無料ブログはココログ

ウェブページ

今さら日イのはてな

インドネシア産業 経済人

2021年8月 2日 (月)

Chase/Sinarmas MSIG Tower周り

00sudirman-sinarmasmsig-2Jakarta tallestの話題で、見かけるSinarmas MSIG Towerであるが現在編集中のランキングでは48階、245メーターでジャカルタ18位である。ビル名に不動産王のSinar Masの名前が付いているので、混同するのであるが、所有はアンコスブロトのグヌンセウグループであり、保健事業ではSinar Masが三井住友保険MSIGと組んでやっているのに対しSequis保険とくんで競争関係にあることも混乱に拍車を掛ける。
ここはSudirman 通りに面するChase Plazaの裏にあり嘗てChase Towerと言われていたもので、ここにSt.Regisホテルが建つ予定であったが動き出すのに時間がかかり、St.Regisはその後Gatot SubrotoのFour Seasons Towerに変更したが結局彼らはRasuna通りのRajawariに行き付いた。ホテルと言うものは高層になると自分の意思で動くものではないことを知る。
序にここの周りで目を回すとMSIGのSetiabumi通り正面には同じく保険のプルーデンシャルのPrudential Tower、26階110メーターがあり、その隣はThe Peakと言うコンドミ55階219メーターが2棟建っている。
00financial-tpwer-sudiruman-aug-15-12
そしてSudirman通り側にはChase Plazaの横にInternational Financial Center Tower2と言う49階213メーターとMillennium Centennial Tower、こちらはMSIGより高い53階、254メーターがある。こちら側の二つのタワーは小生が日本に戻っている間のつい最近立ち上がったもので、馴染みがなくいつも疑問がわく。
まずこの二つのビルの先はTamara Towerから Topas・Sona Tower、 Mayapada Tower1&2からWorld Trade Center 123と続いている(しかしこの間にもBank BaliやLippo Buildingも昔は有ったが変わったのだろう)が、この二つのビルの敷地には何があったのだろうか。昔の地図にはWisma BCAなどもあったようだが取り壊されたのであろう。
特にMilleniumの方にはSequis Plaza 2と言うのがあったのかも知れない。Sequis保険は上記Gemung Sewuグループがやっているが、今はSequis Tower(40F、206メーター)はSCBDのSudirman通り添いにある。そこにはもともとSequisがあったが、その後ろにGenung Sewuがタワーを立て移って行ったのかと思う。デベロッパーはMilleniumが Permata Birama Saktiであり、Financial CenterはKEPPELである。

2021年7月28日 (水)

スマランのトコ・ウォンとクエ・オン

Toko-oen-semarang
随分前になったがスマランに行った時の名所の一つにToko Oenと言うレストランがある。
Pemuda通りNo.52で、そこの前に立った時は時間が合わなかったので入らなかったが、ネットで見ると中は広々として、良き時代のおおらかさを感じることが出来る。
Tokooen1fa63c01e413098793ae8743bccab75bf
この店の発祥をたずねるとヨクヤカルタのToko OenでLiem Goe Nioが1910年アイスクリーム名物のレストランを開業、更にジャカルタやマラン、スマランに支店を出したが現在は、マランとここスマランだけにしたようだ。スマランに支店を出したのが1936年だそうだ。今のオーナーは創業者の3代目の Yenny Megarajasa.である。  ジャカルタではCiptra Mallで主にRoti やSalad主体のオランダ風料理が供されている店があるようだ。
同じスマラン名物にOng Eng Hwatと言う Kue Semarang(お菓子)がある。お菓子の名前はnian gaoとも言うが 1947年に華人のKwe Mioにより、旧正月用に作られようで、以来色々トライしてきたが、民衆の好みはバナナの葉を使った籠らしく今も続いている。こちらも3代目のオーナーのOng Eng Hwatである。
昨今のもち米など原材料のねあがりにOng氏はねを挙げているそうだ。モールに行こう。

2021年7月20日 (火)

サヒッド村を散策、全部Sahid家?

