無料ブログはココログ

ウェブページ

ジャカルタ新旧あれこれ

インドネシア観光地誌

2019年8月 7日 (水)

Angkeの自然公園

Tempat Wisata Muara Angke

https://www.tagar.idが特集したジャカルタの観光名所としてAngkeなる地名が飛び込んできたがその写真と共に思い出すのは空港に行くときの高速のangke ランプ辺りの水路に並ぶ民家の風情であった。

Tiga-2 つぶだれたような萱葺きの屋根が列を泣いて為して水面に浸たっていた写真であるがアルバムを探すも発見出来なかった。現在では整備され大きな公園などにもなっている。反対側のアンチョールの方から入って来る方は未だ汚いままなので代わりにそれをアップしておこう。

 

Tagar.comの推薦する観光地はレクレーションや自然をテーマとするものでこの特集ではTaman Anggrekのスケート場やKalijodo、Pulau Sribu、Kota Intanなどが紹介されていたが、ここ以外は全部ブログで紹介済だ。ここのAngkeはAngkeでもKapukのMuara Angkeなので北海岸のマングローブ林を整備した自然公園である。

 

 

Tempatpenginapanditamanwisataalamangkeka ここの詳細はむしろhttps://foresteract.comの方が地図付きで詳しい。 マングローブの林の中やかかった木製橋を散歩するかボート遊びをすることだろうか。写真を見ると海上コテッジが連なっているホテル施設もあるようだ。 公園の名前は正確にはTaman Wisata Alam Mangrove, Angke Kapukである。ところがここは2009年11 6日 に「ムアラ・アンケの見直し」と言うタイトルで保護鳥獣の自然保護区としてブログしておりその、それを今、観光目的に整備したものと推定出来たが、上記の二つのサイトには鳥獣保護の字は見当たらなかった。鳥もいなくなったのであろうか。

ここに行くには先に上げた高速のゲートAngkeを通り過ぎ、ずっと先の高速がJORR高速と交差するKamalゲートで降りて海岸に向かってTsu Chi仏教設備のあるPIKの方に行けば着くので今は非常に便利になったようだ。ここからジャカルタ湾シーウオールのD島などにつながる。 

Angkeゲートの近くには列車のAngke駅があり、又有名なAngkeモスクもあるが、行政的にはマングローブのAngkeと共に北ジャカルタ市、Penjaringan郡となる。そしてどちらも近くをAngke川が流れている。Muaraの方がが河口である。

2019年7月29日 (月)

ワンダーランドTIM その1

Wonderland TIM No.1

タマン・イスマイル・マルズキはよく利用した公園である。といっても焼肉ガーデンレストランに何度か行った程度でウロウロしても、あとすることもなく帰えるばかりである。唯ここについては過去何度もブログして紹介はして来た。

0020100720_dsc01662 大昔は、日本からやってきた劇団などがここの劇場などを利用していたが、その後は、コンベンションホールやホテルが利用されるようになり、ここは寂れていった感がある。一番最初に行った時は、夜だったので沢山何かあるなと、その広さに驚き、何時か昼に来ようと思ったときからの印象が、抜けないのだろうか。よく工事で様子が変わっている事もあり、今もって地理が不案内である。

昔の記憶を基にちょっと一回りしてみたいが、既に現時点とは違うし、ここの2年に渡る計画が済めば更に変わってしまうので思い出を記憶する事に意味がある。;入口の正面花壇の中にイスマイルの像(ブログ済)、左側にAngkatan-66(ブログ済)の事務所、そしてガーデンレストランから大きめの屋台的テラス群()が並び、チョット進むとGaleri Cipta IIを過ぎて裏に回ると

20190729-1

芸術大学(IKJ)(済)につながる通用門がある。大学の奥にチリウン河が流れているが大学に入らないで右手を見ると屋外ステージがある。ステージの先は奥は何か鬱蒼たる感じで、モスクもあるようだが確認できていない。引き返すとCipta IIの並びの建物には映画館(Teater Jakarta)とGraha Budaya劇場がある。

