振りとその中のモスクについて過去ブログにしたほどであるので今もって、終に開発されてしまったのかとの感興が湧く。

多分検索範囲の指示まちがいとかあったのではないかと今日、再度検索してみると百発百中でできた。不思議ながら、今後はExcel検索も信頼してやろうと思う。

2022年1月 8日 (土)

嗚呼ダナレクサ!小粒なDanareksaやMUIタワー、アホックにガッカリ

ジャラン・サバンはクブン・シリー通りを越えてメルデカ・スラタン通り迄である。
00-danareksa-205ここの角地は昔Danareksaビルがあった。ここ迄Mapと眺めて来て、驚いた事に、そのDanareksaのビルは取り壊され、ここにDanareksa Towerが出来る様である。DanaReksaとは1976年に証券取引所として建立され、資本市場制度の改変で国営管理機関となり、今はそれもなくなり投資信託やコンサルタントを継続しているようである。
そこでこのビルを取り壊して国営建設のPP社と共同でMenaraを建設することを思い立ったもののようだが、21階建て程度でTowerとは烏滸がましいものである。多分この地区は高さ制限があるのであろう。それでは昔のdanareksaビルの特色あるビル建築様式をこえるものではない。
Web-_712022_211419_wwwyoutubecom情報は少なくかすかに動画が一つ引っかかった程度であるが絵は綺麗に掛けるので仕上げを見たいものだ。

代わりに同社が関わるのかイスラムのMUIが建てる、MUI Towerの半分挫折したような記事が目に入るだけである。東ジャカルタにあるイスラムセンターにタワーを建てるのかとロケーションを訪ねると、其処はTaman Miniより南東の荒地の場所で、地図上では動きはない。ここに高層ビルが建つわけはない。更に探すうちに下の写真が出て来た。
Masterplan

結局今日は話題がないと、昔、挫折の宝庫であったインドネシアだなぁと、かすむ頭にまたあのアホック副知事の新たなイスラム的告訴が起こったニュースがはいって来た。そろそろ次期大統領への人気がでてくるかなと思っている矢先である。無実の罪で懲役2年を下され、やっと刑期を終え出て来てまだ2年程度である。本来なら懲役の2年の報酬をインドネシア法曹・検察側が払ってもおかしくないと思うものだが。。。

昔、書きかけた資料が出て来た。転記すると;
Gedung Danareksa、隣に高いビルが建っているがGaruda Indonesiaの本社(?)ビルである。Danareksaはこのビルと一体化した一つのものとして設計された3階建ての証券取引所で2000年に改装され横の部分と全く違う趣である。
ネオクラシックであるが柱は細く高い 古典的柱には見られない形でKorintianに似ているがKapitel(キャピトル 柱頭)はより入り組んだ複雑な形状である。
1945年此処にはハッタの住居があった、ハッタがここを出てディポネゴロに移って行った後、BIの所有資産となり1976年Bursa Efektとなり1981年からDanareksa 使用している。
Web-_712022_211612_wwwyoutubecom

2022年1月 6日 (木)

Kebon Sirihのガルーダの家

00dsc04186昨日のジャランサバンの端のSamarra Pasar Sate & BarはMonami菓子店か何かになっているようだと書いたがあの店はKebon Sirih側にあり、昔看板も出ていた店は今は無いようだ。

00wisma-garud-awoon-huisこの店の右向こうの空き地めいた横は多分ガルダが所有している部分があると思うが、其処に昔からオランダ植民地時代の家がある。昔、その辺の人に建物の由緒を訪ねたが、 メモしなか
ったばかりに未だ悔いている。この手の家の形式はオランダ人の住宅として流行ったWoon Huisのようであり、それとKebon Sirihで検索すると2つほど引っかかる