Sahid-istana-sudirman-center
村と言ったが別に邑ではない。Kawasangとも言われるが、Sahid Cityと言う言葉に出会うこともあった。主体であるSahid Jayaの文献に、そのような表現があったのかどかは記憶にない。

Sahirmanresistanaoffice
小生自身、Sahidホテルの裏側の病院に入院したことがあったが、その時、確かにこの地域は色々気を引くものがあるなとブログにしたいと思ったものの、調べる内に、その周辺の事実が一筋縄でなく、テーマを絞って行けなかった。
サトリオ通りとスデルマン通りが交差する角地にホテル・ル・メリディアンがあるが その隣がサヒッド、更にダヴィンチビルからミッドプラザがあるがミッドプラザの所で左に折れる道(Karet Pasar Baru)がサトリオ通りに出てこの三角地帯を形成する。

Sahid-res-midplazaayana-hotel
しかしミッドプラザの裏のアヤラホテルの間の奥に行く道があり、これもサトリオ通りに出る。

Sahid-butiqueseherman
この道は名なし通りであるのでSahid家の私道的で向こう側にSahid Office BoutiqueとSahid Sahirman Memorial HospitalというSahidのビルがある。
所でいつの間にかLe MeridianホテルとSahid Jaya ホテルの間にも道(Jl. Sahid Sudirman)が出来てSatrio通りに抜ける。こうして、出来上った地域こそがSahid Sudirman Komplexになる。この中にはSahid Jayaホテルとセットで古くからあったIstana Sahid アパートと、病院の前になるSahid Sudirman Residenceと最新のOffice TowerのSahid Sudirman Center がある。この中側の4つのビルと外の2つビルの合計6つのビルで出来上がる地域が小生のSahid Cityなのである。
名前は確かにSahidながら、Office Tower と Residense Towerの所有オーナーはSahidでなくPIKKOであることが前面に出ていたことが小生の自信なさにつながっていたのであるが、今日ヨクヨク報道をよむとどうやら二つともPIKKOが主ながらSahidも協働するKSOであることに自信が出来た。Office Towerについて、PIKKOグループが全部仕事をして上がりはSahidは1/3だけを頂けると言う事らしい。PIKKOは今迄の20~30件のコンドミの実績があるがPIKKOの名前を付けたものはない。しかもこのビルははStrata Title(分譲)でもある。
PIKKOは非常にロープロファイルで、多くの実績あるのに名前が売れてないのだ。そのため自分自身よく何度もブログにしたが、親しさを感じることが出来てない。何故、サヒッドはPIKKOをパートナーとしたのか、と言う疑問もある。
他にSahid Sahirman Memorial Hospitalであるが、実際は2019年7月に名前がRS Murni Teguh Sudirmanに変わっており、Sahidは多分この大手の病院チェインに売却したものと推定される。
この記念病院はGitosardjonoの父と夫人の父の名前を付けた記念病院だったのであるが、それは彼らの父達は病院を経営し、教育や宗教・文化社会事業に熱心であったことへの記念だったのだそうだ。 そうするとIstana Sahidアパートの外側(City Walk側)にあるSahid Office BoutiqueにはLa Salleと言うCollegeがあるので、これの名前にSahidが残っているのは その名残だろうと推定した。特にこのBoutique が建つ前にここにバリ漁師料理のレストランがあったので、それがサヒッドであったことには自信がある。

なおこれらのビルの住所を見て見ると皆 Sudirmanであり、皆、Kav No..86である。そうして念のため売却したであろうHospitalを見ると同じ住所であり且つご丁寧にSahid Cityと言う字が躍っている。不思議に思って、Google Mapをよくみると、ビル毎に示すビル名が上記の私道通りの内側に誤って表示した結果であったようだ。(そこはResidenceが立つ場所なので両者が重なるが如き表示になっている) ついでに言うとIstanaも表示場所が奥過ぎて、間違っている。
この地域はホテルが三つもあり、多くの日系などのレストランや日系企業が入居しており、La Salleの裏隣は日本人に優しいショッピングプラザのCity Walk(グヌンセウ)もあるので、永くブログで持ち上げたかった地域であった。


2021年7月15日 (木)