その右端が古本屋()と言うが、古いジャカルタ地図などもなくがっくり、

Jan14-jassin そして右手には大きなコンサートホール(1)などを収容した近代的建物()2016年頃完成しどっかりと圧倒する感じで広がっており、そこからゲートに戻ってくるところがプラネタリウム()であるが、そこに至る間にも何か建物があり、

その一つにJassin文書館()があるし プラネタリウムの正面の右手には図書館がある。

その図書館(Perpustakaan)とプラネタリウムの間にも何か建物があったのか、今上述のCipta IIが移ってきている。Cipta IIIもあるようだが、Cipta Iはどこにあるのか。この図書館も昔は市の文書館(Arsip)だったが派手な装いの図書館に改装されている。 

Tim-ex-kiosk-pemadam-jul10-backgrond-hir 図書館の前にはキオスクがあり女子学生がたむろしていたがこの娘たちの背中に何か広場がある。大昔、TIMは広い、広いと歩いた記憶のイメージと一致する。最後の2017年の探検の時は図書館の横からその広場にも出たようだがその先に又大きなコンサートホール(2)か、とてつもなく大きな近代的ビルがあったとなる。以上は小生なりの記憶からの描写である。今のゴーグルやリノベ計画写真(7月9日ブログ済)と照らし合わすと、沢山、ワンダーが湧いてくる。最大のワンダーはコンサートホール(1)と(2)の位置関係である。それはその2以降に書いて見よう。

 

2019年7月15日 (月)

チキニのパン屋 Tan Ek Tjoan

Tan Ek Tjoan di Cikini

チキニ通りについてのジャラン訪問記シリーズはその2迄書いて(201410)3 番目の予定のTIMはリノベ中でもあり現在挫折しているが、ジャカルタポスト誌でも “Jakpost guide to Jl.Cikini Raya ”と言う同じような地区観光ガイドがありその中にオランダ時代のパン屋があった。

00tan-ek-tjoan

フルネームはTan Ek Tjoanで、創業者の華人の名前である。ソフトなパンの“ Bambam”と言うのが名物らしい。

 

実はこの店は小生の訪問記その1でも紹介している店でその時はこの建物の当たりがリノベ中で、チキニ通りがまだ活気を呼ぶだろうと期待したものだ。

 

20190713-1 Jakpost誌はこの伝説のベーカリーは1921年に創業したが政府が市中に工場を持つことを規制したのでCiputatに移転したと書いている。他の資料を当たると、創業はボゴールの中華街スルヤ・クンチャナ(ブログ済)でジャカルタは支店で1953年にオープン、2代目或いは3代目かはオランダ人と結婚、その子供たちはオランダで成長したこともあり、このブランドの経営権は友人たちに移っているいるようだ。左はGoogle Mapより。

ジャカルタには今や多くのパン屋があり、多くのモールやプラザには、どこにも他のブランドのパン屋はあるがこのTanさんはリヤカー形式の販売台車を引っ張り、住民が込み合って住んでいる小道に入りながら売っている写真は多い。

2014年のリノベの写真はよく見るとTan Ek Tjoanではなく隣の建物であった。その又隣がジャカルタ中あちこちにある、オランダ風車をモチーフにしたおしゃれな店舗の有名なHolland Bakeryであった。丁度この前辺りのKasoem眼鏡や富豪Hasjim Ningの豪邸はブログにしている。

002009_1212_124334dsc09291

2019年7月 8日 (月)

TIMとISTIQLAL、二つの改修計画の違い

Renovasi lama TIM dan ISTIQLAL

00tim-tugu-ismail-j 観光を背景にした施設の改修がたまたまニュースになったが、タマン・イスマイル・マルズキとイスティクラル・モスクである。TIMは劇場やプラネタリウムなどいくつもの芸術志向の文化施設公園で1968年オープン以来50年経過しているがその改修には1.8兆ルピアで2年もかかるものである。

 

 

 

 

 

 