04ab040f5bdb47cf112370a87195dc24一つはHet huis van de familie M.C. Westerman op Kebon Sirih 20 in Weltevreden, Batavia 1928でる。Kebon Sirihの20番地とあるので、ここは番号もろとも現在も変わらないものとしてKebon-sirih-20写真を比べると似ているようだ。屋根はジャワ風に角隠しをしている。
1_20220106194201あと一つがGezicht op een woonhuis aan de weg Kebon Sirih in Bataviaとしてでてきた。
こちらは側用入口が似ているようだ。こちらは1866年代というから相当手直し補強がされて居て当然である。
そしてKebon Sirihにはこの他に、例えばNo.88のAbdul Muis通りの方にも、副大統領官邸付近にもWoohHuisはある。正確な対応は出来てなくとも、歴史を忍ぶことは出来る。
ここでは画像がぼやけるが、この家はA.A. Schenk氏の標識が出ており、家の前の馬車の車輪までくっきり見えている。昔の写真術に感心しているが、それをうまくここに表現は出来ない。
このパソコンのPriScreen機能もWebキャプチャー機能(webのみか)も駄目になって苦労している。

2022年1月 5日 (水)

ジャラン・サバンの賑わいと変遷 Kampung Lima

00saban-aug-16パパイヤがメンテン・サバンに出店したと言うのでGoogleで訪ねるとちゃんとその名前で出ていた。サバンと言うのは昔の道路名で今はAgus Salim通りで小型デパートロビンソンの前に当る。この辺りは10年前でもSinar Masがエンクロ―ジャーしていた土地があり、その傍でもある。Google Mapは自分で、自分の店の所在地を書入れることが出来るのだろう。Thamrin通りの始まる鉱山エネ省の前の道路にはDuta Besar Jepanの字がある。
Duta-besar-jepang-dulu-depan-saripasi昔、その点を下って300mの所のATDビルに日本大使館があったが、このGoogle Mapの指し示す所在地はそれは昔の名残のようで、且つ離れ過ぎで間違いである。
ジャラン・サバン通りは昔から大変な渋滞の通りで、渋滞の原因は両端に駐車する車両の為であるが、それだけに商店街が賑わっていた証拠である。
00dsc04184少しクブンシリー方向に進むと左手にMaxOne HotelとかHotel Ashlayという中型ホテルがあるがその横の路地は昔のBank BDN(今はMandiri)を抜けThamrinに出れるような、出れないような道がある。 この抜け道辺りは昔は屋台があるだけであるが、小生の古いフォルダーに中に;Kampung Lima as Night Shopping Destination December 28th 2006と言うのがあり、それでここを訪ねたわけでもあるが、このニュースはまだ計画段階の話で、その後は進展なく駄目だったようである。Pan Pacific Hotel横の空き地は整備はされたが新たな出発点は見られない。 

00dsc04185ここから更にKebon Sirihの方向に向かうと直前にKopitian Oeyと言うコーヒー店は健在だがその手前のHot Pot店は別の店Bakso Boedjanganにとって代わられたようだ。その正面の角地にあったTugu Groupの二つのレストラン、“上海ブルー”とSamarra Pasar Sate & Barは見つけることが出来なかった。Barの方はMonmi菓子店?に変わっているようだし、樹木で良く見えないからだ。
00saban-09

2021年12月27日 (月)

ミルクを飲もう 兼松さんのお陰でチモリーも有名に

Photo_20211227094701“チモリー、株式15%公開、一部はアジア開銀が引き受け599億ルピア、零細畜産農家の支援など。”などと云うニュースを12月6日に聞いていた。昨日、偶々Puri IndahのモールなどをGoogleで眺めていた時、ここにCimoryと表示されたポイントがあり、あれっ、もう同じブランドが出ていると感じ、スペルなどを調べたがどうやらこれは同じだと確信した。
その前にチモリーが初耳で、ネットで調べたとき、真っ先に日本語の5行紹介記事があり、且つ兼松がCPO時購入参加する記事もあり、日系企業の久しぶりの快挙だと心駛んだが、読んでいる内に兼松は別にして、このTimoryと言うのはインドネシア企業だと言うことだと知ってしまって、一寸ガッカリしている所である。インドネシアのミルク産業については、すでに2月に論述しているので、未だ他にあったのかということである。

インドネシアの一人当たり消費量は年間11リットルでマレーシア50リットル、米国74リットルに比べ、まだまだ32リットルの日本並にはなるものと思うので成長産業である。参入企業は多く、インドネシアのエクゼクティブシリーズでも9社(人)も取り上げたが、ここでも国際企業がおおく、日系はあまりぱっとしなかった気がする。
そういうことでCimoryのジャカルタ本拠はここPuri IndahにありMeruyaゲートのすぐそばでここに会社用レンタル事務所(Rukan)があるRukan Taman Meruya のN/27-28のようである。ここから高速を越えた向こう側が昔、ウロウロしたLippo Puri Indah / St. Moritzの中心地で瀟洒なオフイスビルと思ったビルはマックが入っていた。