トリニティ・ランドもある。

この6月、ジャサマルガが不動産開発にも注力するブログを届けたが、提携した不動産開発会社の一つのは新顔であった。Trinity-land名前はPT Perintis Triniti Properti Tbkで既に上場しているが設立は2009年、上場は2020年1月、そして、IDNFの紹介記事には開発済物件としてUbud Village, Melrose Place, Brooklyn, Springwood Residence(Serpong), Yukata Suites, The Smith(Kunciran), Collins Boulevard(SerpongでTownship)、Marcs Boulevard(Batam)の洒落た英語名があがっていた。彼らのスタートはバリで5haの土地の取得からであろうか。そして今の役員5人がFounderとなっているがここでは会長Septian Starlinと社長のIshak Chandraの名前をあげておこう。
このように短期間で成功する秘訣はなんだろうか 不動産はロケーションであり、設計・コンセプトだろうと思うがまずは各地のマスタープランに合致したしている。また彼らの物件は2018年のインドネシア不動産アオードで三つも受賞している。それはBest Mid End Condo Architectural Design としてThe Smith、Best High End Condo Development としてYukata SuitesそしてBest Mid End Condo Development としてCollins Boulevard がある。
そして会社自体がBest Boutique Developer として褒賞受けている。会社はTriniti Landとも愛称されているオシャレな小型デベロッパーになるのだろうか。本社はアラームスーテラの自社開発オフイスのBrooklyn Premium Office、Yukataalamsuterabrochure002150x150同地にはYukataもあるが日本コンセプトなのだろうか
ジャサマルガとの案件は南ジャカルタであり他にバンダルランプンでも推進中のようだ。
トリニティと言えば、ブログ「三菱地所日イ同時のビッグニュース Wanandi と」でTrinity Towerがある。

2021年7月 6日 (火)

お世話になってるBrasaliグループ

• ポンドク・インダーの思い出ブログを書いたが、この高級住宅地は1970年にCiptraがなど7人が創業(PT. Metropolaitan Development)したものでCiputra氏も今は亡く(2019年88歳で没)、後7人の一人のBudi Brasali 氏を引き継いだ子息Aldo Putra Brasali氏すら居なくなり(2006年没)今はその弟(?)Iwan Putra Brasaliが受け継いでいる。ポンドクインダーの保有会社PT.Metropolitan Kentjanaのマジョリティはムルダヤグループに移っているが、監査役にはJunita Ciputraが監査役会長、Iwan Brasaliが監査役として残っている。(他に7人の中の係累同姓のHiskak SecakusumaやFenza Sofyanが監査役にいる。
• 7人が創業した会社はPT.Metropolitan Developmentと言い多くの子会社を設立したがその一つにPT Metropolitan Land Tbk (Metland)もある。ここにも監査役でIwan Putra Brasaliの名前がある。
00park-royal-2008
• ポンドクインダーはさておき父が起こしたグループは、1990年代兄弟で自身の不動産開発も行い物件には、Park Royale、Golfhill Terrances(2towers P.Indah)、Menara /Apartment Batavia(Benhil)、Satrio Tower、Mercure Bali Legian、、ホテルにはHotel Ibis Arcadia(W.Hasym・Mangga Dua・Rajawali・Cikarangがあり、他に住宅のTAMAN CILEGON INDAHがある。そしてグループの柱はジャバベカの発電事業CIKARANG LISTRINDO(27%保有)_やケミカル(CarboxyMethyl Cellulose)のPT Arbe Chemindoがある。グループの投資会社はPT Budimulia Investama である。
ここ迄書くと、多くの日本人がそれとは気にせず、お世話になって来たのだと思われる。

2021年7月 5日 (月)

金のなる木に集うパーム富豪20

Sawitsumbangkan不動産開発に話題が集中過ぎるので少し変えるとせば、インドネシアでは不動産に次ぐ金の生る木はパーム油であろうか。手始めにGlobe Asia誌のインドネシア富豪150から、パームを梃にしている富豪を拾ってみた。同リストからPlantationをキーに検索すると約20人となるが内トップ50をリストにすると以下の通り10人となる。大きな栽培地を必要とするので上位に集中すると言う訳だろうか。
• 1. ROBERT HARTONO, 77, AND MICHAEL HARTONO
• 2.EKA TJIPTA WIDJAJA, 94
• 7.THEODORE P. RACHMAT, 69
• 8.PUTERA SAMPOERNA 68
• 9.SUKANTO TANOTO, 68
• 11.EDDY WILLIAM KATUARI, 66
• 16.PETER SONDAKH, 64
• 20.MARTUA SITORUS, 59
• 24.LIM HARIYANTO WIJAYA SARWONO, 89
• 35. PRAJOGO PANGESTU, 67
• 38.SURYADI DARMADI, 68
• 44.MARTIAS FANGIONO, 80, AND TJILIANDRA FANGIONO, 42