00-istiqural一方のMasjid Istiqlalはインドネシアが誇る設計家Frederich Silaban によるアジア随一のモスクで建築後、41年経過しており、工事は来年の3月迄で予算は4,650億ルピアに過ぎない。こちらはモスク内のインテリア造作と800台から2,000台へ駐車場ビル拡大だけらしいが、それも41年間一度もリノベは行ってないそうだ。

金額的には偉大なるイスラムが芸術に譲った図である。そしてイスティクラルは工事期間中でも礼拝活動に支障がないようにするようだが、TIMはどうだろうか。

報道によるとTIM3段階に分けてやるようで

Juli-Desember 2019:

Masjid Amir Hamzah(plaza graha Bhakti Budaya内)、駐車場ビル、及びpos damkar:

Jan. 2020 – Jun.2021:

劇場地区、芸術寄宿舎(asrama)、

Jan. 2021- Jun. 2021:

プラネタリウム、グラハバクティ・ブダヤ、図書館を風景&ハードスケープフイルムセンターへ改築となる。

20190708-2

これは同列に考えるといけない問題かもしれない。確認はしていないがTIMは赤字続きで多分DKI州営建設会社Jakproが経営することになるようでBEPに達するのに23年もかかるとかで一時金的な部分があるように感じる。小生も1年ほど前、この施設をブログで紹介しようと思ってサイトを探ったがプログラムが一切なく、メールで照会したがナシの礫でがっかりして、チキニ観光散策シリーズの作成を放棄させられていたものである。昔は1ケ月単位のプログラムパンフが発行されており、小生はそれを日本語にして紹介していたこともあり、残念さは猶更である。

今調べても、上記の改修計画の内容からも何が何やらわからない素気なさを感じる通りで、施設マップの整理を挑戦したいが、それは気分を直してからにしたい。

2019年7月 1日 (月)

インドネシアの観光特区 KEK Pariwisata 30

KEK Pariwisata 30

Imagesucoscm2a インドネシアの観光省は国内観光特区4ケ所を含め10ケ所のインフラ開発に500兆ルピア(3.4兆円)超掛かるが170兆しか予算措置がなく、民間投資を呼び掛けている。このNNAの報道ではこの4ケ所はバリに続く10ケ所の観光地とされ、行を変えて“政府は4カ所の他に、さらに12 ケ所(3 + 9)の観光経済特区(KEK)の開発を計画している“と報じている。どこが何かわからないので更に調べると更に7ケ所や28ケ所の数字が出てくるので、色々資料をかき集め推定してみた。順番は特に関係なしとして

 

 

  1. Tanjung Lesung:➃ KEKBanteng
  2. Morotai:➃ KEKMaluk Utara
  3. Mandalika:➃ KEKNusa Tenggara Barat
  4. Tanjung Kelaynag:➃ KEKBelitung
  5. Tanjung Gunung:➃+③ = KEKBangka Tenggah
  6. Sungailiat:➃+③ = KEK :Bangka
  7. Singasari ➃+③ = KEKMalang, Jawa Timur
  8. Sukabumi(Cikidang): +③ + = KEK、Jawa Barat, Wisata agrowisata
  9. Pangandaran : +③ + = ⑯ KEK、Jawa Barat, Wisata bahari,
  10. Selayar +③ + = KEKSulawesi Selatan
  11. Tanjung Pulisan-Likupang +③ + = KEKSulawesi Utara
  12. Sabang +③ + = Aceh :KEK候補
  13. Derawan: +③ + = Kalimantan Timur :KEK候補
  14. Raja Ampat: +③ + = West Papua:KEK 候補
  15. Bandung: +③ + = Jawa Barat,KEK 候補
  16. Bunaken: +③ + = North Sulawesi,KEK 候補

此処までをKEKとしたが、報道では4ケ所とか3ケ所とか7ケ所とか9ケ所とかKEK正式決定までの手続きとして多くの段階と時間を要するのでその過程がいつまでも尾を引いているものだと理解するしかない。