Cimoryland_20211227094701Cimoryは1989年設立で生乳だけでなくヨーグルト、ソーセージ、マヨネーズなどを国内5万店に卸しているいるメーカーでPT Cisarua Mountain Dairy Tbkと言う名前の頭文字で作ったブランドである。
今回のIPOでは11億株、15%を公開するのでか株価Rp3,080で3.7兆の資金を得るそうである。拡張のための求人広告も魅力的だ。
Cisaruaで牧畜の傍ら、Puncak―CianjurでCimory Mountain ViewやCimory Dairylandなど5ケ所のレクレーション施設があり家族向きには是非一度とお勧めしたい。
創業者はBambang Sutantio氏である。

追:この記事は作成後放置されていたようだ。ダブるかも知れないが今日アップしよう。

2021年11月 3日 (水)

Haryono通りのビル群 IKPTなど

00-graha-pratama2014昨日のHaryono 通りのGraha PratamaビルはダルマラのIntilandの所有であるとしたが、PT Famharindoとの協業体Badan Kerjasamaとのこ記述がある。このビルはSBYに取って記念すべきビルで民主党の創設した行事を行ったそうであるが民主党のものでもない。
資本はFamharindoが70%乍ら、この契約は期限があり延長し2019年迄であった(その後不明)と言う記述に不思議な気がする。
他の文献でこのグループの所有として記載のある物件にPantai Mutiara Apartment やPasar Baru Trade Centerもあるが期限の表示がある。多分これらの物件はIntilandグループの不動産サービス会社とのサービス契約の話だと思われる。Famharindoが何者か検索すれど不明で辛うじてFamharindo PT is your one-stop shopping for buildingと言う端くれしか見つからなかった。そして小生の物件リストのIntilandの中にPantai Mutiaraもあるので、やはりこれ以上Famharindoの詮索はやめることにした。
Ikpt何度も取り上げるのは、この通りにIKPTのビルがある事を昔、見ており、それは日本の東洋エンジが買収したIKPTビルである。東洋エンジは日揮や千代田化工と石化関係のプロジェクトで力を発揮しておりこのブログでも 「御三家エンジニア会社の企業戦士」としてエールを送ったが、最近、脱炭素で逆風に感じるものがあるが乗り越えて行けるだろう。
もっと深く掘り下げたいが意外とGrandikaやFamharindoで無意味に手間取ったため、この通りのビルをあと二つ出しておこう。ハルヨノ通りのビル群と題したがそれは🏢が連なっているものでなく、塊として散在していうものである。
Soho-pancoranHaryonoの北側を見ていくと
Soho Pancoran
Graha Peratama(これが昨日のGrandika云々である)
Menara MTH
そしてIKPT Towerが、
横のそれぞれを従えて佇立しているずである。他にもまだあり、うっかりGatot Sugroto通りに入って、一番迷ったのはSurveyor Indonesia・Klinkである。
00-surveyor-klink-haryono14

2021年10月27日 (水)