リストの最初の数字がインドネシア富豪ランク、末尾の数字は富豪の年齢である。150位迄検索を広げると
1. Sinar Mas Group • Palm plantations
2. Gudang Garam • Cigarettes, plantations
3. Sampoerna Strategic • Plantations, agribusiness
4. Royal Golden Eagle • Plantations, energy, pulp
5. Wings Group • Consumer goods, plantation, property
6. Rajawali Group • Energy, plantations, investment
7. GANDA Group • Plantations, food, property
8. Harita Group • Mining, plantations
9. Duta Palma Nusantara Group • Palm oil plantations, property
10. First Resources • Palm plantations
11. Lyman Group • Property, plantations
12. Musim Mas • Plantations, chemicals
13. Risjadson Group • Investment, plantations, energy
14. Sungai Budi Group • Plantations, agribusiness
15. Sintesa Group • Property, chemicals, plantations
16. Ilthabi Rekatama • Plantations
17. Asco Automotive • Multi-finance, plantations,agriculture
この中にはSalimグループでは食品が中核となっているので記載が省略され、 Astraは外資系なので対象となってない。Plantationでは範囲が広いためCPOのみで精査したいが、上場企業の分野にもCPOで絞ったものがないため少し時間がかかる。いずれ。
偶々キャッチしたニュースはBinis.com(有料)のさわりだけで有るがパームの上場会社は21社あり、内8社程度がグリーンゾーンであるというもの。タイトルの中にLSIP, SGRO, PALM, hingga AALIという文字がある。

2021年7月 2日 (金)

ジャサ・マルガの不動産開発

道路公団のジャサ・マルガも不動産開発に目を向けている。技術と経験と土地を持ち、インドネシア版TODを狙っているので、部外・後進の者よりバブルには強い。
00jasamarga-paramout一番最近のニュースは、ジャサ・マルガの子会社のJasa Marga Related Businessでタンゲラン高速添いでパラマウントとグループと住宅地開発を行うというものである。Paramoutと言えばつい先週「BSDを囲むGading・Paramount」や「4つのSerpong、Bumi, Gading(Summarecon) & Paramount..」と言うブログを書いている。このParamount SerpongはKarawaciの一つ前のCikokolと記載したが今度の開発地は一つ先のBitungである。この辺りは背後に広大なCitra Raya Cikupa の住宅地(2、760ha)やBumi CitraのMillennium工業団地(1,800ha)、
Bhumi MasのCikupa Mas工業団地(300ha)があり、その先のBalarajaも交通の要綱地となり更にCikandeにModern グループの工業団地(2,175ha)なども控えている。いうなればBekasi-Karawangに目を奪われていたが、次はタンゲラン・Serangなのである。タンジュンプリオクが無くなる訳ではないのだ。
Trinity-1578876443pJasa Margaに戻ると、このプロジェクトの前に南ジャカルタでPerintis Trinitiとの共同案件や東ジャワSidoarjo のThe Spring Residence、或いはSentra Loka AdyabuanaとJapek2添いで smart City (211ha)などがある。

追:インドネシア版TODと思い付いたが、実際に用語を見つけた。(7月4日)
toll corridor development (TCD)高速ルート開発である。

2021年7月 1日 (木)

インドネシア経団連もプリブミ花の新世代

KADIN(インドネシア商工会議所)のロサン会頭が 28 日、次期会頭にアルシャド・ラシッド現副会頭(国家 事業開発担当)と交替したニュースがあった。両者とも馴染みが薄く、又長い間ブログ話題にも上らず不安になったが、2010年に遡ると、その時の会頭がSuryo Bambang Sulisto氏でその後任がRosan Roeslani氏で、二人とも5年間ずつやっているので、多くを飛ばした訳でなく安堵した。
小生が知っているのはSuryo氏でクマンの先の、HIPMI(青年商工会議所)の当時の事務所を訪ねたことがあり、HIPMI会頭から上がってきたSuryo氏はバクリー派・輸出推進派で、Satmarindoグループを率いていた。会頭になってCPO事業やLPGターミナルの建設などあったようが、現在は大成しているのだろう。後任は、Sandiaga Uno氏と近いRosan Roeslani氏でRecapitalと言う投資会社で富豪となっている。
(2018年で、インドネシア第88位、 Rosan Perkasa Roeslani 50歳, 純資産US$460 m) 
紹介文にはサッカーのインター・ミランチーム・オーナーのインドネシア3人組 (Erick Thohir、Rosan P. Roeslani 及び Handy Soetedjo)の一人であったとある。
そして新会頭になるのはエネルギーのIndika グループのArsjad Rasjid氏である。Indikaグループと言うのでSudwikatmono家かと思ったが、子息のAgus Lasmono氏は、Indika社の会長を務めており、Arsjad RasjidはIndika社の社長であった。彼の父は退役陸軍将校とあった。一時Risyad家かと思ったがRisyad家はAmirsjah Risjadが富豪の家系を継いでいる。
そしてKADINにはあと一人Ketua(会頭)がいるが、それは諮問委員会の会長でBakrie家のAnindya Bakrie氏である。