  1. Danau Toba:➃+⑥ = KSPNKawasan Stratgis Pariwisata Nasional
  2. Seribu:➃+⑥ = KSPN
  3. Bromo Tengger Semeru:➃+⑥ = KSPNBorobudur_0030-2
  4. Brobuudur:➃+⑥ = KSPN
  5. Labuan Bajo:➃+⑥ = KSPN
  6. Wakatobi:➃+⑥ = KSPN
  7. Batur UNESCO Global Geopark、Bali
  8. Gunung Sewu UNESCO Global Geopark
  9. Ciletuh - Palabuhanratu aspiring UNESCO Global Geopark
  10. Rinjani-Lombok UNESCO Global Geopark
  11. Komodo - Kelimutu - Flores (East Nusa Tenggara),
  12. Kota Tua (DKI Jakarta),
  13. Toraja (South Sulawesi),
  14. Tanjung Putting (Central Kalimantan), 国立公園 オラングータン

以上観光省内でのいくつかの特定のリストを合体したもので世界遺産や国立公園の概念を含めたものではない。ちなみに世界遺産は8ケ所ではあるが、国立公園は50ケ所以上もある。

2019年6月29日 (土)

スカブミ観光特区 その2

KEK Sukabumi No.2

 

Img115-3 凡そ1年になるが昨年の8月、スカブミ~パンガンダランが観光経済特区になったニュースに合わせタイトル「スカブミ観光都市その1」としてブログを書いた。その時はリド・リゾートでゴルフをやり、ホテルに泊まった思い出を絡ましただけであった。

というのは、ここではMNCがトランプと組んでやる開発のニュースを聞いており、その後ニュースが途絶えていたのでそのニュースをその2として、今まで待っていたのである。

 

最初に聞いた時のニュースは2015年8月でインドネシアトップのTV・RCTIのMNCグループオーナーハリー・タヌスディビヨがここで3,000ヘクタールの土地を開発し総合テーマ・パーク或いはレジャーランドをオープンすると言うもので、サファリパークやゴルフ場、高級住宅地や高級ホテルなどを建設する計画であった。ハリー社長はトランプ米大統領のビジネスパートナーとして、既にバリ州タバナン県でリゾート開発も進めていた筈である。

スカブミのリドはMNCの前はバクリーグループがリゾート開発を進めてきた経緯がある。

 

今回のニュースで具体的なものは、テーマパークで敷地面積は50 ヘクタールでテーマ別に区分された6区画に、乗り物19 種類とアトラクション7種類、ショーステージ6カ所、飲食店17 店、小売店21 店、MICEも予定しているがその開業は23 年初頭を目指している(以上NNAニュース)

と言うことは、日本にいる小生に取っては昔、ぶち上げたこの3,000haの「MNCリド・シティー」の話は未だ生きているということだけであった。唯パートナーを一社に決めるものでなく、たとえば今建設中のテーマパークは中国冶金科工集団との提携が発表されフランスのTVなど複合企業ビベンディからの出資を受け入れる計画もあるが、この報道の中には、なぜかトランプの名前は出ていない。

 

2019年6月 3日 (月)

Jak Lingkoに思う

Dtltuivyaa9let

ジャカルタのバスにJak Lingkoというのがあるが、Lingkoになにか親近感のある単語である。 Linkungan(環境)とかCompanyか何かの略語だろうと思ったが、現市長のお気に入りのローカルな名前のようであるので後回しにし、LとRの使い分け或いはngとkやgと組み合わせると色々な言葉の親戚が出てくる。先ずは

RingoはビートルズのドラマーRingo Starrで今も活躍している。

Ringgoとしても男の名前でインドネシアにも有名人がいる。 このブログのCurhatで登場している。

Ringは電話であるのでRingGoとなるとUKではやっている駐車場アプリがある。

同じようなアプリで配車アプリであるGrab TaxiやUberのインドネシアのバイク配車アプリはGo-OjekからGojekと命名された。色々なGoからGo-Payへと拡大している。