インドネシア・州の成立、ジョグジャカルタ特別州

Borobudur_20211027131901
「インドネシアの州の成立」と言う小論を書いたが、ジョグジャカルタ特別州はうっかり取り上げるのを忘れていた。代わりに図解Jawa戦争I、II、IIIを書いていたからであろうか。ジョクジャはヨクヤと読むんだと心得ていたが、日本文で書く時はジョクジャで良いようだから、以降ジョクジャと記載する。
ジョクジャはジャカルタ特別州DKI(Daerah Khusus Ibu Kota Jakarta)に並ぶ特別州で略字ではDIY(Daerah Istimewa Yogyakarta)と書く。ジョクジャを巡る4つのスルタン家の一つの隣のソロは特別州に属せず中部ジャワ州の市である。良く聞く都市の名から地図上のイメージを訪ねて見よう。
特別州は面積3,150 km2 、埼玉県の2割引き、神奈川県の2割増し 強で、人口は3.6百万人で、埼玉県の半分、神奈川県の1/3強である。 州はその中心地にクラテン王宮を中心とした州都Kota  Yogyakartaの□形の地区を包む形である。この州都だけでは人口45万クラスとなる。州内にはいくつかの県(Kabupaten:Regency)があるが、例を挙げるとWonosari郡(Kecamatan-District)に県庁所在地があるGunung Kidul県である。
州を囲む大都市は、州の西にPurworejoがあり、北にMagerang、Boyorali、北西にSurakarta(日常口語的にはSolo)がある。 北のSemarangから降りて来る道がMagerangを通ってJogja (Yogyakarta)にはいるが、この道は途中のSalatega から分かれ南に下りBoyolaliを経由してJogjaに入る方法もある。Boyolali の西がSoloである。
王家の名前はスルタン アマンクブオノ、ススフナン パクブオノ、マンクネゴロ、パクアラム であるが一つの家系である。 発祥は14世紀にさかのぼるスノパティが建国したマタラム王国である。スルタン・アグンやアマンクラットの1600年代の王国であったが、17世紀末のトルノジョヨの乱でオランダの支援を得たことからオランダの介入が始まるわけだが1704年第一次ジャワ戦争でオランダが推すパクブオノIがソロを首都とした後、ジャワ戦争IIでパクブオノからアマンクラットが分離し、ジャワ戦争IIIでパクブオノIIの弟がスルタン・アマンクラット家となる。この時甥がマンクネガラ家をソロに分立し、最後1813年にアマンクラットII の弟がパクアラム家となる。ソロに二つ、ジョクジャに二つある事になる。スハルトのティエン夫人はマンクネガラ家の家系であった。独立戦争の当時、ジョクジャはインドネシア共和国の首都であったが正式にDIYとして特別州に法律で定まったのは1950年である。独立時の王Sri Sultan Hamengkubuwana IXは独立戦に功あり、国家英雄になっているが現在はX世である。バクブオノ家の当主はSri Susuhunan Pakubuwono XIII‎‎ ‎である。なるほど。
2回ほど行ったはずなのに当時は写真も撮らなかったはずはなく散逸してしまったようだ。ネットではJogya=Borobudurらしいので、Borobudurの絵葉書から借用するしかない。

2021年10月21日 (木)

ラジャワリRNIと子会社RNI

洒落たインドネシア国旗の飾りつけのKPBNは国営農園の販売子会社であるが、PTPNの子会社であっても、あと一つの国営農園会社RNIの子会社にはこのKPBNの名前は無い。RNIの販売は自らやるか或いは自らの子会社で同じ名前のRNIを持っている。
00rni-2013
RNIとは親がRajawali Nusantara Indonesia、子がRajawali Nusindo Indonesia である。 PTPNはオランダの農園会社を国営化したものだが此方のRNI は華僑の砂糖王黄仲涵のOei Tiong Ham Concern (OTHC) 又は建源公司Kian-gwan Kongsi を国有化したもので当時の事だから砂糖やゴム・コーヒーが主力でパームは出遅れがあるかもしれない。保有農園は砂糖が57.200 hektar(46.100 hektar の農民所有分)パームが35.600 hektar(19.600 hektar kebun plasma), ゴムが 1.500 hektarとお茶が1.400 hektar、工場数では砂糖の8 pabrik gula,及びパーム3 pabrik、お茶が2 Pabrikである。社長のDidik Prasetyoの説明ではPT Mitra Kerinci のブランドLikiの緑茶工場が東南アジアでトップらしい。
子会社を挙げて置くと砂糖にPT PG. Rajawali I、PT PG. Rajawali II、PT PG. Candi Baru、パームにPT Mitra OganとPT Laras Astra Kartika、あと販売子会社のPT Rajawali Nusindoがあり医療機器や消費財を扱っている。
00rni-mesdjid
Nusindoの本社はクニンガンのJl Denpasar RayaでRNIと同じビルの2階である。手前にMesdjid RNIを持っているが会社より大きい感じだ。奥のrasunaよりにAdaro Towerがみえる。
社長はLestijono氏である。RNIの決算は2018年、売上5.2兆、利益1,528億、純資産6.1兆とある。
Rni-dan-adaro-tower

より以前の記事一覧