Indika Energyは今、金鉱山開発を目的にNusantara Resourseに40百万ドル資本投下した。そのニュースに添えられた写真である。
2003682620p

2021年6月29日 (火)

BSDを囲むGading・ParamountとParadise

Paramount-plazaSummareconとGading Serpongを両分して独立したParamount Serpongは場所的にはGading Serpongの北部を取ったのでSummarecon SerpongとAlamu Suteraの間にあると言うが、お互いの中心たるShopping Mallの位置はGading Serpongの中心に入り乱れている感じである。そして北西はLippo Karawaciの Imperial Golf Corseに近い。南のSummareconにはRoyal Gading Golf(昔の名前)がある。どちらも行ったことがあるがこのGading Serpongの街並みの記憶はない。

Paramaount Serpongは550Ha を持ち、2006年から開発を開始し、今はインドネシアの有力デベロッパーの一つとして成長した。
Merdeka.comがマスタープランの物件の名称を挙げて見ると:
Paramount Ruko Union Square, Cluster Serenade Lake, Ruko Moskow, Ruko Odessa, Ruko Boelevand, Ruko 5th Avenue, Paramount Hill Golf, Ruko Dotcom, Paramount Plaza, Hotel Aston となる。
又以下はDetikFinanceがあげた2012年の物件である。
Hotel Aston Paramount Serpong, Apartemen Paramount Residences, Apartemen Paramount Skyline, Rumah Sakit Bethsaida, Hotel Fave
Bostonlingkungan3他にParamount Landのホームペイジに提供している住宅としてSerpongBoston Village, Menaggio Village、Fitto @Amarillo Villageがある。
Serpong以外でもJakarta CBD、中部ジャワのParamount Villag、北スラウエシのParamount Hills 20haの住宅地開発、PekanbaruのCBD開発、ジンバランのmixed-use、バリックパパンの開発などの計画が目白押しである
これらを全部合わせた記事にはまだ出会ってない。特に住宅は販売してしまえば、もう商品として記載する必要はなくなるからと弁護してみても面白くはない。
Paramount Land は親会社PT Paramount Enterpriseの不動産担当である。ここ迄気が重く苦労を重ねて情報を収集したが、会社の幹部は会社ホームペイジの2026年と2020年のニュースの記事から、Ervan Adi Nugrohoとキャッチしたが、以前Summareconの記事で当初Kerisと共同事業であった事、Paramount グループ関連の2018年の富豪にSindoro夫人が居たが、これはBenconの大型贈賄事件でブログアップを見合わせていたことを思いだした。

地図的にはここに来るにはタンゲラン高速のLippo Karawaciの一つ前のCikokolで降りてからGading Serpong Bourlevardを下って来るのがいいのだろう。南からではSerpong高速のSerpongで降りて北上しBumi Serpong Damai Golf(昔の名前)の所を東西に走るBourlevardを西から北に向かって走ればいいだろう。
Paramountの物件は少し詳細に記載したが、SummareconはKelapa GadingやBekasi Gadingがあり、ブログ済であるのでここは省略しておこう。
Paradise-serpong-city所でSerpong駅の南、市のSetu区にはParadise Serpongと言う150haの住宅地がある。開発業者はSubur Progress(Directur: Boedijono Gunawan)であるが、Mall Paradise Walk以下物件詳細は省略する。只、PRビデオには高層アパート群もある。
この記事も多くの断片記事を纏めて見たもので、その調査過程をゲーム感覚で訴えることが主目的となっているので経済活動のヒントとするものではなく内容もE&OEである。念の為。

2021年6月28日 (月)