あとは Link-Goとかのグループがある。

JAK Lingkoとは以前OK Otripを言われたものの改名でLingko は Manggarai、東ヌサ・トゥンガラ州にある伝統的な土地の水田システムから取られたネットワークまたは統合を意味するそうだ。

市長がやった事は、改名だけなのであろう。ここまでには路線の選定・工事・システム設計、運営オペレーターと多くの人が拘わっている。

このシステムは、1日例えば3時間とか、或いはRp5,000で、同じJak Lingkoの路線を複数に使えるカードのようであるが、我々には余り使い切れないだろうから詳細は省略する。唯、TransJakartaのバス路線マップにはJAK01からJAK61 までのルートの記録がある。

(追)

或いはJAK-XXシリーズなら JakPostはJakarta Post新聞であり、JAKPROはジャカルタ不動産の州営不動産会社である。

 

2019年5月13日 (月)

タムリン道路の時計塔

Tugu Jam Thamrin  

Sinpangtugujam ジャカルタのメインロード、タムリン通りに立つTugu Jam Thamrinと言うのが目についた。タムリン時計塔であるが、日本語の塔の通りのTuguには何か記念碑みたいなニュアンスが加わる。ジャカルタには記念塔が溢れており、この紹介文として小生は「独立記念塔徹底的研究」やオランダ遺蹟の記念塔などを記し66ケ所を確認したことがある。その時その種別としてMonumenは歴史の事象を芸術的に残す記念塔であり、Patungは人物像、Tuguは若干芸術性は低い記念碑と区分できそうだとしておいた。

今これらの記念碑この時計塔を加えるべきか迷ったがこうした時計塔は各地にあるのでジャカルタではこのメインロードのタムリン通りに、そしてその真ん中で昔であれば交通警察官が建つ場所に立っているところを心に銘じることでタムリン通りの成り立ちについて記述しよう。

戦後、クバヨランバルの住宅地が開発されてくる段階で独立記念広場とクバヨランを結ぶタムリンースディルマンの交通路が企画され、そしてタムリンが着工されたのは1949年である。

Tugu-thamrin その後2010年頃かタムリン像が建った(マイブログ特集アップ済)ためタムリンの北端はこの独立記念広場或いは中銀の場所であることは自信があったがスデイルマン通りにバトンタッチする南端は確認できていなかったのでそれについて調べた結果をいくつか挙げておこう。

その前に南端と思われていたGrand Indonesiaモールの住所がThamrin No.1 であることみてやはりここが南端であったのかと一度は確信した事があった。

そして次にGoogle MapSudirman通りをなぞってみるとMapに南から Dukuh Atasの運河や鉄道を超えやって来る道にいくつもSudirumanと表示され、それはGrand Indonesia(HI)roundaboutUターンするところまで記載があったのでこの確信はいよいよ強まった。

今日、又そのおさらいをしたのであるがあにはからやGrand Indonesiaより南のBCAや更に南のUOB及びUOBの向かいのドイツ大使館の住所を確かめるとここもThamrin 1である。

UOBは昔カルチカプラザと言うホテルがあり、そこから南のタムリンが高架になる部分は両サイド、ブローラ通りとかの道が並行しているので大通りに面するビルはなくそれらの住所から道路名を確認するすべがない。

00sudirman-2009

しかしこの運河の南のビル(BNILandmark)の住所がどちらもSudirmanNo.1Kav)でありそこにスディルマン将軍像がたっているので、少し譲って駅名が最近Sudirmanに代わった運河駅の当たりまでをスデルマンとするのが正解であろう。

このタムリン道路が出来るまではメンテンに行くには旧サバン通りが利用されタムリンの北のクブンシリー辺りはGang Timboelと言う小道があったそうだ。

 

 

 

 

Tugu-jam-thamrin2011 そうだ!。この時計塔が建つ交差点はこのクブンシリー交差点である。タムリンの完工は1953年であるのでこの時計塔もこの時代のものかも知れない。 何かあると不審に思う点はこの交差点の右側(現在BKK Ban)の住所もThamrin No.1 であり左側・BI側はNO.2 なのである。ここまでで住所のThamrinNo.1 は二つあるのである。ちょっと見たNo.書いておくと:

サリーナ No6、スカイラインNo9、日本大使館 No.24、 ヌサンタラ No.59 である。プラザインドネシア(グランドハイアット)Kav28とかもある。調査はここまで。

 

2019年4月30日 (火)

Sentul の 今

Jjc-ground-sentul   

Megapolitanグループが開発している住宅地Sentul Vivoがあるセントゥールにはそれより大きな住宅地Sentul Cityがある。この中心地はタムリン通りでど真ん中に日本のイオンが運営するイオンモールが出来る。実現が早いのでイオンに取ってBSDCakunに次ぐ3番目の出店になるが、接続した裏側に5棟の高層コンドミ(33?が用意されその中の3棟は住友商事が出資して参加する。ここに来るには一つはJagorawi高速のGT Sentulで出るあたり、或いは更にボゴールよりにボゴール外環高速が横切る地点に新しくできたGT Sentul Selatan(或いは別称 GT Sentul City - Kedung Halangかな)でボゴールに向かって左手(東側)にSentul Cityがある。ここに近づくに従い高速の左手にはゴルフ場のPermata Sentul GC、その南がPalmhill GCがあり、更にGT Sentul Selatanを越え高速がボゴール方面に分かれる地点近くでBogor Raya GC、更に東奥地にSentul Highland GCやRainbow GC やGenung Geulis GCとつらなるゴルフ銀座である。 このGT Sentul CityにはLRTの駅が出来る。 Adih Karyaの1号線で終点はボゴール(Bogor Baranangsiang)でSentul CityとSentral Cirkuitの二つの駅が用意されCawang- Rasuna-  Dukuhを経由してSenayanに行く。 計画では Soekarno Hatta迄延長計画もある。Cirkuitの駅はRoyal Sentul parkと言いPalmhillゴルフ場に近いが、そこからは西2-3㎞離れて高速に沿って下ってきたボゴール街道があり、そこに冒頭のMegapolitanのVivo( Megablock  & Mall)がある。スポーツ施設(JJCグラウンド)、レクレーションパーク(Jungle AdventureやWaterpark、コンンションや自然景観(別途Curugはブログ済)には触れるいとまがない。

2019年4月23日 (火)

Ci~の用法

 

ジャカルタの南の話でCinereを出したが昔Ciが付く似たような南の地名についてブログを書いた。必ずしも南とは限らないが北の方も今以て混乱する地名がある。

Cilincingと Cililitanである。

Cilincingは東のCakungの北のマルンダの当たりであるがCakungと併せてCacinとか言ったか読めない人も居るだろう。CililitanはCawangの南だがCawangと合わせた言葉は記憶にない。ところがこのCawangを超える南北の高速の一部分をGoogle MapはTol Cililitan2と記載しあり、小生はCawangの北はTol Wiyoto Wiyonoであり、南はJagorawiと単純に考えていたものである。またNo.2 と番号まで付されているので番号1や番号無しのTol Cililitanがあるのかと普通は思うものだが実際はそのような高速名はない。

先のブログで挙げたのはCiledug、Cipulir、Ciputat、Cinere、Cipeteであった。(2007年12月10日)であったがこのCinereは先日詳述した。そしてこのCinereの東南には更に色々あるが以下を挙げておこう。

Cibubur(別荘観光地:JKT Ciracas、すぐ南DepokのCimanggisと接する)

Cimanggis(Cinere-Jagorawiの接点;ここからJORRIIはBekasi方面に向かう)

Cibitung(Bekasi BaratとCikarangの間 MM2100 のGT,むしろ北側)

Cibinong(Desariの終点 Bojong Gede近く。Stadiumがある。数分でSentul Vivo)

まだまだ尽きないが、勘違いし易い言葉の関係は人それぞれだからそれぞれにやって見ると良いだろう。