Belezza と Bellagiその3

Gapura Prima Persada社(GP若しくはPGP)グループが保有するBelezza(Bellezza ではない)Permata Hijauによく似たPlazaにMegapolitanのBellagio Mega Kuningangaがある。昔のマイブログ“BellezzaとBellagio その2”にGPもBellagioに参加しているが如き資料があったのでその旨書いたことがある。
そのブログにはBTC Cityなど他のプロジェクトもGPのものだと記載していたが、いくつか訂正しておこう。彼らのサイトは物件がバラバラでまず写真のサイトから個別の摘要サイトへと数段階で行きつくが、又戻って次の物件に進まねばならないので不便であるが、この個別物件の表に会社名が色々出ており、或いはこの会社は建設会社で顧客名が書かれているかの如き印象があったので、手っ取り早くIDNFの上場会社Directoryで子会社を見ると2社しか記載がない。
00gp-plaza-s-parman-aug-16結局Annual Reportに頼ることにした。何とかAnnual Reportに辿り着いたが2019年版である。まず、そこに紹介のある物件をまず全て転記しておこう。GP Plaza Slipi, The Belleza Permata Hijau, Great Western Resort Serpong, Kebagusan City Jakarta, Bukit Cimanggu City,Anyer Pallazo Cilegon,Taman Raya Cilegon, Metro Cilegon, Bellevue Place, MT Haryono, Bhuvana Ciawi, Alhambra Pakuan,Green Leaf Residence Tangerang,Spring Garden Residence – Bekasi,8 Residence - Bantar Gebang, The Crown (West Town) Cengkareng以上18件である。ブログに上げたMT Haryono Square Tower Montblanc,Tower Costello、BTC City,Bailey's Lagoonは会社ARには見つけられなかったが、名前が異なるものかもしれない。そしてそれぞれが個別の子会社の保有形態をとっているのでIDNFが子会社を2つしか書いてないのは間違いで他何社と注記すべきであった。

又肝心のBellagioであるがこの名前はGPのARの隅から隅まで見ても出てこない。これもチョイノリとか重要でない物件はARでも省略されている事もあろうと思うと結論が付かない。この物件はMegaprimaの情報ではPT Centra Lingga Perkasa.が保有しておることを掴み、ダンの興新所記録でこの会社の関係者はMegaprimaのSujono Barak Limba氏しか記載がなかったのでもうGP保有の話は消えかかっていた。

最終、不遜ながら、検索の途中でこのグループの創業者Gunarso Susanto Margonoが昨年お亡くなりになっていたことを知ってお悔やみを申し上げたが、考えると人の死亡は最終の結論であり、全て財産目録でさらされることとなる。
ただそれを見ることはニュース社や雑誌社の思惑に引っかかることもあろうがKontan社のニュースには多くのプロジェクトの羅列があり、上記に漏れた案件を書いて見る。
先ずこの死亡のニュ-スはタンゲラン(Mekarsari)の子会社PT Megapolitan Gapura Prima(Megapolitantoとの合弁かな)が手掛たけGreen Leaf ResidenceのSNSにより知らされた。
彼は1940年生まれ、当初1980年代はAsabri向け繊維端の仕事から、その後チレゴン、ボゴール、ブカシで小さな住宅建設を始め2000年代になって未だ98年の金融危機で他社が苦しんでいた時彼はジャカルタのMega Kuninganで中流階級のためのアパート・オフイス・モールのMixed Useに進出した。これを含めた案件はBellagio Residence, Belmont Residence, Kebagusan City, Bellagio Mansion, The Mansion Mega Kuningan (apartment).などがある。
その後子息のRudy Margonoの取材で出て来た案件は重複を問わず転記すると;Bukit Cimanggu City, Green Land Residence, Depok Maharaja, Taman Raya Citayam, Bukit Rivaria Sawangan, Taman Kota Bekasi, Jatiwaringin Garden, Taman Raya Bekasi, Green Leaf Residence, Metro Cilegon, Taman Raya Cilegon, Titian Asri, Pinewood Residence, Marcopolo Water Adventure Park-Bukit Cimanggu City,CBD Serpong, Bekasi Trade Center, Anyer Pallazo Boutique Resort.、そして将来案件としてバリのThe Sun Heritage Kuta,とThe Heritage Seminyak、 Centrino Plaza at TB Simatupang. HIPMI Tower (40F))とある。40件とも言われるだけに多さにあきれる。

より以前の記事一覧